beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

猪が人里の周辺で増えたわけ

鉱脈社出版のみやざき文庫38「罠猟師一代 九州日向の森に息づく伝統芸」、飯田辰彦著、2006年、とOXFORD 大学出版のThe Social Badger, Hans Kruuk 著、1989年が相次いで配送されてきたので読書三昧を続けている。
e0094349_18233375.jpg

BADGERというのはアナグマの英名(EXITE翻訳ではムジナ)、ニホンアナグマは亜種とされている。

イギリスから来た本でアナグマの食性が詳しく書かれていたが、雑食性であるが主食がミミズということだったので、かねてから気になっていた猪の食性を調べなおしてみた。イギリスのアナグマは木の実、果実、根茎などの植物性の餌とか昆虫も食べるし、ウサギなど動物の死骸を何でも食べる。

猪とアナグマの食べるものが共通であるとすれば、アナグマが日本国内で増えていてもいいのではないかと想像してみた。しかし、アナグマは縄張りを持って穴居生活をするのでそれに適した地形地質が重要だから、猪のように爆発的に増えることはなさそうである。しかし、夜行性のくせに今年の春に林道で繰り返しアナグマと昼間に遭遇したことから、日向の周辺では個体数が増えているのかもしれない。

罠猟師一代、と言う本は日向市東郷町在住の鉄工所の経営者で、猟期に宮崎県北部で主に猪を狙ってくくり罠で捕獲する林豊さんを取材した猟の現場の見聞記である。
e0094349_1849545.jpg

この著者は締めくくりで、猪や鹿の被害が増えたのは山林で餌が不足したものが里に下りてくるからだという「定番」の説明をしている。本の中では山の猪はドングリなど植物性の餌を食べていて油が乗っているが、里の猪は雑食性で味が落ちるようなことを言っている。しかし、これは眉唾だろう。

ミミズについてはイギリスで行われた戦時中の研究で、栄養価が高く、牛肉に劣らないという分析結果がだされたとbadgerの本に書いてあった。食用ミミズの実用化は行われなかったが、もし食料不足の危機が迫ったらミミズのハンバーガーが食卓にあがるかもしれない。その時は耕作放棄地が活用できるだろう。南氷洋まで行ってクジラを捕獲して食料にするよりも地元で未利用食料資源を確保する方が健全である。(南氷洋で商業捕鯨をやりたい水産会社は日本にない:水産物製品が輸出できなくなる。チョウサホゲーは科学の名をかたる水産庁の利権保持、天下り先確保事業以外の何物でもない)

さて、1970年代以降、日本で猪が急激に増えてきたのは耕作放棄された水田の面積が増えたことと強い相関関係があるそうである。

現代農業 2000年(平成12年)8月号 巻頭特集
鳥獣害から田畑を守る
 
生長する猿害防止柵“猿落君”でサルを山に帰そう
(奈良県大塔村のみなさんと県鳥獣害対策チーム)……編集部
侵入防止の合わせ技でイノシシを防ぐ……江口祐輔
イノシシが知らせてくれていた!?―江戸時代の猪飢渇から何を学ぶか― ……編集部
シカは足元の網が苦手……安岡平夫/足立年一
トンネルに薬液注入、ヤケドさせてモグラ退治……永岡謙治
この頃注目の鳥獣害防除機・製品案内

上の「イノシシが知らせてくれていた!?...」は下のURLで内容を読むことができる。その一部を引用する。
http://www.ruralnet.or.jp/gn/200008/kant.htm
水田放棄地はイノシシの楽園
 イノシシが一気に増えた1970年代とは?

 イノシシの研究を長年やってこられた東京農工大の神崎伸夫先生は、イノシシの個体数のおかしな変化に気づきました。島根県内では1970年代に入って、一気に個体数が増加し、分布を拡大しているのです。

 これはどういうことでしょう?

 そこで、捕まえたイノシシに発信器を取り付けて、イノシシの行動を追うことにしました。

 すると、イノシシは移動と定着を繰り返していたのです。つまり、A地区に10日ほど定着したら、その後移動して800m先のB地区に今度は20日間ほど定着、さらに1.5km離れたC地区に8日間定着する、…こんな具合なのです。この行動は性別や季節に関係ないこともわかりました。

 ではどんなところに定着しているのか、調べてみることにしました。

 すると、谷津田と呼ばれる谷沿いの水田放棄地が定着場所だったのです。そこはイノシシには絶好のすみかだったのです。

 谷沿いだから水は豊富にあります。そこにはイノシシの大好きなミミズやサワガニがいます。そして放棄地にはクズやワラビが生えるのですが、その根っこがまたイノシシの好物なのです。そしてススキも生えてきます。ススキはイノシシの巣材として利用されます。ネヤにも適しています。そして人も来ない。谷沿いの水田放棄地はまさにイノシシの楽園に近い条件を備えていたのです。

 神崎先生の研究によると、イノシシは9月頃に脂肪が少なくなります。その脂肪を補給する上で、一番効率的な食べ物はミミズなのですが、そのミミズは水田放棄地に一番多い。秋、イノシシは、放棄水田でミミズをあさります。そしてイノシシがふと目を上げると、そこにはイネの穂が風に揺らいでいる。お腹の空かしたイノシシに、トタンの柵や電気柵は無力です…。

 水田でのイノシシ被害はこうして起きるのではないか、神崎先生は推測しています。

 さて、これで70年代に入ってイノシシが急増した理由がわかりました。71年から始まった減反政策によって、まず第一に山間の効率の悪い水田が減反されました。そのような水田にはクズやワラビが侵入し、ススキも生えてきます。サワガニやミミズも得られます。水田は減反政策によってイノシシの楽園と化し、イノシシの個体数増加と分布の拡大につながっていったのです。

e0094349_197047.gif

イノシシは山間部でクズやヤマイモなどの根茎を掘って食べ、草地で山ミミズ(日向ではカンタロー)を掘り出して食べる。ドングリは季節性があるので、それが多いときはため食いするが、依存しているわけではなさそうである。アナグマがミミズを主食とするのは一年中安定している食料だからである。

山で林業(皆伐地と苗木の植林が餌場をつくったこと)にともなって増えた鹿と一緒に、麓で耕作放棄地の餌を求めてイノシシが里に降りてきている。そして、畜産農家が中山間部の放棄水田が多い地域に多く立地するようになったので、これらの野生動物と家畜の接触状態が急速に増加している。こういった状況の変化を認識した上で、行政が口蹄疫問題で野生動物の感染について当然注意するべきだったのに、しかるべき取り組みをしなかったことは残念なことである。

最後っ屁:鹿は林野庁の乱暴な林業政策で増え、イノシシは農水症の減反政策で増え、それぞれで被害が増えていることは皮肉なことである。その対策は典型的なマッチポンプ事業となっている。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-11 19:23 | 口蹄疫
<< 口蹄疫ウイルスの鹿の感染調査 海外のwagyu事情と種牛問題 >>