beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サシバエの飛翔力と口蹄疫の伝播

川南町で口蹄疫の感染畜舎から大量にハエが出ていて、それが人を刺すというブログ記事があった。
明るく住みよい川南町ーあなたとともにー  早く口蹄疫止めたい  2010年06月12日
http://shinchaya2007.seesaa.net/article/153009865.html

サシバエが放置された家畜の糞から湧き出していることが想像されるので、改めて情報検索をしてみて、重要なことを見逃していたことに気がついた。サシバエは極めて飛翔能力が高く、長距離移動するし、動物を刺して吸血するということはモロにウイルスを注入するということになる。道路沿いに飛ぶか、車内に入ってヒッチハイクすれば、消毒ポイントを無視して都農から日向市くらいなら簡単に広がる可能性があるだろう。

論文検索して下の論文を発見。

家畜飼養とハエ類の発生に関する研究 : (1) 家畜糞便から発生する双翅類について
大塩 行夫 , 池内 まき子 , 前田 昭二
… 次のようなことがわかつた.1) 発生した双翅類は11科, 14種で, とくにイエバエ・オオイエバエ・ヒメイエバエ・サシバエの発生が多かつた.2) イエバエは6月から10月にかけて発生し, 各家畜の糞便から発生したが, ウマ・ブタ, とくにブタの糞便からの発生がいちじるしかつた.3) サシバエはウマの糞便からは発生しなかつたが, ウシ・ヤギの糞便から多数発生した.4) ハエの発生は糞便単独の場合より …

衞生動物 13(4), 253-258, 1962-11-30
http://ci.nii.ac.jp/els/110003820784.pdf?id=ART0004990158&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1276347268&cp=

奥村 隆史
開放牛舎におけるサシバエの発生動態について(一般講演)
日本応用動物昆虫学会大会講演要旨 (19), 149, 1975

長谷川勉 1979 放牧牛糞からのノサシバエの発生 : I. 季節変動 衞生動物 30(1), 52
長谷川勉 1979 放牧牛糞からのノサシバエの発生 : II 日内変動 衞生動物 30(1), 25

サシバエは高温の日中に羽化して飛翔する。

各地の農事試験場でもサシバエ注意の文書が出ている。

島根県東部農林振興センター出雲家畜衛生部
ポイントを押えた「サシバエ」対策を実践しましょう!http://www.pref.shimane.lg.jp/toubu_norin/kachikueiseibu/izumokatikueiseibu/kachiku_hoho_izumo/h22_kathikueiseiizumo1.data/100518kathikueiseiizumo1.pdf

サシバエの特性を知ろう!
まず敵を知ることが大切です!

特徴:見た目は「小さなハエ」です。
発生:意外と早い6月頃から発生し盆過ぎから11月頃にかけてピークを迎えます。
吸血:雌雄ともに行い、特に牛の血液を好みます。朝牛舎にきて吸血行動し、夕方牛舎から帰っていきます。
行動:一番暖かい時間帯に牛の周りにいます。日当たりの良い場所(明るい場所)を好みます。地上から約1mの範囲にいます。
幼虫の隠れ家:牛床マットの裏側の凹凸の凹部分、湿り気、汚れがある場所に隠れています。糞出しの「お残し部分(柱の際)」などに多くいます。


http://www.pref.nagano.jp/xnousei/inakaho/kouhou/H21-07.pdf
ハエの季節がやってきました。 特に厄介なサシバエを撃退しよう ...

サシバエの生態
サシバエはイエバエと異なり吸血のための尖った口器を持っています。
吸血性のカやアブなどが雌のみ吸血するのと異なり雄も雌も血液を食物としています。雌は吸血後に約800個の卵を産卵します。
主な産卵場所は獣糞などで、卵は気温30℃前後で10~13日間で成虫になり、成虫はふ化した翌日から吸血を開始し約15日生存します。
雑食性のイエバエと異なり、吸血性のサシバエは内蔵構造が単純で体重が軽いため、その飛翔能力は4km と言われています。
サシバエの発生は牛へのダメージのみならず、ヒトをはじめ全てのほ乳類から吸血するため、農場で作業する人や、訪問者、さらに周辺住民にも被害があります。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-12 22:10 | 口蹄疫
<< 口蹄疫の拡散パターンは牛と豚で異なる 口蹄疫の搬出制限区域の設定の意味 >>