beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

口蹄疫-風評と実態の識別ができない人たち

宮崎県内で今のところ足踏みしている口蹄疫ウイルスであるが、発生源が消えない限り、いつどこに飛び火するかわからない。特に隣接県では厳戒態勢をとっていて県境の封鎖はしていないが通行制限と車両消毒を強化し、ぴりぴりしている。九州各県で競り市の停止などで畜産業全体が甚大な損害をすでに受けている。「被害」を受けているのは宮崎県だけではない。

ところが、発生源の宮崎の住民で危機意識が乏しい自己中心人間がかなりいるようだ。県内のサーファーが発信している複数のブログを見ていたら、県外から誰も来なくなったことを嘆いたり、隣接する某市で行われる行事について宮崎からの参加を見合わせるように「要請」がでているのを「風評被害」だと言って被害者意識丸出しのボケナスがいた。これについては某県知事も某政府高官なども「遺憾の意」を表したらしいが、そのようなことは口蹄疫を完全に鎮圧してから後で言ってほしい。

風評被害を避けるためにウイルスが潜んでいる(症状が出ていない家畜でも感染後の潜伏期にウイルスを増大中で、体外にも出している)かもしれない家畜を搬出制限区域から「早期出荷」などという「トンデモ」対策を考えた政府の対策本部のアンポンタンもいたが、これは幸い別の事情(処理能力が足りず、汚染地域を通行しなければならないし、移動制限のルールの意味を無視する「特例」:ルール違反)で破綻した。

風評被害とは根拠のない理由で「いわれのない」被害を受けることを言うはずである。宮崎県内で防疫対策が(選挙対策と絡んで)ようやく強化されて爆発状態から鎮火の方向に進んでいるのかもしれないが、ワクチン・ゾーン外の{搬出制限=搬出促進ゾーン}に飛び火が相次いでいる。

非常事態宣言」を1ヶ月も前に出したのは誰だったのか。宣言を出したことを忘れたわけであるまいが、それを受けての強化された対策による結果が出ているだろうか。

宮崎県知事の動静をブログなどで見ていると、対策本部が国の手に移り(つまり県の本部長はただの連絡係:実態は初期鎮圧の失敗という実績のために職務から更迭で、前の農水大臣は敵前逃亡であるが、知事はそれができないまま憔悴状態)。たしかに不運で気の毒ではあるが、自分は被害者の代表ではなくて責任重大な加害者でもあることを認識できていないようである。県民の多くを不幸のどん底に陥らせ、隣接各県に多大な迷惑をかけている結果責任は極めて重い。

風評被害でなく、今後の実際の経済被害はしだいに極めて厳しくなってくるはずである。畜産だけでなく、宮崎県産品の多くが、特にこれまでイメージ作戦で伸びていたものほど重大な影響を受けるだろう。応援フェアなどの善意の人たちが大勢いても、それは全体の中の一握りにすぎないと思われる。もしも長期間流通が途切れたら何が起こるか、代替商品が取って代わって置き換えられてしまったら、それを挽回できるだろうか。多くの畜産農家が再起できるようにするための道は極めて険しいはずである。

早期の口蹄疫の鎮圧を願ってきた関係者の望みをかなえられなかった国と県の対策本部は鎮圧後に解散であろう。

日向市から都農を中心とした国営パイロット事業で無理な計画と気象災害で経営破たんした農家は事実上放置された。川南を中心とする児湯郡の畜産業の復興の行く末がどうなるのか、県の財政が疲弊し、国の経済財政運営も怪しいなかで、口蹄疫鎮圧後は急速に社会的に忘れられるに違いない児湯の住民の苦闘と苦悩が続くだろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-20 08:09 | 口蹄疫
<< サシバエによる病原性ウイルスの伝播 口蹄疫に感染した鹿の症状 >>