beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

家畜以外の偶蹄類と口蹄疫

国と県の広報を見ているが、ワクチン接種の具体的な情報がほとんど見つからない。

県の広報では:
2010年5月26日 口蹄疫ワクチンの接種について
1 口蹄疫ワクチン接種の終了について
本日、新富町における口蹄疫ワクチン接種対象農家の全ての接種が終了した。
今後も国、市、町と連携を取りながら速やかな接種を図っていくこととしている。

終わったとしているが、今後も速やかな接種を図る、というのは謎に満ちた表現。つまり、5月26日時点で接種を拒んでいる農場が残っていることである。別の報告では28日にワクチン接種の農場で口蹄疫の症状が見られている。接種対象の頭数と実施済みの割合は公表されたが、農場数が良くわからない。それは多分1000以上になっていて、大部分は少数の牛を飼っているところだろう。ワクチン接種後に広い範囲に分布している農場を対象に防疫措置を進めると作業効率が上がらないので、少数のハブに運んでまとめることができる特措法を待っていたようである。現地の防疫作業の足かせの一つが取り除かれたということである。

家畜の防疫については最大のネックである埋設場所の問題が、地域によってはまだ解消されていないようである。発症から3日以内に措置を完了させることを義務付けている法律が守られていなかったことを、現地事情を把握していなかった大臣をはじめとする中央の対策本部が邪推していたことはすでに指摘した。

農水省のHP 赤松農林水産大臣記者会見概要
「早く、もう、隠してないで、土地を出せと、隠してという言葉はいけませんね、まだ、躊躇(ちゅうちょ)している土地も、県有地、町有地、どんどん出してくれ」
http://www.maff.go.jp/j/press-conf/min/100525.html
これではまるで現地が防疫対策をサボっているように聞こえてしまう。トップの無知、無関心が現地での防疫対策を進める上で重大な障害になっていた証拠である。バカ丸出し、とはこの御仁のことを言う。さらに重大問題の責任から敵前逃亡という厚顔無知な行動をとった。このような人格の持ち主でも農水大臣になれる国であるから農政麻痺は避けられない。脳衰症と言う病気が霞ヶ関に蔓延しているらしい。

話題は異なるが、家畜以外の偶蹄類で野生動物(鹿と猪、カモシカも追加すべき)のキャリヤー問題はすでに論じたが、ペット扱いの動物に関する情報はどうなっているのか、これも気になっている。つまり、ヤギ、羊、ミニ豚などである(イノブタもいるかもしれない)。家畜以外としてカテゴリーが異なると、役所の窓口が違うので、具体的な動きは特にないかもしれない。たまたま家畜のいた農場に一緒にいたヤギや羊が殺処分対象となって、報告に現れているが、その他はどうなっているのだろう。

羊とヤギは口蹄疫ウイルスに感染していても、外見ではっきり分かるような症状が出ないらしい。つまり、ウイルスを持っていてもわからない動物であって、それに気がつかないで羊が広く運搬された事がイギリスの2001年の口蹄疫が極めて深刻な事態になった理由の一つであった。

えびの市の清浄化確認調査の報告はまだ出ていないだろう。マニュアルで決められた症状と抗体の確認調査で家畜に問題はなく、制限解除となったのであるが、調査地域にいた家畜以外の偶蹄類は調査対象にされていたのだろうか。野生の鹿と猪、そしてペットのヤギ、羊、その他はいなかったのだろうか。

日向市美々津、田ノ原の黒木巌さんの家はワクチン接種ゾーンとなったと思われる。その家でヤギが飼育されていた。飼い主が市役所に通報したはずであるから、おそらく接種されたことだろう。

黒木さん宅前の広域農道(尾鈴サンロード)から北に向かって進むと国道327号線との交差点があり、そこからさらに先に進むと名称が(日豊グリーンライン)となる。交差点から数キロ先の道端に、猪を飼育している小屋があって、その一角にヤギも飼われている。1昨日、市内に出かける際、回り道してそこを通過した。
e0094349_840425.jpg

このヤギさんの運命はどうなるのだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-09 08:40 | 口蹄疫
<< 韓国の口蹄疫についての最新情報 口蹄疫と鹿の緊密な関係 >>