beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

砂浜海岸の上の河口変化

過去の空中写真で海岸の時代変化を読むと面白い発見があるが、その一つが砂浜の上で川の流路が変化し、河口の位置が変化し続けていることである。

小倉ヶ浜の「河川改修工事」が無意味な公共工事であることを市民の皆さんに理解してもらうために、昨日の現場写真の場所を空中写真で示して説明したい。ちなみに、明日の午前中に日向市の切2老人クラブで「奇跡の小倉ヶ浜」という講演をする予定なので、これも話題として付け加える予定である。

小倉ヶ浜上空から撮影された空中写真は1948年に米軍が撮影したものから、2000年の国土地理院の写真まで52年間に多数あるが、ごく最近の写真がない。ここでは26年間隔で、1948、1974、2000年の3枚から部分的にスキャンした画像に説明を加えた。北は上だが、撮影角度が写真ごとにわずかに違う。南北が約3キロの範囲を示している。
e0094349_7423389.jpg

(画像をクリックすれば大きく見えます)

赤岩川は、砂浜に流れ出る場所でゴルフ場が建設されて護岸で固定される前は南に大きく蛇行して吉野川と合流していたことがある(1948年)。

海岸林が砂丘の上に拡大されて砂浜が狭まったのは1970年代で、赤岩川の古い流路が海岸林の中に取り残され、湿地となっている。1974年の写真で植林中の区画がはっきり見える。

吉野川の河口でも砂浜に出た部分の植林で流路が南に曲がることが許されず、北に向かってから南に蛇行している。蛇行の屈曲位置が固定点で規制されているように見える。

2000年の吉野川は北に向かってやや直線的に砂浜の上を流れていた。その後の中間状態の写真はないが、2006年から現地で観察を続けているが、砂浜の上の流路が絶えず変化していることは明らかである。

最近は砂浜に出た場所から護岸の岸沿いに南下し、その後大きく蛇行して海に出ている。そこへ、「河川改修工事」が入って、流路の直線化、という全く無意味な、自然の力を無視した、公金の無駄遣い:工事のための工事をやっている。市役所には「土建化せんとイカン」と言う人がいるのだろう。

<追記>

空中写真を見ていて気が付いたのだが、吉野川河口部分で起こっている蛇行と流路の変化に平岩港の防波堤が影響を与えているかもしれない。防波堤の周辺では並みのエネルギーが減衰した場所に堆積が進んでいるため、船が通るときに危なくなって航路浚渫が行われている。

砂浜海岸の砂は流動循環していて「有限」で、堆積して溜まった分は別の場所から運ばれてきて足止めされたものである。そして、沖に突き出た堤防の先端部では、沖から岸に来る波浪を回折させるので、向かう進路が変わった波が通常の進路の波と重なりあって、場所によっては海岸に強く当たる:つまり侵食の力が働く。以上を踏まえて考えてみれば、川の流れが変わりながら侵食が起こっていることは防波堤の影響が大きいかもしれない。

たしか、最近になって、航路の堆積量を減らすために土木工事をやって、防波堤の形を変えたと聞いている。それに反応した砂が動きを変えたのかもしれない。工事の前後、特に最新の空中写真を見たいものである。砂浜海岸では一部をいじる、構造物で固めると、必ず別の場所に変化が起こる。それを是正しようとしてつぎはぎ対策を続け、砂浜全域がアウトになるケースが後を絶たない。土建屋さんは潤うが、地域の自然は壊れて市民の財産を失う。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-22 07:56 | 海岸
<< 口蹄疫の殺処分から救われた子牛... 川は一直線に流れるものと法律で... >>