beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

宮崎県内の鹿の数は?

農水のHPにある口蹄疫の関係省庁リストをチェックしてみたが、
環境省がありません。
http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/kankei_syoutyou.html

口蹄疫ウイルスのキャリヤーとなる可能性がある(すでになっているかもしれない)ニホンジカの生態や行動などの情報をオンラインで探してみたら、結構見つかった。特に熊本にある森林総合研究所九州支所の矢部恒晶を中心にした調査・研究報告が出版されている。

森林動物研究グループ
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/situ/zoo/main.htm
グループのメンバー (2005.12.27 現在)
グループ長
矢部 恒晶(やべ つねあき)
研究テーマ 鳥獣研究(おもにシカ)

上のウエブ・サイトには鹿に関する情報は開示されていない。また鹿に限らず業績目録やそのpdfファイルの開示も行われていない。5年前のスタッフリストが出ていたが、HP情報の更新を行う係がいないのか。

研究調査の報告を調べるツールは複数あるが、CiNiiで「ニホンジカ」と「九州」のキーワード検索で19件ヒットした。ただし、pdfファイルで内容が読めるものは10件だけ。

九州におけるニホンジカ特定鳥獣保護管理計画の現況
矢部 恒晶
哺乳類科学 = Mammalian Science 47(1), 55-63, 2007-06-30

上の報告には九州各県における「特定鳥獣保護管理計画」について概観が述べられている。

宮崎県内の鹿の推定数は大雑把に6万頭程度、熊本でも同じくらいと想定されているらしいが、推定精度は極めて低いようである。これらは糞粒の数からの推定である。

樹木年代学的手法による山地流域のニホンジカ生息密度・分布域の時間的変化の再現
櫻木 まゆみ , 丸谷 知己 , 土肥 昭夫
日本林學會誌 81(2), 147-152, 1999-05-16

上の論文では林業で幼令樹を増やして造林地で鹿の繁殖を増大させたことが記録されている。

宮崎県の全面積の約7割が山林であって、その山林面積の約7割が人工林、つまり林業地となっている。言い換えれば県の面積の約半分で林業をやっていて、その多くが放置林となっているのが現状である。鹿の個体数の増大は、自然林を伐採して植林面積を増大させた結果と考えられる。そして、植林された杉やヒノキの若い樹木の幹の皮を鹿が「食害」、つまり餌に利用するので木が枯死する「林業被害」が生じている。山の麓では農地に美味しい餌がたっぷりあるので、そこにも大挙してやってくる。もちろん牛の放牧地でも常連である。鹿を人間が一生懸命増やしている一方で、補助金での駆除事業ということになり、宮崎県内だけでも毎年6000-8000頭の鹿が狩猟などで殺されている。

上の論文以外に、宮崎県椎葉村にある九州大学演習林をフィールドとした研究報告がいくつかあった。

宮崎演習林における哺乳類目撃数のモニタリング 著者多数(2010年)
九州大学農学部演習林報告 || 91 || p29-33
https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/bitstream/2324/17059/1/bkuf_091_029.pdf

上の報告で、演習林内で鹿が圧倒的多数目撃されている(1年間の調査期間中、日中業務の最中に見かけた鹿はのべ2000頭近くで、猪は25頭)。これから鹿は日常的に見られることがわかる。

CiNiiでは出てこないが、別途学術情報検索で出てきた報告のなかに有益なものが2件あった(下)。

九州大学演習林近辺で発信機をつけて放したオスメスそれぞれ1頭の鹿について行動範囲を追跡した結果が報告されている。メスの行動範囲は狭いようであるが、雄鹿は繁殖行動に伴ってとても広く動きまわるようである。頭数が少なく、期間限定であるので全貌を知るには程遠い。このような重要な研究テーマに経費を投入しないで、林業被害の対症療法対策、駆除捕獲事業ばかりやっている行政の問題である。

九州中央山地におけるニホンジカのホームレンジ
矢部恒晶, 小泉透, 遠藤晃, 関伸一, 三浦 由洋
日林九支研論文集, No. 54, 131-132, 2001年
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/54/54pr014.pdf

上の論文の続報があれば見たいものである。

シカ用生け捕りワナEN-TRAPの試作·適用
遠藤 晃, 土肥 昭夫, 伊澤 雅子, 矢部 恒晶, 辻 高史
哺乳類科学 Vol. 40 (2000) , No. 2 pp.145-153
http://www.jstage.jst.go.jp/article/mammalianscience/40/2/40_145/_article/-char/ja

琉球大学理学部の伊澤教授(私がつけたあだ名は「猫娘」)が著者のメンバーとなっているが、これは沖縄でケラマジカ捕獲作戦に参加したため。

このワナで動物を傷めないで捕獲して生態調査を行う、ということらしい。矢部さんも加わっているし、宮崎県での口蹄疫の疫学調査には生け捕りワナを活用したらよいかもしれない。今後の調査・研究で鹿の感染実験やキャリヤー化の確認も必要であろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-24 19:42 | 口蹄疫
<< ウイルスの水平伝播と吸血昆虫-... ヌカカの仲間が媒介する偶蹄類の... >>