beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫と高病原性鳥インフルエンザ

国の疫学調査チームが、二回目の宮崎入りの予定が報道されました。今回はえびの市について調べる、児湯郡と周辺は後で収まってから、という計画のように思われます。

2007年に宮崎県で起こった鳥インフルエンザの疫学調査結果は、下のレポートにまとめられています。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/pdf/report2007.pdf
これを簡単にいえば、感染ルートはよくわからなかったが、とりあえず渡り鳥にしておけ、ということです。

宮崎県内で感染は3箇所、時系列的に飛び火していたようですが、その感染ルートについてはスルーしています。自宅近くに養鶏場があるので、3年前の発生時に内外のオンライン情報を集めて分析して、人が運搬しているだろうと見当がつきました。渡り鳥についても種類やルートを調べ、関係なさそうだと理解しました。

鳥フルも韓国と同時発生でした。鶏と卵の生産システムは工場化され、国際分業されています。ウイルスは人が身につけていても無意識に運ぶはずです。検疫はありますが、国境を越えて、関連した広い範囲にわたり、すり抜ける道はいくらでもあるでしょう。

http://www8.ocn.ne.jp/~akagi8/syukei.html
この施設の場所から数百m下にわが家があります。
そして、ここの前の社長が下の事件に絡んでいます。
www.umk.co.jp/news/headline/20061225.html

宮崎県で鶏糞焼却による発電施設(宮崎バイオマスリサイクル(株))と耕種農家と連携している有機肥料生産施設((有)新富FORM)の探訪記がオンラインにありました。

養鶏経営コンサルタントの専門会社 ウチナミ

現在、農畜産業関係も規制緩和、グローバル化、農畜産物の商品化、流通業界の変化等、経営の根本を揺るがすような大きな波に洗われています。

http://www.uchinami.co.jp/topics/2008.htm
2008年のトピックス
下の記事はぜひ読んでください。
2008年12月24日 農林水産省は生まれ変われるのか

2008年11月25日 鶏糞焼却発電に期待する
http://www.uchinami.co.jp/topics/2008.htm

集約的、工場式の養鶏技術が発展して、大量生産で安価な卵が流通しています。それはそれとして意義があるでしょうが、鶏糞処理問題が拡大し、その処理技術が鶏糞発電となりました。つまり、分散した養鶏工場で出る鶏糞が鶏糞発電所や堆肥工場に輸送されているのです。

新富町で発生した鳥インフルエンザは、上のグループ会社が関係していたはずで、鶏糞処理施設が宮崎県内の飛び飛びの連鎖感染のハブとなったと疑っていますが、この関係で疫学調査がなされたとは思われません。つまり、国の疫学調査では、表面的なデータで渡り鳥に責任を押し付けた疑惑がぬぐえません。

口蹄疫の疫学調査での収束後の事後調査では、証拠物件が消滅・混乱したままの状態でなされるかもしれません。とにかく、なによりも被災農家の救済が急がれるので、現場の保存ができないからです。

清浄化確認のための事後対策について、上のカワナミのトピックスに興味深い記事がありましたので、部分的に引用します。

2007年2月9日 AI対応、天と地の分れ?http://www.uchinami.co.jp/topics/2007.htm

<ここから引用>

(前略)

このように商圏を失うことの重大性は鶏卵生産者のAI関連の最大の懸念事項でした。そしてこれは不幸にして移動制限区域内に入ってしまった生産者にとっても同様で、何日で鶏卵が出荷出来るようになるかが1日単位での勝負となります。

そういった意味では今回の岡山県高梁市と宮崎県新富町で発生したAIへの対応は天と地ほどの差と言えるかもしれません。

日本鶏卵生産者協会(JEPA)の必死の活動で得られた成果のなかに、移動制限区域内の鶏卵出荷停止期間の短縮という特例があり、もともとの移動制限期間が原則28日だったものを原則21日に短縮しただけでなく、PCR法などで清浄性が確認された場合は結果として数日で出荷がOKとなるという事項をかちえました。

岡山県の場合、過去に県外から廃鶏処理場へ持ち込まれた鶏でのAI発生やその後のサーベイランスにおける擬陽性鶏の出現(結果は陰性だった)など、右往左往する混乱の経験が逆に幸いとなって、AI発生農場と移動制限区域内の農場とに分けた県職員の対応模擬行動が官民あげてシミュレーションされていたとの事です。それが今回の(かなり)すばやい出荷解禁につながりました。

一方宮崎県の場合は、JEPAの会員であっても例外措置を知らずに21日間の鶏卵出荷停止期間は動かせないものと思い込んでいた節があるようで、該当生産者達からの日数短縮のアクションは非常に鈍かったし、生産者のまとまりも弱かったのではないかという声が聞こえています。

又、県の職員や家畜保健所の人達も畜産県という割には特例処置に対する事前準備が充分でなく、宮崎県知事選挙の方に気を取られていたのではないか、などとあれだけの苦労にもかかわらず結果が悪いとどんな皮肉を言われるか判らない状況で、踏んだり蹴ったりとは正にこの事なのかもしれません。


しかし常に冷静にものを見る人から次のアドバイスを戴きました。

宮崎県の採卵生産者が特例のアクションをただちにとったとしても10km圏内 100戸 3,500千羽の農場に対して宮崎県はPCR法実施能力がそれに伴っていないはずだというのです。

全国的に家畜保健所なども統廃合の対象となっており、高度機器の集中化も進み、もし、検査の精度をあげる為に1戸当りのロット数を増やせば、県内だけでの対応は遅くなります。

しかも簡易検査法に対する考え方すらも県毎の専門家の意見はまちまちだとも聞いています。

筆者は獣医関係は全く素人ですのでこれ以上書くことは憚れるのですが、
(1) 出荷を1日単位で勝負しなければならないという訳ではないブロイラー農家をはずし、
(2) それでもPCR法実施能力が不足する場合は他県の施設とも常に協力し合う関係を申し合わせておき、
(3) 県の畜産主務課や家畜保健所の人達と採卵生産者はAI発生農場だけでなく、移動制限区域内に入ってしまった農場へのアクションシミュレーションをも岡山県のようにしっかり確立しておかなければならないのではないでしょうか。

いずれにしても岡山県の事例は他人事とは思わずしっかり学んでおく必要があると思います。

<ここまで引用>

宮崎県は過去の経験を踏まえた口蹄疫対策に「万全」の準備をしていたのでしょうか。

今後も口蹄疫や鳥インフルエンザ(AI)が繰り返される恐れが消えてしまったわけではないので、収束後に問題点を総ざらいして後に役立つように全力を投入して欲しいと望んでいます。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-06 04:59 | 口蹄疫
<< 口蹄疫の防疫、埋設場所の確保が... 口蹄疫とゲンジボタルの消滅 >>