beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サシバエによる病原性ウイルスの伝播

サシバエが口蹄疫ウイルスを野生動物と家畜、あるいは家畜から家畜に伝染させる可能性について調べていて、口蹄疫ウイルスに関して実際に検証されていないことがわかった。そこで、他の疫病のウイルスではどうなっているのか情報を集めてみた。

本題に入る前に、有益な情報源として、西オーストラリアではサシバエ問題に関する専門サイトがあった。

Stable Fly Action Group (SFAG)
http://www.stableflyactiongroup.org.au/index.html

SFAG's primary objective is...
to develop strategies to eliminate the stable fly (stomoxys calcitrans) problem.

サイト内でサシバエの被害について動物や人ごとにビデオ映像で解説している:
http://www.stableflyactiongroup.org.au/video.html

下のURLにはサシバエを他の似たハエ類と識別するための画像ポスターがある:
http://www.stableflyactiongroup.org.au/fly%20breeding%20associated%20with%20horticulture%20and%20livestock.pdf


本題に戻るが、まず、馬が感染するインフルエンザに似た発熱を起こすウイルス: 馬ライノウイルス1型 (ERhV-1), について研究論文が出ていて、それが口蹄疫ウイルスと極めて近縁であることが分子系統遺伝的に明らかにされている。

Equine rhinovirus 1 is more closely related to foot-and-mouth disease virus
than to other picornaviruses
F Li, G F Browning, M J Studdert, and B S Crabb
PNAS February 6, 1996 vol. 93 no. 3 990-995
http://www.pnas.org/content/93/3/990.

abstract
Equine rhinovirus 1 (ERhV1) is a respiratory pathogen of horses which has
an uncertain taxonomic status.
(中略)
The phylogenetic trees confirmed that ERhV1 was more closely related to
FMDV than to other picornaviruses and suggested that ERhV1 may be a
member, albeit very distant, of the aphthovirus genus.

この病気は馬版のインフルエンザであり、一緒にいる馬の間で伝染性が非常に強いことも口蹄疫と共通している。感染した馬は熱を出し、鼻水をたらし、咳き込んだりして、2-3週間で回復する。この病気が離れた場所に伝染する場合はサシバエが関与しているかもしれない(状況証拠から)。

........................................................................................................
サシバエがエイズウイルスをチンパンジーからヒトに渡したかもしれないという新説がドイツのマックス・プランク研究所のグループから2002年に発表された。

Transferability of HIV by arthropods supports the
hypothesis about transmission of the virus from apes to man.

Eigen M, Kloft WJ, Brandner G.
Max-Planck-Institut für Biophysikalische Chemie, Göttingen, Germany.
meigen@gwdg.de
Naturwissenschaften. 2002 Apr; 89(4):185-6.
Erratum in: Naturwissenschaften 2002 Jun;89(6):280.

Abstract

The primate Pan troglodytes troglodytes, a chimpanzee subspecies, has
recently been defined as a natural animal host of the human immunodeficiency
virus (HIV). Apes are traditionally hunted in Africa and are offered for sale
in open-air meat markets. The bloody carcasses are regularly covered with
blood-feeding flies, amongst them possibly the stable fly (Stomoxvs
calcitrans
L.) a cosmopolitically occurring biting fly. This fly is the
effective vector for the retrovirus causing equine infectious anemia
[corrected]. According to laboratory experiments, the infectivity of ingested
HIV is not reduced in the regurgitates of this fly. These findings are combined
to explain the mechanism for a possible primary transmission of HIV from ape
to man.

HIV(エイズウイルス)は、20世紀の前半にアフリカで、チンパンジーに見られた同様なウイルスから変異してヒトが感染するようになったと推定されている。ハンターが仕留めたチンパンジーのウイルスがヒトの傷口などから侵入して広がったという説があるが、この新説では、アフリカで食用とされたチンパンジーの肉にサシバエがたかって、ウイルスを持ったサシバエがヒトを刺して伝染したものではないか、という。

上の論文を受けて、科学的に解説したニュースがいくつか出ている。下はその一つで、長文であるが引用する。重要なポイントでは日本語の説明を加えた。

BBC NEWS
Thursday, 14 March, 2002, 00:23 GMT
HIV epidemic blamed on flies

Flies may have spread infection via open wounds

Blood-sucking flies may have been to blame for the HIV epidemic being
unleashed on humans, scientists suggest.

