beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

DEFRAの口蹄疫情報

イギリスのDEFRA (Department for Environment, Food and Rural Affairs) は家畜伝染病に関する政府機関であり、口蹄疫について真正面から取り組む責任を負っている。

その役割、目的は:

Our purpose is "to secure a healthy environment in which we and future
generations can prosper."

「私たちと次世代が繁栄できる健全な環境を保証するために」、オンライン自動翻訳でもこの程度はOK。

イギリスは口蹄疫のパンデミックで繰り返し散々な目にあった先輩国であるが、終息したらすぐ忘れるような国ではない。疫学調査を徹底して行う国であるが、2007年の場合はトンデモの世界が暴露された。

2007年の疫学調査結果の報告書から「まとめ」の一部を引用する。

http://www.defra.gov.uk/foodfarm/farmanimal/diseases/atoz/fmd/documents/fmd_epidreport2007.pdf

Executive Summary
1. The virus strain, type O1BFS, that caused the outbreak of Foot and Mouth
Disease (FMD) in Surrey in August 2007 has been shown beyond reasonable
doubt to originate from the nearby Pirbright site where a commercial vaccine
production plant and a research and diagnostic laboratory are co-located.
(2007年8月にサレーで発生した口蹄疫のウイルス01BFS株は発生場所の付近にある民間のワクチン製造所と検疫・研究所が一緒にあったPirbrightの施設内から出たものであることは疑う余地はない。)

5. Investigations indicate that release was most likely due to escape of live
virus from the drainage system that connects the vaccine production plant
to the sodium hydroxide treatment tanks on another part of the Pirbright
site. Movement of the virus off site was most likely from movement of fomites
created from soil, water or other material contaminated by effluent, and
deposited on the road from which the track to IP1 leads.
(ナマの口蹄疫ウイルスが漏れた経路は、ワクチン製造プラントから施設内の苛性ソーダ処理タンクとを結ぶ排水管からであったものと見なされた。ウイルスの施設外への移動は、漏れた排水で汚染された土壌、水、その他の汚染物が動いて、道路上に落ちていたものが初発農場へ運ばれたことによるらしい。)

外の項目で、施設から空気中の漏れ出しは否定されている。とにかく、オソマツでイギリスの面目丸つぶれである。しかし、きっちりと何が起こったかを検証し、後の改善につなげることが大切なので、不都合な真実の隠し事はしない所は見習うべきである。

日本からイギリスのDEFRA本部にテレビ局の取材チームが押しかけたが、先方は上のこともあって相当面食らっただろう。たしか、この問題の責任とか法的な係争はまだ決着がついていないし、DEFRAサイトのポータルページに口蹄疫の項目が出ていないのはなにか問題があるからだろうか。

DEFRAには一般の農場での口蹄疫に対する防疫指針を(fact sheet)、つまり要点を分かりやすいパンフレットとして公開している。これの日本語版を翻訳して日本の家畜農家に配布することを農水がやるべきだろう。
http://www.defra.gov.uk/foodfarm/farmanimal/diseases/atoz/fmd/documents/factsheet2.pdf

日本をはじめ東アジア各地におけるO血清型の口蹄疫に関する情報を取りまとめ、それを踏まえてイギリスでの対応を論じた記事がDEFRAサイトに掲載されている。(6月9日時点での情報)
http://www.defra.gov.uk/foodfarm/farmanimal/diseases/monitoring/documents/fmd-eastasia100610.pdf

これによると、中国の広東省で発生した株の口蹄疫ウイルスが日本と韓国の共通株であるとされている。ホンコンの土着株から変異したものが各地に拡散しているのかもしれない。

日本発の(農水の公式発表)日本語をGOOGLEの自動翻訳で英語に直した(そのため、若干間違っているかもしれぬ)と注釈があった。もちろん、OIE に提出された英語報告にもよっている。
[PR]

by beachmollusc | 2010-06-27 16:24 | 口蹄疫
<< 口蹄疫とイノシシの生態 近所のウシ小屋 >>