beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

トロントロン

インターネット新聞JanJanの記事で紹介されている宮崎県川南町の地名トロントロン
http://www.news.janjan.jp/area/0909/0909210546/1.php
宮崎のおもしろ地名「トロントロン」
由来は西南戦争、はたまた江戸時代にさかのぼる
大谷憲史2009/09/22
下の写真は記者の大谷氏撮影
e0094349_169327.jpg

いくつかの説が紹介されていますが、「トロントロン」が水の音に由来していることに変わりはないようです。

宮崎県川南町のすごいイルミネーション! トロントロンドーム (その1,2)
http://www.youtube.com/watch?v=3Nb0i8ceB68
http://www.youtube.com/watch?v=eJ-4xQBRwh4
トロントロン軽トラ市&ウェスタン・カーニバル
http://www.youtube.com/watch?v=lokiSHXBCnA

ザ・フェスティバル・イン・トロントロン
日本三大開拓地のひとつ川南で行われる真夏のイベントです。町内の若者が実行委員会を組織し、フロンティアスピリッツあふれるユニークなイベントを繰り広げます。毎年8月下旬に開催。平成20年は約3万人が来場しました。
http://matsuri.kanko-miyazaki.jp/search/search.php?key=22&kbn=evn

日向市から川南には車で国道10号線を走って40分くらいです。人ごみが大嫌いなので地元の名物祭りの「ひょっとこ踊り」の見物もしていない偏屈者(beachmollusc)は、川南名物の軽トラ市、夏祭り、冬のイルミネーションも見に行っていません。山の谷間の家でジットしているか、海辺や山中の誰もいない場所を徘徊する習性で、殻を閉じた貝のようなものです。

この川南という町は地元の人たちの意欲あふれる行事からわかるように「開拓者魂」があふれています。今回の口蹄疫災害でも決してくじけることはない町であると思いますが、受けた傷を癒すためには長い時間がかかりそうです。

4月25日に予定された軽トラ市が開催中止に追い込まれた時の「川南町トロントロン軽トラ市ブログ」:
http://ktora1.com/blog/2010/04/
4/25(日)の軽トラ市は中止になりました!!!! 管理人(2010年4月22日 14:30)
みなさま、こんにちは。
皆様もご存じの通り、川南町で「口蹄疫(コウテイエキ)疑似患畜」が発生したため、「中止」となりました!!
楽しみにしてくれていた皆様、出店者の方々・・・
ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんっ!!
多分、次回の5/23(日)の軽トラ市までには落ち着いていると思います・・・そう願います!!


しかし、その願いはかなわず、2ヶ月以上にわたる苦難が待ち構えていました。 

【口蹄疫】商店街も七夕飾りで元気を!  管理人(2010年6月29日 14:14)
6月28日(月)に、トロントロン商店街に七夕飾りがお目見えしました♪
よーく見てみると・・・・
折り紙で作った、とってもかわいいブタさんとかウシさんがいるんですよ♪
西都の方からの贈り物とか・・・。雨に濡れないようにしっかり管理しなきゃっ。
e0094349_1639361.jpg

(ブログから勝手に写真を借りて使いました)


トロントロンに戻ります。

川南商工会ブログの記事には:
http://www.miya-shoko.or.jp/kawaminami/
トロントロンの由来
 名貫川と小丸川に挟まれた川南の古くからの人々は、自然崇拝と神仏の信仰を生活の基にして慎ましい生活を送っていた。
 川南のほぼ真ん中に位置する新茶屋、清瀬、小池、湯牟田には、尾鈴山系や上面木からの豊かな伏流水による湧き水が至る所にあり、この地にも湧水が集まって小さな流れや高低差による小さな滝もあって、辺りに水音が木霊していた。現在の道路は豊後街道と呼ばれ、中世以降の日向の主要道路であった。この街道筋には高鍋秋月藩の指示で、寛政2、3年(1790)松の植林がされたが、それ以前から川南の各地には杉、松、楠などの木々が点々と立っていた。
 (以下略)

今の町の姿から昔の湧き水だらけの様子を窺い知ることは難しいが、国道10号線沿いに国の天然記念物「川南湿原」がある。
 
国指定天然記念物 川南湿原植物群落
 約30,000平方メートルの面積の中に78科283種(2000年現在)の植物が生息し、ナガバノイシモチソウ・ミズギクなどの貴重な植物がある。

名 称  国指定天然記念物川南湿原植物群落
指 定  昭和49年6月11日 天然記念物指定
面 積  約33,000平方メートル
標 高  約50メートル
植物の種類  約300種類(そのうち約100種が湿生植物)
勇水量  毎秒約15リットル
http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/syougaigakusyu/bunkashinkoshitsu/sitsugen.jsp

ようこそ宮崎  宮崎mini辞典  川南湿原:宮崎県児湯郡川南町 
http://www.0503ak1025.net/zz-kawasitu.html

自然の宝庫散策 川南湿原オープン 2009年11月26日 宮崎日日新聞
 貴重な湿原植物が数多く自生する、川南町の国指定天然記念物・川南湿原植物群落が25日、整備後初めて一般開放された。
 町内外からたくさんの人が訪れ、町文化財保護審議会会員らの説明を聞きながら自然の宝庫を散策した。
 同湿原は広さ約3万3千平方メートルで、78科300分類群の植物が群生。そのうち湿原植物は110種で、九州で唯一自生するミズギクなど希少50種を見ることができる。チョウトンボをはじめ、珍しい湿原生物も確認されている。


この湿地が川南の湧水地帯を象徴していることは言うまでもない。町の中心部からはすぐ近くにあり、口蹄疫の発生農家に取り囲まれている。

5月18日、つまり県知事が「非常事態宣言」を出した日の口蹄疫の発症農場の分布をグーグルアースの画面上で見る。児湯郡で処分と埋設の防疫処置が遅れたため、南の小丸川を越えて広がり、危機的状況となった時点の様子である。なぜ川南で埋設が遅れたかは、農場から家畜を移動することができないため、自分の地所と周辺で埋設可能な場所が見つからなかったということである。その理由は色々あっただろうが、物理的に不可能:地下水脈が浅くて掘ったらすぐ水が湧き出てしまって使えない場所が多かったためだろう。
e0094349_17254440.jpg

赤色は豚、濃い青は牛のの防疫が終わっていない農場であり、黄色は豚、薄い青は防疫処置終了の農場である。

青い筋に見える川は表層水であるが、川南ではとても複雑な流れ方をしている(地形の凹凸に対応)し、多数の湧水が流れ出て互いにつながっている姿も見られる。地域の地形と地質から見て、地下水脈はさらに複雑であろう。農場の分布を見れば、処置が終わったゾーンと終わっていないゾーンがモザイク状態で分かれていて、終わっていない場所は川筋に沿っているところが特に目立つ。

終息後にしっかり検証してもらいたいが、埋設場所が確保できずに長期間防疫処置ができなかった場所は農家が自分でいくら努力しても場所が見つからず、そして県も国も手をこまねいて助ける手段を用意できないまま、結果的に放置していたのではないだろうか。敵前逃亡大臣が「隠していないで出せ」といったのは掘っても水浸しで使いようがなかった所だったのではないか。町長も知事も補償問題に気をとられてしまって、防疫のための最優先事項だったはずの埋設場所の確保の問題をしっかり理解していなかったのではないだろうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-01 17:43 | 口蹄疫
<< 緊急ワクチン接種の効果の検証 獣医師と畜産農家対象の口蹄疫情... >>