beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鹿(ニホンジカ)の口蹄疫感染試験の報告

イギリスで飼育されているニホンジカについて口蹄疫ウイルスの感染試験の結果が学術雑誌に報告されている。1975年に発表された古い文献で、オンラインでは要約が公開され、本文は有料である。

実験の材料や方法、結果の数字を見ていないが、要約を見れば、ニホンジカが口蹄疫に感染し、それが吐き出すウイルスで牛が二次感染するだろうという推論が一応信用できるだろう。

Studies with foot-and-mouth disease virus in British deer (muntjac and sika) :
Clinical disease, recovery of virus and serological response
Journal of Comparative Pathology, Volume 85, Issue 3, July 1975, Pages 361-366
E. P. J. Gibbs, K. A. J. Herniman, M. J. P. Lawman

Abstract

Muntjac (Muntiacus muntjak) and sika deer (Cervus nippon)
developed foot and mouth disease (FMD) after they had been
housed for 2 hours with infected cattle or deer of their own
species. Lesions of FMD occurred in the mouth and on the
feet of both species. The disease was particularly severe in
the muntjac and several of the deer died. The duration and
maximum titre of the viraemia in the deer was similar to that
recorded for sheep in the same experiment. A persistent
pharyngeal infection was detected in the sika, but not in the
muntjac deer. FMD virus was isolated from the air in the loose
boxes housing the infected deer in sufficient amounts to suggest
that cattle coming into contact with the deer would become infected.


viraemia: ウイルス血症
A persistent pharyngeal infection: 持続的な咽頭部の感染症

木城町の町営牧場でワクチン接種された牛が放牧されていて、そこに一緒に鹿が走り回っている映像がテレビの報道で流されていた。また、農場内に猪が侵入してミミズ堀をしていた痕跡も画像で紹介されていた。
(ただし、その報道番組はすでに削除されている。)

鹿の種類によって、ウイルスの変異系統によっては感受性が異なり、結果が違ってくるかもしれないが、ニホンジカが口蹄疫ウイルスに感染し、キャリヤーになってさらに家畜に移す可能性はかなり高いだろう。

また、鹿と家畜が直接接触しなくても、サシバエやアブ、蚊などの昆虫がウイルスを媒介する可能性もあるだろう。

テレビ報道でコメントしていた大本営の参謀と思われる先生は、鹿の群れが牛と仲良くしている映像を見ても特に驚いていなかった様子だったが、これは想定外のようなことをつぶやいていた。さすが、脳衰官僚出身の大学教授である。この道の専門家だから、上の文献は当然読んで知っていることでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-16 20:58 | 口蹄疫
<< サシバエの嗅覚に関する博士論文 口蹄疫拡大、防疫対策停滞とサシ... >>