beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫のアウトブレークとオニヒトデ大発生

口蹄疫のような疫病が発生することをoutbreakと呼ぶが、同じ言葉がオニヒトデの「大発生」にも使われる。オニヒトデ問題とは長い付き合いであったが、沖縄を離れてからは地元の関係者の皆さんを遠くから応援するだけとなった。普天間基地問題で隠れているが、沖縄県ではオニヒトデ問題が依然として続いている。

オニヒトデ駆除が効果 黒島東礁斜面で減少2010年5月31日 琉球新報

2009年度の駆除実績などを確認した八重山オニヒトデ対策協議会=25日、石垣市八島町の環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター
 【八重山】八重山の海域でオニヒトデが急増していることを受けて、漁業者やマリンレジャー業者、行政などが昨年設立したオニヒトデ対策協議会(会長・與儀正八重山漁協青年部長)の第4回会議が25日、石垣市八島町の環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンターで開かれ、2009年度の実績や駆除の効果を確認した。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-162860-storytopic-5.html

上の記事のようなものを「大本営発表」というべきであろう。駆除があたかも効果をあげているように報道している。しかし、問題が解消されたわけでもなく、発生原因はよく分かっていないので対症療法的に駆除を続けるだけである。そして、ほとんど意味がないサンゴの移植をやってみるなどにお金と人手をかける役人的発想の事業を進めるやり方が繰り返されてきた。個体数変動は自然の営みであるという視点は棚上げして、とにかく「人間に不都合な自然現象」を制圧するために苦労し続けている。サンゴがあればオニヒトデの大発生は起こる可能性が常にあって、それが繰り返される。

沖縄で1970年代から公的支援で行われた駆除事業の実績とは、予算を投下して殺処分したオニヒトデの数のことであって、サンゴがどうなっていたかは全く関係がなかった。零細補助事業の予算消化実績だけが記録され、サンゴは壊滅状態であった(しかし、その後年数をかけてサンゴは回復する)。

その後、地元の主体的な取り組みが始まってからは、サンゴを守るため限られた手段で対応する戦略が編み出されている。つまり、人海戦術では押さえられない状態に大発生が進展するまで待たずに、大発生の兆しが見られたら速攻で芽をつぶす努力が八重山では取られている。

2010年6月7日  日本最南端の新聞社::八重山毎日新聞オンライン

昨年は12万匹余のオニヒトデを駆除 「ある程度できた」と評価
予算確保の必要性も訴え

2008年に大発生が確認されたオニヒトデ対策で環境省、県、石垣市、ダイビング協会が09年度の1年間で駆除した数は、12万匹余に達したことが八重山オニヒトデ対策協議会(与儀正会長)に提出された資料で分かった。副会長の鹿熊信一郎県八重山農林水産振興センター主幹は、各機関の調査結果から「サンゴの保護はある程度できた」と評価。大発生が終息するまでには数年かかることから、継続した取り組みが求められている。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/16133/

上の記事は、地元のローカル紙の密着取材で現場の状況を正確に把握できていると思われる。科学的、合理的に仕事ができる鹿熊主幹が指揮をとっているので、苦労は続くだろうが、八重山では手がつけられなくなるようにはならないだろう。

1980年代の八重山のオニヒトデ駆除個体数は百万個体のレベルになって、人海戦術を完全に圧倒した。当時、環境庁(国立公園部分、と水産庁のその他海域)のオニヒトデ対策は漁協に補助金を降ろして漁師さんたちに駆除を担当してもらった。環境庁の分は日当支給で水産庁は買い上げであった。結果は八重山のサンゴがほぼ壊滅したが、公園海域の一部に食べ残しが見られたので、最後はそこを集中的に守って、事後の回復の種場とすることを期待した。今回の大発生は、その後のサンゴの回復をベースにして再発していると思われる。オニヒトデの寿命から考えて、単一世代だけの大発生であれば4,5年で収束するはずである。学習効果で、以前のように大発生で生まれた次の世代がさらに継続的に大発生を繰り返すようにはならないだろう。

宮崎の口蹄疫の場合、10年前の制圧の経験が全く役に立たなかったばかりか、かえって油断を誘ったようである。ピンチをチャンスに、などと口を滑らせたトップがいたのがその証拠である。

今回の口蹄疫ウイルスは感染力が弱いようである(一緒にいた6頭の種牛の発症した1頭から他の個体に移らなかった)が、初動で油断していたために手が付けられなくなるまでの拡大再生産を許してしまったと考えられる。

<おまけ>

オニヒトデに関する講義資料(パワポの下書き)を発掘した。約40年前に卵から育てたオニヒトデの稚ヒトデ時代の写真をサービス。浮遊幼生が定着して5本腕の稚ヒトデになり、それが石灰藻を食べて、腕の数を増やして成長する、初期生活史の一こまである。
e0094349_11383013.jpg

A 変態直後の5腕のオニヒトデの背面、径約0.5mm
B 同、腹面(管足がそれぞれの腕に2対)、
  各腕の先端に1本の触手と1個の赤い眼点がある
C 変態後約1週間、背面、径約0.7mm、
  稚ヒトデの背面は石灰質の骨片で守られている
D 同、腹面
e0094349_1148730.jpg

A 石灰藻の上の8腕の稚オニヒトデ、白い部分は食痕
B 変態後3ヶ月、11腕、径約3mm
C 同、背面、新しく形成された腕は一箇所に集中している
D 同、腹面、中央に口がり、奥に胃が見える

*稚ヒトデは被覆性の石灰藻を食べ、その体色が餌の色と一致して、隠蔽色になる
*約10日間隔で1本ずつ新しい腕が発芽して伸び、最新の腕はそれの前にできた2本の間に形成される
e0094349_1158553.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-06-11 09:38 | 口蹄疫
<< 熊本県のホタルの里をおびやかす口蹄疫 ついに来たか、口蹄疫 >>