beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

処分された家畜の補償

イギリスBBC放送サイトには2001年にイギリスからヨーロッパに広がった口蹄疫情報の詳細がアーカイブされています。

その中に殺処分された家畜の補償金額についての情報がありました。
Tuesday, 7 August, 2001, 09:09 GMT 10:09 UK
How much for that cow?
http://news.bbc.co.uk/olmedia/1475000/images/_1476141_foot_mouth_300.jpg
e0094349_12594283.jpg

この図から、家畜の種類によって、さらに同じ牛でも乳牛と肉牛での差異、血統による差異が大きいことが説明されています。価格査定は政府が認定した専門家が行うことが書かれています。血筋のよい評価が高い種牛は(多分、オスもメスも)極めて高価になるようです。このことは日本の畜産においても同様でしょう。

わが方の口蹄疫で、殺処分がはじまった頃、知事や町長などの要請に対して〇〇大臣が家畜の「全額保証」を打ち出したような報道がありました。そして、牛1頭の一律の価格を漏らし、それに対して地元出身の国会議員などがクレームを出したりし、かなりゴタゴタしたようです。それが結果的に防疫措置の推進の障害の一つになったかもしれません。

畜産の仕組みに疎い人間が批判するのは避けるべきかもしれませんが、客観的に見ていると、腑に落ちないことだらけです。政府は「全額」と言う言葉で法律上の全額を意味したと思いますが、それが共済の仕組みとの整合(未加入問題があったこと)もとれず、しかも種牛などの評価の差異を認識せずに発表したのかもしれません。畜産の現場を知らなかった大臣が、(外遊と言う自己にとって極めて重要な行事に夢中で)ろくに勉強もせず、役人もポイントを抑えたアドバイスをせず、現場に大きな混乱を招いたのではないか、と想像されます。

補償を受けることになる農家は、とにかく早く終息して欲しい、周辺に広げて迷惑をかけたくない、という一心で指示されたとおりの防疫対策に取り組んでいたと思います。家畜の移動制限などのルールを(ほぼ)厳重に守ったことが今のところ宮崎県内で発生が止まっていることに貢献しているのでしょう。

ちなみに、イギリスの2001年の事件は羊や豚などの移動を政府が全く把握していなかったため、抑えることができなかったようです。手順どおり防疫をやっていたと楽観していたイギリス政府は、イギリス全土に爆発炎上(結果的に約2000例が発生)して手がつけられなくなって、当時のイギリス首相は選挙の延期を強いられました。また、軍隊の投入をためらって速やかな制圧ができなかったこと、ワクチネーションもやりそびれてしまったことが強く批判されています。(ネット上ではイギリス政府の対応について間違った情報が流れていますが、2001年のイギリス口蹄疫は今回の日本のケースよりも程度が悪い、後手後手対策とエラーの連発でした。そして2007年の再発ではその学習成果が生きています。)

宮崎県と町の行政と地元政治家は、農家の補償問題を前面に押し出して、あたかも条件闘争をやっているような印象を中央政府に与えたようです。「町長がしつこくごねる」などというメモが露見してしまったのがその証拠です。国と県と町が一体になって防疫に専念し、その障害となっていた埋設場所の確保を早く実現できるようにしなかったことが、結果的に全体の被害を拡大してしまったと思われます。

民間の種雄牛の問題がくすぶっていますが、OIEに対する面子でどうしても処分しなければならないとすれば、最低でも「種牛として貢献できたはずの金額」を計算し、それに加えて種牛として育て上げた努力に報い、やむなく処分という事態に追い込んでしまった慰謝料も十分に加え、知事が土下座して謝罪してお願いするべきでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-08 13:41 | 口蹄疫
<< 野生動物の資源利用と管理 海岸の花 >>