beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ヌカカは口蹄疫ウイルスを媒介するだろうか

サシバエに関する情報を一通り調べて、オンラインで見える資料や文献の内容を把握できたので、次はヌカカの問題も調べてみる。

日向市の山間部に移住してから、心配だった蚊はほとんど気にしなくてよいことが分かったが、その代わり、気温が20℃を越える時期になると、ヌカカの訪問が盛んになり、肌を露出させることができなくなる。屋外にいる犬の周りにものすごい数のヌカカがまとわり付くので屋外用の蚊取線香を常時点火している有様である。飛翔する時間帯は朝夕が中心で、日中と夜間は少なくなる。

わが家の1キロ圏内には鶏舎と牛舎が複数あるが、おそらくそれらの周囲がヌカカの発生源となっているのだろう。犬の散歩中にメマトイも襲い掛かってくるが、それについては後で調べてみる。

家畜の病気を媒介する吸血昆虫(ヌカカ)の調査と採集装置の改良
動物衛生研究所、九州支所 堀脇浩孝
http://konarc.naro.affrc.go.jp/oshirase/2009/support/03_horiwaki.pdf

1.背景
わが国では、西日本を中心に、牛の流産・早産・死産ならびに奇形胎子の出産(いわゆる異常産)を起こす牛の疾病が毎年のように流行している。これらの疾病の一部はヌカカなどの吸血昆虫によって媒介されるアルボウイルスの感染によって引き起こされる。
牛のアルボウイルスを媒介するヌカカ(Culicoides 属)(図1)とは分類学上はハエ目に属し、体長は1~3mm 程度の微細な昆虫で、世界中で1,400 種以上が知られている。なかには、ほ乳類や鳥類から吸血し、吸血の際に人や家畜のウイルス、寄生虫などを媒介する種類もいる。ヌカカは、その微細さのため、捕集や取り扱いが難しく、わが国では動物衛生研究所以外では専門的に調査を行っている機関はない。
牛のアルボウイルス病の予防のためには、その流行状況の把握、ウイルスを媒介するヌカカの分布や活動時期ならびに、ヌカカからのウイルス分離、分離ウイルス株の性状解析が欠かせない。これらの調査には、専門的な技術や長時間の作業を要するものが多く、しかも継続的に行う必要がある。本発表では、一般の人にはなじみの薄い衛生害虫ヌカカを紹介し、その調査の一連の作業内容とそれらの効率化のために技術的な改良を加えた点を紹介する。


ヌカカの吸血源と発生源 東北農業試験場
http://www.tnaes.affrc.go.jp/periodical/singijutu/H12/pdf/chiku_pdf/709.pdf

研究のねらい
ヌカカ(写真)はウシの異常産や流行熱などの病原を媒介する吸血害虫である。ところが体長が1~2mmと小さいために種の同定が困難なうえ、成虫の吸血源や幼虫の発育場所すら不明な種が多く、防除に関する研究も一般に不十分である。そこで、ヌカカの生態を明らかにするため、季節消長、吸血源、発生源を調査した。


研究の成果
① 盛岡市内の放牧地と牛舎において、ライトトラップによりCulicoides 属(双翅目、ヌカカ科)に属する15種のヌカカを採集した(表1)。個体数の多い種のうち、ミヤマヌカカ、シナノヌカカ、ニワトリヌカカは年に複数回の発生であったが、ナミヌカカは年1回の発生であった。
② 吸血個体が得られた8種の吸血源を酵素結合抗体法(ELIZA)で調べたところ、2種がウシとヒツジから、4種がウシから、2種がニワトリから吸血していた(表2)。
③ 放牧地では、流水やその周辺の湿った土壌からウスシロフヌカカ、キブネヌカカ、ホシヌカカ、ニワトリヌカカが発生し、牛糞の混入した日陰の裸地土壌からマキバヌカカが発生した。牛舎周辺では、堆肥場やパドックの牛糞が混じった土壌からキヤマヌカカが発生することがわかった(図)。

(図表は引用していないが、元のpdfファイルから参照できる)

ヌカカの飛来には光が関係していて、ライトトラップで効果的に捕獲できるし、窓の反射を防ぐことで飛来数を抑えることができるそうである。

牛や鳥などの温血動物ごとに特化したヌカカの仲間、多数の同類が種分化しているようである。そしてウイルス性の様々な疾病を引き起こしているということであるから、口蹄疫の伝染に関しても、ひょっとすると関与しているかもしれない。

わが家に飛来している種類を突き止め、発生源を推定できれば、この悩みからある程度開放されるかもしれない。田舎暮らしを楽しむためには、この意外な厄介者の対策を必要としていることを移住前には気がつかなかった。畜産が盛んな地域の田舎暮らしを考えている場合の重要な注意事項の一つであろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-22 16:47 | 口蹄疫
<< ヌカカの仲間が媒介する偶蹄類の... サシバエによる豚のウイルス病の... >>