beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

野生鹿の口蹄疫感染調査の情報

野生鹿の感染調査に備えて役に立ちそうな情報を集めているが、イギリスでは鹿の個体群の増大の結果生じる(口蹄疫に限らず)様々な人獣の感染症について鹿が関与する危険を認識し、その疫学調査について論じた論文のタイトルが見つかった。下がその論文要旨である。(本文の閲覧が有料なので著者にファイル送付の依頼メールを出した)

Wild deer as a source of infection for livestock and humans in the UK.
Böhm M, White PC, Chambers J, Smith L, Hutchings MR.
Vet J. 2007 Sep;174(2):260-76. Epub 2007 Jan 25.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17258479

Abstract
Wild deer can feature in the epidemiology of a wide range of livestock
and human diseases in the United Kingdom by representing a source
of disease via various transmission routes. This review highlights current
and possible future infections of deer in the UK which may have an impact
on livestock and/or human health. Increases in deer abundance as well
as range expansion are likely to exacerbate the potential for disease
persistence due to the formation of multi-species deer assemblages,
which may act as disease reservoirs. Climatic changes are likely to have
a direct impact on the presence and abundance of various pathogens
and their vectors, so that with a warming climate exotic diseases may
play a role in future UK livestock and wildlife disease management.
This paper highlights the need for a monitoring strategy for wildlife
diseases, in particular infections in wild deer, in the UK.

グーグル翻訳を元にして日本語を書き直してみた。上が機械翻訳で下が直してみたもの。

ワイルド鹿は家畜やイギリスでヒト疾患の広い範囲の疫学の様々な伝送路を介して病気の原因を表す機能することができます。このレビューは、英国のどの家畜に影響を与える可能性があります鹿の現在および将来の感染をハイライト/や人間の健康。鹿豊富に増加だけでなく、範囲の拡大は病気の貯水池として行動することが病気の永続性多種の形成のために鹿の群集の可能性を悪化させる可能性があります。気候変動は、プレゼンス、様々な病原体とそのベクトルの豊富に直接的な影響を持っている可能性が高いので、地球温暖化の気候エキゾチックな疾患は、将来、英国の家畜や野生動物の疾病管理の役割を果たすことではあります。本稿では、野生の鹿の特定の感染症では、英国の野生動物の病気の監視戦略の必要性を強調する。

英国における野生鹿は、様々な経路を介して広範囲にわたる家畜と人間の疫病の発生源となることで、疫学調査の対象として特筆されるべき存在です。この総説では、現在そして将来において家畜や人間の健康に強い影響が及ぶかも知れない鹿の感染を取り上げます。鹿の個体数の増加および生息範囲の拡大は、疾病が溜まりこむような複数種の野生鹿の集団を形成し、病気が持続する可能性を大きくする恐れがあります。気候変動が様々な病原体とその運び手の増加に直接影響する可能性が高いので、気候温暖化に伴って海外から侵入する疾患が将来的に英国の家畜と野生動物の疾病管理の中で存在感を増すでしょう。本稿では、英国の野生動物、特に野生鹿の感染症の監視戦略の必要性を中心に取り上げました。

学術的な論文要旨のような、抽象化と簡略化の権化となっている文章を機械翻訳で読むことはまずできないようである。この要旨では具体的なポイントを述べていないので、中身が見えない「悪い要約」となっている。

さて、口蹄疫に感染したイギリスの鹿(ニホンジカを含む)の外部症状の写真と説明文を自由に使ってよろしい、という許可が著者から来ている。その情報の元になった3論文は要約しか読んでいなかったので、改めて本文のファイルを著者Dr. Gibbs(現在フロリダ大学、副学長)にお願いしている。

ここでは論文タイトルだけ示しておく。

E. P. J. Gibbs, K. A. J. Herniman and M. J. P. Lawman 1975
Studies with foot-and-mouth disease virus in British deer (muntjac and sika) :
Clinical disease, recovery of virus and serological response
Journal of Comparative Pathology Volume 85, 361-366

A. J. Forman, E. P. J. Gibbs, D. J. Baber, K. A. J. Herniman and I. T. Barnett 1974
Studies with foot-and-mouth disease virus in British deer (red, fallow and roe) :
II. Recovery of virus and serological response
Journal of Comparative Pathology Volume 84, 221-229

Studies with foot-and-mouth disease virus in British deer (red, fallow
and roe) : 1. Clinical disease
A. J. Forman and E. P. J. Gibbs 1974
Journal of Comparative Pathology Volume 84, 215-220

依頼した論文が来るのを待ちながら、次回からのブログで、感染した鹿の画像の説明を少しずつ進めてみたい。
[PR]

by beachmollusc | 2010-07-25 09:52 | 口蹄疫
<< 野生動物と口蹄疫感染調査関係の... 口蹄疫の殺処分から救われた子牛... >>