beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

緊急ワクチン接種の効果の検証

OIEに提出された日本の口蹄疫に関する報告:ワクチン関連情報を取り出して見た。

Event summary: Foot and mouth disease, Japan
Start of event 07/04/2010 (後の報告で3月26日に変更、ここでは初発時のまま)
Confirmation 20/04/2010
Report date 20/04/2010
Submission date 20/04/2010
Reason Reoccurrence (後で2000年5月の再発と更新されている)
This event pertains to the whole country
Number of outbreaks 291
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=event_summary&reportid=9155

以下は経過報告(11から6番まで逆順、5番目までは緊急ワクチン接種は無関係)

Follow-up report No. 11 (30/06/2010)
Epidemiological comments
There have been no outbreaks since 19 June 2010.
Since 349 animals were vaccinated from 2 to 30 June, the total number of vaccinated animals is 125,564.
Destruction of the vaccinated animals was completed on 30 June.
(内訳Swine 79603, Cattle 45961 Oil-adjuvant killed vaccine against type O.)

Follow-up report No. 10 (23/06/2010)
No comments on vaccination in epidemiology

Follow-up report No. 9 (15/06/2010)
No comments on vaccination in epidemiology

Follow-up report No. 8 (10/06/2010)
Epidemiological comments
Disposal of vaccinated animals started on 5 June. The vaccination has been performed from the rim to the centre of the area since 22 May, giving more priorities to pigs than cattle, and has almost been completed by 26 May.

Follow-up report No. 7 (02/06/2010)
No comments on vaccination in epidemiology

Follow-up report No. 6 (26/05/2010)
Emergency vaccination against FMD was started on 22 May 2010. The targets of the vaccination are all domestic susceptible animals kept in unaffected farms in movement control areas established within 10km around each affected farm. Vaccination against FMD has been prohibited outside the areas as it was before. As of 25 May, the total number of vaccinated animals is approximately 120 thousand, which is about 95 percent of the targets. All the vaccinated animals are clearly identified and to be destroyed.

緊急ワクチンに関するWAHISサイトの報告について目を通したが、どこにもワクチン接種された農場で発症した例について記述されていない。また、ワクチン接種を拒否した農家についても記述は無い。ただし、8番目の経過報告で微妙な表現がある:ワクチン接種は5月22日に開始され、26日までにほぼ完了。ワクチン接種された家畜の処分については6月5日開始で6月30日終了と記述されている。

11番目の経過報告で理解不能な文章があった。下に再掲する。
Since 349 animals were vaccinated from 2 to 30 June, the total number of vaccinated animals is 125,564.何度も読み返したがカンマの前の部分の意味が全くわからない。
「349頭の家畜が6月2日から30日の間にワクチン接種されて以後、ワクチン接種の全頭数は125,564」

発症を遅らせるための緊急ワクチン接種は世界的にみて実施例が少ないので、その効果の検証は今後についても、また対外的にも重要であろう。

結果的に、緊急ワクチン接種された個体数(牛と豚をプールした)125,564頭の内、48,822頭(38.9%)が擬似感畜として殺処分された(合計例数は69)。内訳は豚が33,704/79603 (42%)、牛(プラスその他)が15,118/45961 (33%)であった。データはコンタンのブログより。
http://konstantin.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/2010-567d.html

この緊急ワクチン接種の前にすでに感染していた、または抗体が上がる前に感染が起こった例が多数あったことがこの数字から良くわかる。また、ワクチン接種後には感染発症しても症状が軽くなるだろうから、見落とされたり、処分が進んでからは無視されたりしていた例が多かったのではないだろうか。一方、例数から見ると、ワクチン接種対象の母数が分からないが発症した農家の数の占める割合はかなり小さかったようである。つまり、経営規模が大きい、飼養頭数が多い所ほど発症率が高かった(頭数の少ない農家は発症しなかった)のだろう。

もう一つ重要なことは、位置情報である。ワクチン接種は移動制限区域、つまり(どこを中心にしたのか良くわからないが)10キロ圏の外側から内側に向けて順次行われ、豚が優先されたことが結果に反映されているかどうかである。接種期間が4日間しかなかったから、その優先順位によった差は小さいかもしれないが、発生中心地から見てより外側を早く押さえるという目的を達成できたかどうかの判断が欲しい。

OIEへの報告はもっと詳細なものがあるかどうか知らないが、WAHISサイトに記録されたものでは多くの重要なポイントが(意図的に?)伏せられているような印象を受ける。インターネットの世界ではPROMEDなどで世界中の関係者や家畜疫学の専門家が日本の口蹄疫の推移を見守っていて、様々な疑問や意見が見受けられる。国内事情で変なことをやって恥を掻いてもらいたくないので、その道のプロらしく科学的、客観的な分析に耐える報告を見せてほしい。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-02 19:43 | 口蹄疫
<< 里の鳥 トロントロン >>