beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫の拡散パターンは牛と豚で異なる

宮崎地方気象台から5月の月報がオンラインに掲載されている。

宮崎県気象月報 2010年(平成22年)5月 [pdf形式:1060キロバイト]
http://www.fukuoka-jma.go.jp/miyazaki/pdf/teiki/kishou/2010_05.pdf

連休後半に良い天気が続いたことは記憶に新しいが、それによって温度が高かった。
サシバエは牛に親和性が高い(吸血する)こと、牛舎は開放的であることを前提とする。
ハエのウジが成育する牛糞の環境は中性に近く、表面を消毒しても中でウイルスが残っていて、ウイルスはウジに取り込まれ、羽化したハエはウイルスを運ぶベクターとなると仮定する(検証が必要)。
ウイルスを運ぶサシバエは好天、微風で広範囲に拡散し、特に風下にはより遠隔地まで到達する。

上のような背景条件を前提として、サシバエによる口蹄疫拡散の仮説モデルを以下のように考える:

4月末、連休前半に川南町で防疫措置が停滞し始めた事例が生じ、ウイルスで汚染された家畜の糞が野積みとなり、それにハエが産卵 → ハエは約2週間で羽化 → 未発症の農場で牛を吸血してウイルス感染が起こる → 約1週間後に感染した牛が発症する (時間がずれながら以上のプロセスが重なって拡大)

グーグルアースで発症が確認された農場の時系列を5月9日以後1週間間隔で見ると、16日から23日までに小丸川の北では豚の発症が急拡大し、南では牛が拡大した。(南側において豚はさらに遅れて発症した)。下の図で比較して見れば、よくわかる。
e0094349_7123396.jpg

e0094349_6282095.jpg

青は牛、赤は豚であり、薄い青は未措置の牛で黄色は未措置の豚。

現地では小丸川を防衛ラインと見なして川岸の道路に消毒ポイントを設けていた。
各畜産農家は自主防衛に必死になっていた。

何故、地上の防衛ラインがウイルスの拡散を止めることができなかったのか、その答の一つは空気中の拡散であり、飛翔する生物がベクター(運び手)になっていたと考えれば分かりやすい。もちろん、移動する人間や車などが運んだ可能性を否定するわけではないが、大きなパターンが見える場合は、それをもたらした力学が背景にあるはずである。

防疫態勢の穴としてサシバエに注目し、疫学的な検証、つまりサシバエがウイルスを持っているかどうか、を早急に調べてもらいたい。

豚の場合、牛とは異なるパターンを見せていることは別途分析するべきである。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-13 06:38 | 口蹄疫
<< 口蹄疫の大発生、不幸にも予言が的中 サシバエの飛翔力と口蹄疫の伝播 >>