beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サシバエの嗅覚に関する博士論文

口蹄疫ウイルスの発生源となっていた川南町と高鍋町の感染農場で防疫措置が終盤を迎えようとしている。感染家畜の排泄物がウイルスを含んだまま長期間未処理であって、その間にハエ類、特にサシバエなどが大量に発生していたらしいが、現場で具体的にどうなっていたかは分からない。

今後はハエ類の発生する家畜の糞が長期間放置されることは無く、そこから新たに発生することもないだろう。そこで、今までに発生済みのハエをできるだけ駆除することで、感染の拡大要因かもしれないウイルスの運び屋を制御できるだろう。

サシバエがどのくらいの距離を飛翔して、吸血相手の家畜をどうやって見つけるのか知りたくて、情報検索していたら、フランス人の研究者の博士論文がオンラインに公開されていた。本文が英語で書かれているので、苦手のフランス語を読まないですむ。

下のURLにpdfファイルがあって、サシバエに関する一般情報も簡潔にまとめられているのがあり難い。全体で110頁、2005年に論文提出されたものである。

http://doc.rero.ch/lm.php?url=1000,40,4,20060405131801-SF/1_these_JeanbourquinP.pdf

The Role of Odour Perception in the Sensory Ecology of
the Stable Fly, Stomoxys calcitrans L.
Thèse présentée à la Faculté des Sciences
Institut de Zoologie, Université de Neuchâtel
Pour l’obtention du grade de docteur ès Sciences
Par Philippe Jeanbourquin

一般的な情報で口蹄疫ウイルスの拡散に関係しそうなポイントを抜き出して示す。

The entire life cycle (egg to adult) requires 13-18 days at temperatures of
24°C to 30°C. Adult flies have a life-span of about 20 days.

卵から成虫に育つまで2週間前後かかり、成虫の寿命は約20日間。

Flies depend on blood for successful mating as well as survival,
and repeated blood meals are needed for continued egg production.

サシバエは吸血後に交尾し、繰り返し吸血することで産卵が継続される(雌雄共吸血する)。

Stable flies take two blood meals on warm days and one a day in
cold weather. The biting activity tends to be light to moderate
between 20 °C and 25 °C, it increases between 25 °C and 30 °C
and becomes heavy at higher temperatures.

温暖な日には2回吸血し、冷涼な時は日に1回で、25度以上で温度が高いほど活発に吸血する。

本論文の嗅覚についての要点

Female stable flies are known to oviposit in all kinds of decomposing
organic matter like silage, rotting hay, garden compost and even in
sea grass. Animal faeces especially when mixed with fermenting
vegetal matter are also commonly exploited by Stomoxys females
for oviposition.

メスのサシバエはありとあらゆる分解(腐敗)中の有機物(サイレージやコンポストなど)に産卵する。動物の糞、特に発酵している植物性の物質が混ざった場合に産卵されることが多い。

Stomoxys females were shown to rely on olfactory cues for finding
an oviposition substrate. Dung odour by itself attracted flies for
oviposition. Even without any contact with the substrate gravid
females were able to localise either horse or cow dung.

サシバエのメスは産卵床を見つける時に嗅覚に頼る。糞の臭いだけで産卵を誘引する。馬糞、牛糞に接触しないでも接近する。

Overall, this work shows that S. calcitrans rely on a set of
volatile compounds that are common to the wide range of potential
resources stable flies can exploit. To cite the most important of them,
dimethyl trisulfide, butanoic acid, p-cresol, β-caryophyllene and
oct-1-en-3-ol, occur in both oviposition substrates and in animal odours.

本研究で明らかにされたこと:サシバエは、利用資源(産卵と吸血の対象)から出ている様々な揮発性物質を嗅覚で感知しているが、特に重要な物質として、糞および家畜の体臭に含まれるdimethyl trisulfide, butanoic acid, p-cresol, β-caryophyllene and oct-1-en-3-ol がある。

上に紹介したほかにも有益な情報は多いが、要点としては、温度が高い日中に飛翔して吸血する家畜を嗅覚を頼りに捜すことである。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-17 18:15 | 口蹄疫
<< サシバエの移動と口蹄疫の拡散 鹿(ニホンジカ)の口蹄疫感染試... >>