beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫拡大、防疫対策停滞とサシバエ発生の関係

コンタンのブログでは口蹄疫大発生の爆発前からデータをグラフで分かりやすく表示している。

2010年5月16日 (日)
データで見る口蹄疫対策の緒戦敗北(2010年 宮崎) その8
http://konstantin.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/2010-6902.html
タイトルを若干変更しました。(2010/5/20)

5/16 AM1時頃の公表データの数字により、図表を更新しました。

新たに10例の感染確認の発表があり、ついに100例を突破しました。

101例目は、厳重に警戒していたはずの県家畜改良事業団(高鍋町)です。


この5月中旬の時点では野生動物の問題に気を取られていて、サシバエなど昆虫によるウイルス拡散は特に問題視していなかった。後知恵であるが、過去のデータを見直してみると、サシバエが産卵後にウジとして発生し、羽化するまでの期間の長さという重要なポイントが浮かび上がる。

ウジは家畜が排泄した糞の中に産みつけられた卵から孵化して育つが、羽化までは温度により1から2週間かかるらしい。連休から5月の中旬にかけて比較的良い天気で高めの温度であったので、10日くらいで孵化したものとすると、口蹄疫発生農場で糞が埋設されるまで10日以上野積みされていたケースがいつごろから発生していたか、が重要な情報となる。

コンタンのブログ、5月16日のデータでそのグラフが出ているので、ここに引用する。
e0094349_675916.jpg

これから、5月6日に発症が確認された25例目の豚が最初のケースであったこと、7日以後に同様な長期間防疫対策ができなかった農場が急増している。

5月31日のグラフでは発症確認から防疫措置完了までの日数が各事例ごとに示されている。
http://konstantin.cocolog-nifty.com/blog/files/100531_.pdf
これを見れば一目瞭然、10日以上の放置農場が5月末まで多数あって、101例以後には川南より南の高鍋でも同様な農場が出ていた。

このように10日以上の長期間、防疫未処置の農場が出現し、そこで堆積した家畜の糞にサシバエなどが大量発生することは過去に例がないことだろう。そして牛を刺して感染を拡大させるという事が過去にないユニークな現象となったために、過去の文献に報告事例もなく、疫学的な盲点となったのではないか。

シェパード中央家畜診療所 (鹿児島県阿久根市)
http://www.shepherd-clc.com/
の松本大策さんからこのブログ用にサシバエの写真が送られてきた。
e0094349_6285799.jpg
e0094349_6293276.jpg

e0094349_6304952.jpg

牛体付着時間の長いノサシバエではなく、
吸血後すぐに飛翔して周辺の草むらに潜むタイプの
サシバエです。九州はこちらが多いようです。

普通のハエよりお尻が丸く、
吸血用の口吻が前に飛び出しています。


川南から南の高鍋と新富方面の牛の農場に5月下旬に一気に広がったこととサシバエの疫学的な関係を検証するべきであるが、今後にその証拠はすべて防疫対策で封印される。今のうちに糞とハエ類のサンプルを検査することが必要である。

ハエ類は空を飛ぶだけでなく、車の中などに入ってくる。そして、えびの市も都城市も高速道路で西都市とつながっていて、車の中は消毒されない。もし、口蹄疫ウイルスがサシバエの体内にあって道路交通網で拡散しているなら、次の飛び地は熊本、鹿児島、福岡方面だろう。そして、その後は:コンタンさんから紹介のあった全国への拡散パターンが予想通りになるか。

外来昆虫の分布拡大パターンをもとにした口蹄疫の分布拡大予報
http://vege1.kan.ynu.ac.jp/forecast/
(横浜国大、小池研究室)

川南でハエの発生が激しさを増した時期は5月中旬だったらしく、現地の町議さんのブログ記事でわかる。

http://shinchaya2007.seesaa.net/article/149631810.html
明るく住みよい川南町ーあなたとともにー  2010年05月12日
ハエ退治要望
 豚舎にハエが増えている。羽が白い石灰をつけて飛んでくる。口蹄疫はこの「ハエ」で拡がっているのではないか。との不安があるので役場に申入れに行きました。県の担当者に話してくれとのことで話をしました。殺処分前に「殺鼠剤とハエの卵を殺す殺虫剤」をまいてから、殺処分にかかってほしい。そうしないと石灰を畜舎にまいて殺処分ではハエは生き残り空っぽになった畜舎から羽化して飛び回ることになる。現に羽に石灰をつけたハエが飛んで来ている。と担当者に話をしましたが石灰を丁寧にまいているのでとの返事です。今ひとつ話がかみ合いませんでした。口蹄疫の蔓延をどうしたらくい止められるのか。
たかが「ハエ」されど「ハエ」真剣に論議してハエ退治の取組みをお願いしたい。今日も4農場で牛・豚316頭の殺処分が追加されました。
総計では71例となり殺処分対象の家畜は77.168頭(牛5.894頭・豚71.274頭)今のところ弟の所は無事です。弟は口蹄疫の被害者が加害者になって行くのを防ぎたいとの思いでがんばっています。

[PR]

by beachmollusc | 2010-06-15 06:31 | 口蹄疫
<< 鹿(ニホンジカ)の口蹄疫感染試... ハエやダニによる口蹄疫の伝播 >>