beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サシバエの移動と口蹄疫の拡散

川南町では、口蹄疫感染の農場でハエが大量に湧いていて、実際にハエに刺されていることが町議さんのブログにあることから、他のハエ類に混じってサシバエが大量に生まれ出ていると想像される。そして、長期間防疫措置がとられていなかった家畜小屋が多くあったから、これまで複数の地点からウイルス汚染のサシバエが出現しているに違いない。

サシバエが発生した農場で家畜の埋設が終わると、サシバエは新しい吸血相手を探して飛び回るだろう。その飛翔距離について文献を調べてみて改めて認識したが、サシバエは分散能力が極めて高い。そして、家畜が出す臭気を感知して接近する嗅覚をもっているので、孤立した農場があっても見つけ出すだろう。

以上のことから、小丸川を越えて5月下旬に一斉に牛舎で感染が広がったことにサシバエが関与していた可能性は十分考えられるし、ワクチン接種圏の外で発生しているケースでも関係しているかもしれない。

今後、吸血する相手が埋設されて消えたサシバエの大規模な拡散が起こる可能性も心配される。ただし、ワクチン接種済みで、防疫措置を待っている農場が多数残っているため、そこで足止めということもあるだろう。

今後、サシバエ成虫の寿命の3週間程度は、昆虫に無防備な開放的な牛舎でハエ対策が重要課題と考えられる。消毒用消石灰やウイルス対策用の薬剤はハエには効果が無いだろうし、ウジが成育する家畜の糞尿やそれに汚染された敷き藁などからハエが出ないようにすることも同時に必要だろう。

アメリカではサシバエについて、海岸で人を襲うものと、牧場で家畜を襲う問題にからんで成虫の移動・分散を追跡した実験の報告が色々ある。

Origin of Stable Flies (Diptera: Muscidae) on West Florida Beaches: Electrophoretic Analysis of Dispersal
Authors: JONES, CARL J.; HOGSETTE, J. A.; PATTERSON, R. S.; MILNE, D. E.; PROPP, G. D.; MILIO, J. F.; RICKARD, L. G.; RUFF, J. P.
Source: Journal of Medical Entomology, Volume 28, Number 6, November 1991 , pp. 787-795

現地では発生しないフロリダの西海岸に大量に出現したサシバエがどこからやって来たかを集団遺伝的に調査した研究報告である。これも本文の購読が有料(28ドル)で、要約だけ読んだ。

集団の発生地域を特定できるマーカーが見つからず出所ははっきりしなかったが、様々な場所からやってきていることと、ユニークな対立遺伝子から北西から飛んできたものが多いだろう、という推測がなされた。

どのくらい離れた場所から飛んできたのか要約に何も情報がないが、かなり遠くから飛んでくるのだろう。吸血するべき家畜がいないと人間を襲うことがあるのかもしれない。

Stable Fly (Diptera: Muscidae) Migration in Northwest Florida
Authors: HOGSETTE, JEROME A.; RUFF, JOSEPH P.
Source: Environmental Entomology, Volume 14, Number 2, April 1985 , pp. 170-175

Abstract:
Migration of the stable fly, Stomoxys calcitrans (L.), in northwest
Florida and its relationship to weather patterns were investigated. Field
populations of flies were marked with fluorescent dust using Attractant
Self-Marking Devices and captured on Williams traps. A new flight range
of 225 km was established for the species. This was the first migration
study performed with wild stable flies where flies were not handled until
they were captured on Williams traps. By the use of habitat-specific mites
phoretically attached to stable flies, physiological age-grading, and sex
ratios of flies captured on Williams traps, beach populations of stable
flieswere shown to be migratory.

フロリダ北西部では、なんと、放されてから225キロ離れた場所で蛍光粉末で標識されたサシバエが見つかっている。

Studies on the Flight Habits of Some Marked Insects1
Authors: EDDY, GAINES W.; ROTH, A. R.; PLAPP Jr., FREDERICK W.
Source: Journal of Economic Entomology, Volume 55, Number 5, October 1962 , pp. 603-607

上は古い報告であるが、オレゴン州で9月に行われた実験で、サシバエは2時間以内に半マイル(800m)移動したとある。一緒に放たれた他の昆虫に比べて移動・拡散範囲が広い特徴が見られた。

Taylor, D.B., Moon, R., Broce, A., Campbell, J.B., Scholl, P.J., Hogsette Jr, J.A. 2005. Dispersal of stable flies from larval developmental sites.
Entomological Society of America Annual Meeting, December 14-19, 2005