Many Aids researchers believe the HIV virus jumped species from
chimpanzees to humans at some point in the first half of the 20th century.

They think humans were first exposed when simian immunodeficiency
virus (SIV), the monkey version of HIV, got into open wounds of game
hunters in west or central Africa.

However, German scientists think stable flies may be responsible for HIV
invading humans, according to an article in New Scientist magazine.

Most blood-sucking insects pose no risk of passing on HIV, including
mosquitoes, which inject saliva through one tube and suck up blood
through another.
(吸血性の蚊などのほとんどの昆虫は唾液を注入する管と血を吸う管が分かれているのでエイズウイルスを伝播させる恐れはない。)
However, stable flies, which bite humans, could be an exception and
are known to transmit equine leukaemia virus between horses.
(しかし、ヒトを刺すサシバエはその例外となるだろう。馬の白血病ウイルスを伝染させる→後で訂正)
When feeding, they scrape skin to make a wound, suck up blood and
regurgitate some on the skin next time they feed.
(サシバエは吸血する際、皮膚の表面を掻き壊して傷を負わせて血液を吸うが、その一部を次の吸血の時に皮膚の上に吐き出す。)
Any viruses in the regurgitated blood can invade the body through the
wounds made by the flies.
(吐き出された血液中にウイルスが含まれていれば、サシバエがつくった傷口から体内に侵入できる)
Unlike other blood-sucking insects that regurgitate blood, the stable fly
does not digest the blood it regurgitates.
(他の吸血昆虫と異なり、サシバエは吐き出した血液を消化しない)
Gerhard Brandner of the University of Freiburg, said: "The anterior part of
the mid-gut where the regurgitate is kept is just for storage and is free of
digestive enzymes.
(「サシバエの中腸の先端部で吐き出し血液が貯蔵されるだけで、そこには消化酵素が出ていない)
"That's our key result, and is a precondition for transmission of HIV."
(これがエイズウイルスの伝播を可能とする基本条件であり、本研究の重要な結果である)

Distractions

If the flies sucked up virus-tainted blood from the chimps, they could
transmit it when they feed on humans, they believe.

They speculate that sporadic cases of HIV transmission via stable flies
may have happened for years but gone unrecognised.

If these rare infections still happen at all, they now pale into insignificance
alongside the explosive spread of HIV through unprotected sex.

It is a point reinforced by Professor David Mabey at the London School of
Hygiene and Tropical Medicine.

He said: "It's an interesting theory and no more.

"The trouble with all these stories is that they distract attention from the
main public health message, which is 90% of infections are transmitted
by sex or from mothers to infants.

"So the message is to practice safe sex and not to worry about being
bitten by flies."

Beatrice Hahn at the University of Alabama in the USA, who first reported
finding HIV infections in chimps in 1999 does not think the German research
should be taken seriously until further research backs it up.

She said: "There's no shortage of hypotheses of how SIVcpz made the
jump to humans and this is just another one.

"The task at hand is to find out for sure what happened and back it up
by hard evidence."

この仮説は否定はされていないが、人間の間でエイズウイルスが伝播する経路としては無視できる程度のリスクであり、チンパンジーからヒトへの伝播経路についてはこれの外にも様々な仮説が提起されている。

口蹄疫ウイルスのサシバエによる伝播を考える場合、上の仮説のポイントで:ウイルスに汚染された血液がサシバエの体内で消化されずに家畜や野生の偶蹄類に運ばれて吸血の際に伝染してしまう、つまり、羽化した後でも、感染動物を吸血した状態で飛散してウイルス感染を広げる可能性を示唆している。汚染堆肥の中などで発生していなくても、サシバエは口蹄疫ウイルスを拡散させる恐れが考えられる。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-20 10:30 | 口蹄疫
<< サシバエとWNVとペリカンの大... 口蹄疫-風評と実態の識別ができ... >>