beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫の防疫、埋設場所の確保が難しい地質的な背景

再任を辞退した〇〇大臣(〇〇には好きな名称を入れてください)が、真偽のほどは確かではありませんが「(家畜の埋設場所を)隠していないで出せ」と申されたとか、掲示板などに書いてあります。

地域として畜産農家の周辺で埋設地を素早く確保し、防疫措置を即刻完了させなければならないことが法律に書いてありますが、それが実行できていないことに対して、脳衰症の対策本部内の苛立ちが想像されます。法律どおりにやっていれば、ここまでこじれなかったのだから現地が悪いとでも思っているのでしょう。

特措法ができて、やっと糸口が見えてきましたが、口蹄疫発生現場のすぐ近くで埋設場所が確保できない現実が、オソマツながらやっと理解されたようです。地質情報にうとい行政関係者が対策に当たっているからだと思われます。失言大臣とその子分たちが湿原の存在を知らなかったという問題があります。

川南に天然記念物の湿原があることは有名ですが、最近観光名所として整備されたばかりの無名の湿原が高鍋にありますので、その周辺で防疫対策が行き詰まった理由、背景を推理しておきます。

なおこの湿原の探訪記(2006年)は以前のブログに掲載しています。
http://beachmollu.exblog.jp/4291913

「宮崎あっちこっち」サイトに、この高鍋湿原の詳しい説明と写真アルバムがあります。
http://www.kumaya.jp/atikoti24.html

 高鍋町の西部、海抜約60メートルの高台に位置する「中層湿原」。
 東部と西部に分かれ、湿原面積は東部湿原12、800㎡、西部湿原19、000㎡、合計31、800㎡。
 高鍋防災ダムの堰堤工事の際に出来た、新しい湿原です。

 もとは農耕地だった高鍋湿原が、現在の地形になったのは1968年頃で、まだ40年程しか経っていません。「高鍋湿原は、宮田川の氾濫を防ぐ為に行われた、昭和37~42年の県営高鍋防災ダム工事の土取場でした。表土が削られ水を通さない不透水層がむき出しとなり、深く掘られた所に近くの山林からの湧き水により湿地帯を形成し現在の地形となりました。宮田川を挟んで東部と西部のふたつの湿原から構成されています。


口蹄疫発生農場を示したグーグルアースでこの場所の周辺を見てください。
e0094349_7204675.jpg

青は牛、赤が豚の発生農家ですが、防疫措置はどれも完了していません。

高鍋町は丘陵地と河川周辺の平坦地がモザイクになっていて、基盤の岩盤は「宮崎層群」、つまり海水中で形成された砂岩、泥岩のごちゃ混ぜで、粘土質の岩が不透水層となるのでしょう。

宮崎県地質図(第5版)案内
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/shoukou/kougyou/m-geo/5th-m/index5m.htm

その詳しい地質解説は下のURLにあります。

宮崎の丘陵と平野−宮崎層群− URBAN KUBOTA NO.23|48.
http://www.kubota.co.jp/urban/pdf/23/pdf/23_2_5.pdf

上に説明されている地質特性を理解すれば、この高鍋湿原周辺で埋設地の確保が難題となる理由が分かるはずですが、

え、わからない?地質なんて教科、大学受験専念の学校では教えていないから、受験に関係ない?

受験エリートには一番苦手となっている分野でしょうね。大急ぎで勉強してください。霞ヶ関の皆さん。

ひむかジオパーク構想を立ち上げようと考えていたけれども、絶望的。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-07 07:37 | 口蹄疫
<< 口蹄疫と鹿の緊密な関係 口蹄疫と高病原性鳥インフルエンザ >>