Interpretive Summary: A large scale stable fly mark recapture study was conducted at the Agricultural Research and Development Center, Ithaca, Nebraska. Three developmental sites were marked with fluorescent powder. Flies picked up the powder as they emerged from these sites and were marked. A grid of 87 Broce sticky traps covering approximately 20 square miles was monitored for 12 days to evaluate the dispersal of the flies. Traps were 0-7 km from the marking sites. A total of 56,821 stable flies were collected of which 3,033 were marked. The furthest a fly was collected from the marking site was 6.7 km and the mean was 0.7 km. Mean distance of capture from the marking site differed significantly among the three sites. The "Cow/Calf" marking site was adjacent to a feedlot and had a mean dispersal distance of 0.13 km and the lowest number of marked flies captured. The "Bull Pen" and "Tower" sites were in pastures and had mean dispersal distances of 0.56 and 1.01 km respectively. Dispersal distances for males and females were similar as were the percentages of males and females with blood in their guts. Males with blood were captured further from the marking site than those without blood, 1 vs 1.4 km. Females with and without blood did not differ in the mean distance to recapture (0.9 & 1.0 km), but vitellogenic females were recaptured further from the marking sites than non vitellogenic (1.0 vs 1.8 km). Stable flies emerging in the proximity of cattle appeared to disperse very little where as those more remote from hosts were more mobile. Males and females appeared to have similar dispersal and blood feeding patterns.

吸血対象の家畜の存在と分布パターンによって移動距離が左右されているらしいが、サシバエは、羽化した場所からキロメートル単位で遠距離(最大6.7km)に飛散することがあり、オスとメスで飛距離が違わないこと、が実験的に検証されている。

<追記>

ハエや蚊がウイルスを運んで感染を広げるという仮説に疑問を投げかけている専門家がいる。野生の鹿や猪が家畜の畜舎の周囲を徘徊しているというのは宮崎の複数の場所で見られている事実であるが、それさえ想定外としているのが「専門家」の普通の認識らしい。

ところで、日本脳炎が特定の蚊に刺されることによってヒトが発症する(率は低いが発症すると重症化する)ことは周知であり、ウイルスを体内に保持する豚からヒトに渡すのが蚊であることは常識である(ヒトからヒトには伝染しない)。そして、豚の抗体保持(感染歴)の全国サーベイランスが毎年行われている。

この蚊については系統分子遺伝学で追跡調査が行われていて、アジア大陸南部から日本に飛来する蚊が重要な役割を演じている(飛来説)がある。

日経サイエンス2009年8月号
海を渡る日本脳炎ウイルス
古田彩(編集部)協力:森田公一(長崎大学熱帯医学研究所)
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0908/200908_038.html

長崎大学教授の森田公一らは最近,こうした議論に一石を投じる研究結果を発表した。日本や中国,ベトナムなどで分離されたウイルスの遺伝子情報を解析し,日本の豚や蚊の間で蔓延しているウイルスが,しばしばアジアから渡ってきていることを発見したのだ。アジアで毎年3~5万人の患者を発生しているウイルスが,1年から数年遅れで日本に入ってきている。
 ウイルスはどうやって海を越えるのだろうか。確証はないが,ウイルスに感染した蚊がアジア上空を吹く強い南西風に飛ばされて飛んでくるとの見方が有力だ。稲に付くウンカがこの方法で中国南部から渡ってくることが判明しており,農業・食品産業技術総合研究機構などによる飛来予測は,日本脳炎ウイルスの伝搬状況を矛盾なく説明している。
 日本では,このウイルスは夏に流行して冬にいったん消え,春になると再び現れる。何かの動物の体内に潜んで越冬し,春になると再び出てくるという「越冬説」と,冬の間は日本から消え,春に海外からやってくるという「飛来説」の2つの仮説があり,1960年代から両方の証拠を求めて研究が続いてきた。森田らの研究は「飛来説」を裏付るものだが,同時に日本に土着して越冬しているウイルスもいることを示唆している。飛来したウイルスの一部が日本に定住した可能性がある。
ただ,日本のウイルスの相当部分が,今も患者を出し続けている東南アジアから来ていることは確かだ。病原性が弱くなったとは考えにくい。また,九州や中国,四国の県の多くでは8割以上の豚がウイルスに感染しており,潜在的な脅威は消えていない。


バイキン博士のブログにもこの話題があります。
http://www.microbes.jp/aimai/kurashi/fl237.htm
237.台風でウイルスが飛んでくる.4‐9-2001.
  口蹄疫のウイルスは飛んでくるか.
  細菌兵器としてウイルスを隣国に飛ばすことができるか.
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-17 23:12 | 口蹄疫
<< 牛舎におけるサシバエ対策 サシバエの嗅覚に関する博士論文 >>