beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫の清浄化調査に抜けているもの

昨年の9月に自分のブログで紹介したが、日向市の山中にある自宅の周囲は猪たちの遊園地になっている。
http://beachmollu.exblog.jp/10561172

家の脇の放棄された水田を地主から借り受けて、宮崎県のレッドリストのヘイケボタル、メダカ、ドジョウ、タニシ、トンボなどの生息環境を維持している。ここは谷津田として渓流の脇に5枚あって、その中央の1枚に常に水を張って「湿地」としている。水を張っていない両側の2枚では夜な夜な猪の群れが来ていて、餌のミミズ掘りを楽しんだり、泥浴びのためのヌタ場つくりをやっている。

しかし、「有害鳥獣駆除事業」で狩猟が解禁となる11月半ばから3月半ばまでの冬の間、かれらは奥山に疎開している。なお、鹿や猪の駆除を行っている総司令部は環境省である。

2002年(平成14年) - 鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律を全部改正し、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」として制定

本法は、「鳥獣の保護」と「狩猟の適正化」を図ることを目的としている。またそれをもって、生物多様性の確保、生活環境の保全及び農林水産業の発展を通じて、自然環境の恩恵を受ける国民生活の確保及び地域社会の発展も目的としている。

わが家の周囲で銃の発射音が聞こえてくる時もあって、犬の散歩もできなくなる。また、勝手口のドアを開けたら狩猟犬に追われて逃げる鹿が視野を横切ったこともある。人家の近くで「適正化」された狩猟が行われている。

中国新聞の特集記事: 猪変 特集(02.12.12)

中国地方 データで見るイノシシ事情 駆除数突出 全国の4割
2000年度 トップ島根 2位広島 人獣接近 実態浮き彫り
http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/ihen/data1.html

1960-2000年度の通算捕獲数のトップは鹿児島 259,933、堂々二位の宮崎 252,002、そして三位の大分 226,892、と上位3県がつばぜり合いである。しかし、近年は中国地方の数字が増大していて、九州各県は上位から脱落し、2000年度は福岡がやっとベスト5に留まっているが、宮崎県は10位以下である。しかしながら、九州全体では中国地方全体を抑え、トップの地位を譲っていない。

<最新の二〇〇〇年度鳥獣関係統計(環境省)でも、駆除数のトップは島根県で、二~四位も広島、岡山、山口の各県が占める。十四位の鳥取を合わせた五県で一年間に計一万八千七百五十四頭、全国の39・3%にあたるイノシシを仕留めている。>

口蹄疫が宮崎県で勃発し、感染家畜の陽性が4月20日に確認されてからこのかた、野生の猪と鹿の感染問題についてずっと気にしている。

宮崎県内に何頭くらいの野生の猪と鹿がいるのか、調査データがあるかどうか、これから調べてみたい。多分あったとしても桁数として10万から100万とかの間かもしれない。もしかしたら家畜の頭数よりも多いかも。

2009年の宮崎県の牛と豚の総数が約120万頭、農家数は1万1千とされている(下のデータ)。

アメリカさんは日本の家畜事情をちゃんと把握している(農水省発表データを見ている)。
http://gain.fas.usda.gov/Recent%20GAIN%20Publications/Japan%20FMD%20Outbreak%20Situation%20Update_Tokyo_Japan_5-13-2010.pdf

何度も繰り返しているが、宮崎県の畜産農家が安心して牛や豚を飼い続けるためには、これらの野生の鹿と猪についての生息状況とウイルスの感染履歴のあるなしを明確にしなければならない。獣医師が家畜だけを見て清浄化OKを出しても、野性動物にウイルスが残っていたら、いつ再発するかわからない。

川南の感染豚舎の傍で数日間も暮らしていた鹿2頭を取り逃がしたのは大失策だったと思われる。

<追記>

農水省サイトの有害鳥獣駆除対策関連情報を見た。
http://166.119.78.61/j/seisan/tyozyu/higai/index.html
どこを見ても野生動物の生態調査の項目がなく、対症療法的な事業に補助金をばら撒くだけ。
対象動物の実態、生態を把握しないまま、未知の相手とどうやって戦うことができるのか。

時代遅れの農水の防疫対策もオソマツ大臣の失態を招いたが、昨年来都道府県に対して口蹄疫対策にご用心という通達を出していたぞ、というアリバイ工作を始めている。通達出すならサルでもできる(ない)が、有効な対策を地方がとれるようにするバックアップをやったのか。霞ヶ関のサル山のボスはどこへ逃げたのだ。

環境省サイトには駆除実績表や対策事業の概要がある。
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/h_kento/h170818/pdf/data02.pdf
農水事業と基本的に同じであり、地方自治体では環境と農水の両方の事業が一緒になるだろう。
なぜ環境省では対策事業に必須である野生動物の生態調査をしっかりやらないのだろうか。役割分担にも何にもなっていない。別のサル山でも同じだった。

<さらに追記>

宮崎県の「宮崎県林業統計要覧(平成22年3月)」が県のHPに掲載されている。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/kankyo/shinrin/shinrin-ringyo/page00102.html
25 鳥獣保護及び狩猟(PDFファイル:145KB)
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000137475.pdf

お役所と言うところは天辺から地方までデータは持っているが分析も解析もやらない伝統文化がある。

全国の鳥獣関係の統計には種類別、年度別の統計をグラフ化したものがあるが、5年前までであった。
環境省「鳥獣関係統計」で検索すれば出てくる。これでは宮崎県の状況をがわからない。

県のデータは昭和60年度から平成20年度まで24年間が表示されている。
それをグラフにするため、とりあえず鹿の部分だけエクセル表にしてグラフを作ってみた。
e0094349_16165296.gif

totalはオスとメスの合計数であるが、メスは平成8年度の前は保護されていて捕獲数はゼロ。
1 昭和60年(1985年)から平成20年(2008年)までの間に狩猟登録証は1万余りから6000足らずに、半分近く減った。
2 年間の鹿の総捕獲数(ほとんどが駆除事業による狩猟)は1600頭から7000-8000頭に増えた。
3 登録証あたりの年間捕獲数は0.16から1.2前後まで一桁増加した(グラフでは数値を10000倍にした)。

以上のように、2003年以降、鹿の相対密度(捕獲頭数を登録証数で割った数値で推定)が急激に増えている。2004-2006年に宮崎県は台風と大雨洪水に見舞われたことは記憶に新しい。この結果から考えると、山間部の人工林で増え続けていた鹿が台風被害を受けて餌を求めて人里近くに押し寄せたように想像される。

狩猟の登録証は猟師の人数であろう。鹿が増大してからの人数当たりの年間捕獲数の平均が2頭未満であるということで、現行の捕獲事業の態勢では、効果的に鹿集団の増加を抑えられないようである。そのために、鉄砲を打てる人数を増やそうという行政の制度「改革」が進められている。事故も増大しそうな予感。
[PR]

by beachmollusc | 2010-05-28 10:34 | 口蹄疫
<< 口蹄疫 - 種雄牛6頭の避難先の検証 自然界の野生生物と共存するウイ... >>