beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫とゲンジボタルの消滅

先週から自宅の周囲でゲンジボタル、ヘイケボタル、そしてヒメボタルが光りだしている。ヒメボタルは4年前に移住してきて、すぐ目の前の杉林で大集団がシンクロ発光していたのを発見したが、ヘイケとゲンジはほとんどゼロだったのを近隣の集団から親を集めて人工採卵し、幼虫を水槽と簡易水路で餌の貝類をを与え、人工的に育てて増やしたものである。家の直近で羽化したゲンジとヘイケのオスの成虫が、すぐ周囲を飛び回っているのは、メスが羽化した場所から余り動かないからだろう。

ホタルの里つくりを自宅の周囲でやっているわけであるが、これが前途多難である。基本的に、なるべく人為を加えず、放置状態でホタルが再生産してくれるような環境設定をしたいと考えて計画を進めてきた。ところが、自宅脇の渓流にはゲンジボタルの餌になるカワニナがまったくいない。この川は小倉ヶ浜の北部に流れ出る塩見川の(上流)支流の奥野川である。地域の人たちに聞くと、昔はアユがたくさん登ってきて足で踏んで捕まえたそうであり、ウナギやヤマタロウ(モクズガニ)もいくらでもいたらしい。もちろん、ホタルは群舞していたようである。

近隣のどこの渓流にも舗装された林道があるので、渓流の環境状態をしらみつぶしに調べみたところ、ゲンジボタルの生存の基本要件となる餌の見られない場所では、どこでも畜産施設が上流にあった。逆に、さらに上流で、施設が何もない、そして河川改修の魔の手が届かない場所では餌も豊富で、ゲンジボタルの乱舞が見られる。

奥野川と永田川が合流して塩見川となるが、永田川でもそのまた上流の数本の支流の渓流でホタルが消えているらしい。それぞれの支流を探訪したが、どこでも渓流沿いに畜産施設が見られる。

また、富高川は塩見川の下流で合流しているが、その上流で高速道路関連の河川改修工事が激しくて、ホタルが激減しているようである。ただし、広域農道から西の山中の渓流では人工環境改変がほとんどなく、ゲンジボタルはまだ残っているらしい(蛍狩りをしている地元の人のブログより)。

日向市に隣接する門川町を流れる五十鈴川の支流、三ヶ瀬川は、知る人ぞ知るゲンジボタルが乱舞する渓流である。自宅脇の奥野川の上流沿いの広域幹線林道(塩見谷・土々呂内線)を通って山越えし、隣の谷に降りた場所がそれである。車でゆっくり走って約15分である。宮崎県内では小林市の出の山と北川がホタルの名所として知られるが、西門川の三ヶ瀬川はそれらに勝るとも劣らない(実は、圧倒的に勝っている)。さらに、三ヶ瀬川の渓流沿いにサルナシ類のマタタビとウラジロマタビが豊富である。上流にはしいたけ栽培、炭焼きと小さな水田があるだけで、川沿いに畜産施設は全くない。

耳川の支流である大谷川は、奥野川の源流域から山一つ越えた西側の谷筋にあって、ブログでも紹介済みの観音滝がその上流にある。この滝のさらに上流でゲンジボタルが乱舞するが、ここでも畜産施設がある場所から耳川に合流するまでの人里周辺でゲンジボタルは見られない。

ホタル関連とサルナシ類調査で近隣の渓流だけでなく、県内北部の山中で林道探検して驚いたのは、そこかしこに数多くの畜産関係の施設が渓流沿いあるいは山中に展開していることである。鳥インフルエンザ騒ぎの後は、鶏舎が雪が積もったように道路まで真っ白になっていたが、今回の口蹄疫の勃発後は牛舎や豚舎も同じ姿になっていることと思われる(見に行っていない)。

川南では山麓の丘陵地帯に多くの畜産施設があるようだが、その北部・西部の山中に多数あることは空中写真、衛星写真(ヤフーやグーグルで提供されている)を見ればよくわかる。これらで消毒薬とか、排泄物などが流れ出て渓流汚染が広がっていることを心配し、憂えていたところであった。ゲンジボタルの消滅がその警告だったのかもしれない。環境に強い負荷をかけることでしか産業として採算性を確保できないのであれば、かつての工業化で工場公害が広がったことと同じ構図である。鳥インフルエンザや口蹄疫はその警告として受け止め、今後は畜産を河川流域の環境破壊の場としないような取り組みを期待したい。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-05 05:11 | 口蹄疫
<< 口蹄疫と高病原性鳥インフルエンザ 宮崎県の口蹄疫に関する英文記事 >>