beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サシバエとWNVとペリカンの大量死の関係

アメリカ、モンタナ州でウエストナイルウイルスに感染したペリカンの雛が大量死している事件を調査中に、サシバエによるウイルス媒介が起こっているらしいことが発見された。

Suspect Identified In West Nile Deaths Of Pelicans
http://www.sciencedaily.com/releases/2007/09/070928135604.htm

ScienceDaily (Oct. 3, 2007) — Stable flies are the latest suspect that may
be involved in the West Nile virus deaths of hundreds of pelican chicks at
the Medicine Lake National Wildlife Refuge in northeast Montana. West Nile
virus killed 800 to 1,000 pelican chicks in 2003, averaged 400 in each of the
next three summers and more than 600 this year.

上のニュース記事を見て、研究調査報告を捜したところ、下の論文が見つかった。

Surveillance for West Nile virus in American white pelicans, Montana, USA,
2006-2007.
Johnson G, Nemeth N, Hale K, Lindsey N, Panella N, Komar N.
Emerg Infect Dis. 2010 Mar;16(3):406-11.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20202414

Abstract

West Nile virus (WNV)-associated deaths of American white pelican
(Pelecanus erythrorhynchos) chicks have been recognized at various
nesting colonies in the United States since 2002. We evaluated
American white pelican nesting colonies in Sheridan County, Montana,
USA, for an association between WNV-positive pelican carcasses and
human West Nile neuroinvasive disease. Persons in counties hosting
affected colonies had a 5x higher risk for disease than those in counties
with unaffected colonies. We also investigated WNV infection and blood
meal source among mosquitoes and pelican tissue type for greatest
WNV detection efficacy in carcasses. WNV-infected Culex tarsalis
mosquitoes were detected and blood-engorged Cx. tarsalis contained
pelican DNA. Viral loads and detection consistency among pelican tissues
were greatest in feather pulp, brain, heart, and skin. Given the risks
posed to wildlife and human health, coordinated efforts among wildlife
and public health authorities to monitor these pelican colonies for WNV
activity are potentially useful.

上の論文からペリカン集団にウエストナイルウイルスが広がって雛が大量死している問題は、イエカの類を介して人間に広がる恐れがある。蚊が吸血した血の中にペリカンの遺伝子が確認されている。この論文ではサシバエについて言及していないが、イエカと同様にリスクがあるかもしれない。

West Nile virus was first detected in the U.S. in 1999 in New York. Between 2001 and 2004, the virus spread rapidly across the U.S.
(ウエストナイルウイルスはニューヨークで1999年に発見されてから2004年までにアメリカ大陸を横断して広がった。つまり、南米大陸原産、脳細胞の炎症をおこすウイルスであって、日本脳炎ウイルスと同類)

CDCサイトに掲載されているウエストナイル熱患者、蚊、野鳥などの分布はアラスカやハワイを除くアメリカ全土に広がっている。2009年の年間合計発生数の分布図を下に引用する。
e0094349_81815.jpg

Final 2009 West Nile Virus Activity in the United States

This map reflects surveillance findings occurring between January 1, 2009 through December 31, 2009 as reported to CDC's ArboNET system for public distribution by state and local health departments.
http://www.cdc.gov/ncidod/dvbid/westnile/Mapsactivity/surv&control09Maps.htm

鳥による広域拡散が疑われていたが、どうやら媒介する蚊(Culex tarsalisイエカの一種)そのものの分散が重要だったらしい。

ScienceDaily (Mar. 2, 2010) — Mosquitoes -- not birds as suspected -- may
have a played a primary role in spreading West Nile virus westward across
the United States, according to a study by researchers at the Johns Hopkins
Bloomberg School of Public Health. The study is among the first to examine
the role of mosquitoes in the dispersion of West Nile virus across the U.S.
and is published in the March 2 edition of Molecular Ecology.
http://www.sciencedaily.com/releases/2010/03/100301193011.htm

Population genetic data suggest a role for mosquito-mediated dispersal of
West Nile virus across the western United States

MEERA VENKATESAN and JASON L. RASGON
Molecular Ecology Volume 19 Issue 8, Pages 1573 - 1584
Published Online: 8 Mar 2010

ABSTRACT
After introduction, West Nile virus (WNV) spread rapidly across the
western United States between the years 2001 and 2004. This
westward movement is thought to have been mediated by random
dispersive movements of resident birds. Little attention has been
placed on the role of mosquito vectors in virus dispersal across
North America. The mosquito vector largely responsible for WNV
amplification and transmission of WNV in the western USA is Culex
tarsalis. Here we present population genetic data that suggest
a potential role for C. tarsalis in the dispersal of WNV across
the western USA. Population genetic structure across the species
range of C. tarsalis in the USA was characterized in 16 states
using 12 microsatellite loci. structure and geneland analyses
indicated the presence of three broad population clusters.
Barriers to gene flow were resolved near the Sonoran desert
in southern Arizona and between the eastern Rocky Mountains
and High Plains plateau. Small genetic distances among populations
within clusters indicated that gene flow was not obstructed over
large portions of the West Coast and within the Great Plains region.
Overall, gene flow in C. tarsalis appears to be extensive,
potentially mediated by movement of mosquitoes among neighbouring
populations and hindered in geographically limited parts of its range.
The pattern of genetic clustering in C. tarsalis is congruent with
the pattern of invasion of WNV across the western United States, raising
the possibility that movement of this important vector may be involved in
viral dispersal.

http://www3.interscience.wiley.com/journal/123314461/abstract?CRETRY=1&SRETRY=0

蚊は広域分散しないという先入観から、アメリカ大陸を東から西に急速に横断して広がったウエストナイルウイルスは感染した鳥が運んだものと想定されていた。しかし、感染の広がり方が鳥の移動パターンと合致しないことなどから蚊の分散の役割についての検証が行われ、蚊の集団について分子系統遺伝の調査によって蚊が広範囲に分散していることが判明した。従って、感染した鳥の間で地域的に広がると見るよりも蚊そのものの広域分散が重要ではないか、と考えられる。

日本脳炎ウイルスとウエストナイルウイルスは兄弟分と見てよいほどよく似ている。感染発症する動物の範囲が同じ(ヒト、馬、鳥類)でイエカの仲間が媒介する。日本脳炎ウイルスがコガタアカイエカによって媒介され、それがアジア大陸南部から日本にやってきていることは前のブログで紹介したが、ウエストナイルウイルスを媒介するイエカの類も同様に広範囲に(風に運ばれて)広がっているらしい。

蚊やサシバエなど疫病をおこすウイルスのベクターとなる可能性がある昆虫が遠距離に拡散、飛翔してウイルスを広げる可能性がこれまで過小評価されていたと考えられる。口蹄疫の拡散における疫学調査の対象としてサシバエなどの昆虫を軽視してはならないだろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-21 08:57 | 口蹄疫
<< サシバエによる豚のウイルス病の... サシバエによる病原性ウイルスの伝播 >>