beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫に感染した鹿の症状

イギリスの鹿と口蹄疫情報を探っていたら、実験的にウイルスを感染させられた各種の鹿の症状を画像と共に解説したファイルを見つけた。イギリスには在来と移入された野生鹿が合計5種いるが、ニホンジカを含めすべてが口蹄疫に感染し、キャリヤーとなることが報告されている。

http://www.thedeerinitiative.co.uk/pdf/fmdguide.pdf

このサイトにメールを出して、すぐに返事が来た。先方(The Deer Initiative)は日本で口蹄疫が勃発していることを良く知っていて、最新の情報を提供してくれた。
policy@thedeerinitiative.co.uk
Ed Dyson, Research and Policy Development Officer
The Deer Initiative

写真の提供をお願いしてあるが、撮影者の許可をとりしだい連絡が来ることになっている。

とりあえず、最新ガイドのパワポファイルから、一般的なまとめを紹介する
(症状の出ている鹿の画像は上のpdfファイルを参照)

作者 Paul Gibbs
College of Veterinary Medicine, University of Florida
Formerly at the Institute for Animal Health, Pirbright, England.

Summary
Five, free-living species of deer found in the British countryside
(red, fallow, roe, sika and muntjac) were found to be susceptible
to infection with foot-and-mouth disease (FMD) virus after exposure
to diseased cattle. Clinical disease was typical and severe in the
roe and muntjac deer, with some animals dying, less severe in
the sika deer, and usually subclinical in the fallow and red deer.
Each species transmitted disease to its own species and to cattle
and sheep. The amounts of virus present in the blood, in
oesophageal/pharyngeal samples and excreted as an aerosol
during the course of the infection in deer were similar to those
recorded for sheep and cattle in the same experiment. The fallow
and sika deer commonly carried virus in the pharynx beyond
28 days after exposure; some red deer also became carriers.     (後略)

Species: Sika deer
Clinical Disease: Mild/sub-clinical
Normal maximum titre of viraemia (log10 TCID50/ml): 6.0
Persistence of virus in pharynx at 28 days
  (Normal titre in brackets: log10 TCID50/sample): Yes (4.0)
Normal maximum levels of virus excreted as aerosols*
  ( log10 TCID50/animal): 4.0 /30 minutes 
* As assessed by large-volume air sampler.

すでに紹介したが、イギリスでは野生の鹿が家畜と接触する機会が乏しいため、口蹄疫の感染の拡大に関してリスクがあるとは特に考えられていない。しかし、実験の結果、鹿が感染した家畜と接触するとキャリヤーとなって(鹿の因頭部にウイルスは4週間以上残り)、集団内で感染を広げ、さらに家畜に感染を広げるに十分な量のウイルスをエアロゾルとして吐き出すことが科学的に確認されている。

家畜と接触し、感染が疑われる鹿が発症していれば、一定期間内に口蹄疫に特有な症状が現れる個体が見つかるはずである。また、治癒した個体でも蹄の周囲に傷跡が残る可能性がある。冬の間に野生鳥獣駆除事業で捕獲された鹿や猪の蹄に異常がなかったかどうか、気になる。

上のサイトで注意事項としていることに、感染が疑われる鹿を駆除することは、かえってウイルスを運ぶ鹿の拡散を招く恐れがあるので慎重に行うべき、とある。従って、野生鹿について疫学的な調査を行う場合はこの問題も考慮しなければならない。とにかく厄介な問題である。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-19 07:50 | 口蹄疫
<< 口蹄疫-風評と実態の識別ができ... 牛舎におけるサシバエ対策 >>