beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

里の鳥

一昨日、市内のスーパーに買い物に出る途中であったが、以前もみかけた同じ場所で久しぶりに雉を見かけた。農道脇の畑でなにやらついばんでいて、車を止めてながめていても逃げださなかった。
e0094349_9392024.jpg
e0094349_9393257.jpg

同日の朝、犬の散歩中に家の脇の奥野川河川プールで久しぶりにミゾゴイに出会った。かなり長い間見かけなかったが、留守中にどこに行っていたのだろうか。また面白い鳴き声を聞くことができるだろう。

キジは日本の固有種であり、国鳥というステータスを得ているが、狩猟の対象ともなっている。また、飼養されて放鳥もされている。

九州南部に分布するコシジロヤマドリは県の鳥である。環境省、熊本と鹿児島では準絶滅危惧種であるが、宮崎県では「保護上重要種」扱いである。宮崎県ではヤマドリの地域亜種が貴重種扱いであるのに対し、キジはカラス並みの取り扱いかもしれない。ただし、害鳥として駆除されていないだけましかも。

県の木・県の花・県の鳥
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/profile/symbol2.htm
コシジロヤマドリ - キジ科 - (昭和39年12月22日制定)

(コシジロ)ヤマドリとコジュケイとキジの3種が自宅周辺で見られるが、標高で棲み分けが起こっているように思われる。自宅周辺はコジュケイの縄張りであって、裏庭にも出没し、大きな鳴き声が大変やかましい。

壺中山紫庵ブログ
http://atky.cocolog-nifty.com/bushou/2010/05/post-cc22.html
キジは国鳥、でも狩猟鳥
 キジが国鳥に選ばれた理由は幾つかあるという。
 小生は、7年前に既に調べていたのだった。
 そんなメモを綴ったことなど、すっかり忘れている。
 キジをネット検索でヒットして、我ながら驚いている!

 以下、主な理由を示しておく:

1 日本固有種であり,日本の象徴になっている。
2 留鳥で1年中姿を見ることができ,また人里近くに生息する。
3 姿態優美,羽色鮮やかで,鳥に関心を持つ人が好きになれる。
4 大型で肉味が良い。狩猟の対象として日本では好適で,その狩猟はスポーツとして楽しめる。
5 古事記・日本書紀といった古文献に,すでにキジの名で登場し、また桃太郎に登場する動物として子どもたちも知っている。
6 オスの飛び立つ姿は力強く男性的,メスは「焼け野のきぎす」のたとえにあるように非常に母性愛が強い。

キジのような、すぐ身近にいて人々に愛されている国鳥がいるのに、朱鷺のような環境変化に負けて絶滅し、すでに消えてしまった鳥を特別待遇するのは何故だろうか。人間側の環境を昔のような姿に戻すつもりでいるのかどうか分からないが、今後も生態的に飼育環境でしか残れそうに無い種を無理やり増やして野生に戻そうとするのは優先順位が間違っているとしか思われない。とにかくカラスやテンなどの餌をつくるために莫大な公費を投入しているとしか思えない。

地場・旬・自給 (「発酵利用の自然養鶏」出筆さん)ブログ記事
トキ襲われて死ぬ 2010-03-11 03:50:48 | 環境問題
http://blog.goo.ne.jp/sasamuraailand/e/ed7298b427c2870b21be1bebb8894f16
私も人の事は言える鳥飼のレベルではないが、佐渡とき保護センターの職員よりはましである。研究者でなく、密漁をするような鷹飼いの人に任せたら良い。

2010-03-12 Fri  [ 哺乳類・野生動物 ]
佐渡のトキをテンが襲ったというけれど…by gaku
http://gaku-blog.net/index.php?e=661
テンは、肉食動物である。
肉食動物は、フルーツ類も大好物である。
このため、餌が欲しければ、どんな行動にも出てくる動物でもある。
だから、トキが1羽一億円しようが、テンにとってはただの美味しそうな「餌」、でしかない。
トキは、ケージ内でドジョウなど餌がふんだんに与えられて、育てられている。
その現場そのものがテンにとっては魅力的な餌場であり、虎視眈々と狙い、忍び寄ってきたからである。
カンタンに言い換えれば、トキをつかってテンに「餌付け」をしていたと思えばいい、だろう。


自然、野生動物との共存という言葉の響きは美しいかもしれないが、それは自然・野生の世界を知らない都市住民の幻想の中にある。すでに林業や農業被害を及ぼしている鹿が、口蹄疫ウイルスのキャリヤーとなってしまったら、広範囲に殺戮・駆除されるかもしれない。

希少生物の保護はすべからく生態的に持続性のある環境の保全にかかっているのに、対象種だけを視野に入れた増殖をやったり、農業被害をおよぼす野生動物については不毛な駆除対策事業で技術開発を続けるだけではよろしくない。野生動物と賢く付き合うためには、まず相手のことをしっかり知るべきであり、基礎となる生態研究・野外調査にもっと投資しなければならない。その仕事ができる研究者を育てることが大切である。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-03 10:35 | 田んぼと里山
<< 国道10号線の消毒ポイント 緊急ワクチン接種の効果の検証 >>