beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

野生動物の資源利用と管理

口蹄疫が野生動物に感染しキャリヤー化した可能性があることについて、特に野生の鹿と猪についてどのように調査すればよいかを現行の狩猟および有害鳥獣駆除事業と絡めて考えてみた。それは畜産農家の周辺で感染したかもしれない野生動物の捕獲検査と、もしキャリヤーが見つかった場合に畜産農家で口蹄疫の再感染を防ぐための隔離・捕獲対策が必要になるからである。さらに、野生動物の行動圏に行政の区割りは関係ないので、当面は宮崎県から近隣の各県に移動拡散が起こらないように配慮する、つまり狩猟行為が野生動物の拡散を招かないように銃器使用と狩猟犬に頼らないことも大切であろう。

このような野生動物の対策事業を進める上で、狩猟者やその団体組織に丸投げをしてはならない。しかし、実際に捕獲するためには専門技術を要するので、捕獲道具とその管理をゆだねるエキスパートが実行しなければならない。また、事業コスト(人件費など)をどうするのか、捕獲した「獲物」をどのように取り扱うのか、などの詳細について知恵を絞って「つめ」をしなければならないだろう。

以上のことを踏まえて、くくりワナ猟の経験者が出版した「ぼくは猟師になった」(千松信也 著、リトルモア、2008年)はとても良い参考図書である。もちろん、箱ワナとか鹿の大量捕獲技術とか、現場での色々な工夫についての情報もある。

鹿と猪による林業被害と農作物の被害が増大しているので、公的な補助事業も広く実施されている。オンライン情報を見ると、中央組織から地域行政まで多数の情報があふれている。下に代表的なサイトを紹介する。
 
NOSAI団体の鳥獣害対策(5面・NOSAI)【2010年2月4週号】
http://nosai.or.jp/mt/2010/02/post-816.html

中山間地域を中心に野生鳥獣による農作物被害が深刻化している。NOSAI団体では、侵入防止柵や箱わなの設置など農家が取り組む鳥獣害対策を支援しようと、地域の要望に即したさまざまなリスクマネジメント(RM)支援活動を展開。さらに、行政や農林漁業団体で組織する鳥獣害対策協議会にも参加し、より効果的な損害防止に努めている。
(中略) 
 効果的な鳥獣害対策には地域ぐるみの面的な対策が必要とされる。NOSAIの組合等の「鳥獣被害対策協議会への参加」は106組合(52%)で、「今後参加予定」が23組合(11%)。協議会に参加し、地域の被害防止計画に沿って防護柵の設置などを行う場合、農林水産省の「鳥獣被害防止総合対策事業」(補助率2分の1以内)を使うことができ、19組合(9%)が同事業の交付金を活用している。
(以上、引用)

大分県野生鳥獣被害対策実施 にあたっての考え方
http://www.pref.oita.jp/16210/hogo/data/honbun2.pdf

第10次鳥獣保護事業計画(熊本県)素案
http://www.pref.kumamoto.jp/invited/opinion/h18/choujyuu_hogo/pdf/gaiyou.pdf

宮崎県は鹿児島県と同様に県としての有害鳥獣対策事業および、それに必要な調査活動を行わず、市町村にゆだねている。

鹿児島県サイトでは有害鳥獣の捕獲について下のように説明している。
【有害鳥獣捕獲手続きの概要】
有害鳥獣捕獲には,法人捕獲及び一般捕獲の二つの方法があります。
法人捕獲
毎年恒常的に被害を及ぼす野生鳥獣について,市町村等がその鳥獣による被害発生予察を行い,市町村長等があらかじめ捕獲申請を行うことによって,捕獲許可を受けて,捕獲を行う方法です。
一般捕獲
野生鳥獣による被害が発生した場合に,被害者等が捕獲申請を行うことによって,捕獲許可を受けて,捕獲を行う方法です。


有害鳥獣駆除以外の一般狩猟は県単位で種目ごとの免許が毎年更新され、猟期の終了時に免許の回収と捕獲実績の報告が求められている。

大分、宮崎、熊本などでの駆除及び狩猟の実績データを見ると、鹿と猪は各地で毎年コンスタントに捕獲されているので、今後もこの傾向は続くと見てよいだろう。そこで、発想を転換し、単なる邪魔者の除去という観点からでなく、これらの動物タンパク資源の利用を積極的・持続的に行い、機械的な防御方法を併用した被害の軽減を図るという図式で、事業そのものの基本設計の変更をするべきであろう。

鹿については蝦夷ジカのソーセージの人気が高まっているそうである。
エゾシカ協会ニューズレターから
http://www.yezodeer.com/topics/newsletter/newsletterindex.html
北海道庁は2006年10月、「エゾシカ有効活用ガイドライン」を策定・公表しました。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/NR/rdonlyres/4B511A50-014F-4C67-93FE-7BCB2136077A/929252/HPezosikaguideline.pdf

九州でも、県ごとにバラバラでなく、全域で鹿と猪資源の有効利用から地域産業として育てるべき時期になっているであろう。そのためには、九州農政局を中核にして、野外集団の資源動態の基礎調査と情報集約、加工製品の開発研究と流通システムつくりなどの活動、さらに独立して収益を出せるようになるまでを資金的に支えるべきではないだろうか。効果が出ない駆除事業をダラダラ続けるのは行政の怠慢としか思えない。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-09 09:19 | 口蹄疫
<< 海外のwagyu事情と種牛問題 処分された家畜の補償 >>