beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

チョウセンハマグリの加入状況と資源管理

平岩のハマグリ漁師のTさんのところに柏崎のハマグリ報告と益田市のアンダンテ21が出したチョウセンハマグリのレポートのコピーを持っていって、しばらく雑談してきました。小倉ヶ浜のチョウセンハマグリ漁は現在底をついているそうです。今は禁漁期ですが、以前から漁船がハマグリ漁に出ていないことは海岸でチェックして見ていました。

今世紀になってからの不漁続きを受けて、2006年に県の水産試験場が緊急資源調査をした時には稚貝の加入が相当な量で見られ、それが過去2008年までの漁獲を支えていたようです。しかし、昨年の夏に大量斃死があったりして、その後は今年にかけて全くの不漁のようです。

砂浜で干潮の時に潮が引いた砂の表面を見れば2~3才の稚貝が潜っている様子が目視でわかります。これがカラスと密漁者に狙われて、大きくなる前に減ってしまいます。おまけに海の中ではツメタガイやエイが狙っています。この浅瀬で育つ数年間を守ることが資源維持のキーポイントです。稚貝を種苗生産して放流する技術は割合簡単ですが、放流したらすぐカラスなどの餌食になりますので、効果が上がらないでしょう。

今朝の潮は早朝に引いていたので、砂の上に見られる稚貝の様子を見ておきました。2007年生まれの2-3センチクラスは相当高い密度ですが、2008年生まれ(1センチ前後)は見当たりません。2009年生まれは多分5ミリ未満で、前年組と一緒に沖のサンドバー周辺にいるかもしれません。

e0094349_18302624.jpg
e0094349_18303890.jpg
e0094349_18304824.jpg
e0094349_18305654.jpg
e0094349_1831292.jpg

小倉ヶ浜の潮間帯で数センチのチョウセンハマグリの稚貝が成育する奥行きは最大で100m幅、海岸線の長さが全長4キロ足らず。この場所で穴の分布密度を見ると1平方メートル当たり数十個体です。もし海岸線の全てでこのような密度であれば小倉ヶ浜全体で1000万個体レベルが成育中と計算されますが、実際は一桁低いでしょう。しかし、もしも現在100万の稚貝がいて、2~3年後に漁獲サイズになるまで10%生き残れば10万個で数千万円分になります。

資源動態を決める重要な情報となる死亡(生存)率のデータが全く得られていないので、資源管理もへったくれもないまま、乱獲で縮小再生産が起こっているのかどうかもわかりません。少し努力して稚貝加入の変動と死亡要因の追跡と見積もり、生存率の推定などを数値化すれば、何がどうなっているのかわかり、管理のポイントが見極められるはずです。肝心なことをやらずに形だけやっつけ調査をダラダラと長年やってから、今は何もやらないという状態です。何のために県に水産試験場があるのかわかりません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-18 18:46 | Meretrix ハマグリ
<< 2010年、宮崎で発生した口蹄... 九州のツキノワグマ >>