beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

牛ウイルス病について鹿の抗体調査

e0094349_1454795.jpg

e0094349_14302634.jpg

口蹄疫ウイルスが野生動物に浸透した場合のリスクに関して県と国の対策本部が正面から取り組んでいないように思われる。その理由は、おそらく、過去にそのような事例がほとんど無く、特に重要な問題として認識していないのか、あるいは(妄想であるが)もし野生動物に抗体ができている(感染経歴がある)ことが確認されたらOIEでの清浄国認定に差し支えると考えているからであろうか。

牛にウイルス病を引き起こすウイルスは口蹄疫だけでなく、ブルータングなどOIEの世界中からの疫病発生にでてくる常連がある。イギリスではこのブルータング(血清型8)が長年尾を引いていて、DEFRAはその対応を厳しく批判されている。
BLUETONGUE in Britain
http://www.warmwell.com/bluetongueall.html

2007年9月に発生したブルータングは現在も継続中で制圧されておらず、2010年7月23日に83番目の経過報告が出ている。このウイルス病はヌカカ類がベクターとなっていて、その対策が極めて難しい。この状況はアフリカでマラリアが制圧できないことによく似ている。
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=single_report&pop=1&reportid=9533

日本でも、動衛研サイトで家畜の監視伝染病(届出伝染病)の一つである。
http://ss.niah.affrc.go.jp/disease/fact/27.html
この疫病は牛や山羊等では、一般的に症状が軽く不顕性感染率も高いらしい。

梁瀬 徹 , 加藤 友子 , 片桐 慶人 [他]
沖縄におけるオーストラリアヌカカCulicoides brevitarsisからのブルータングウイルスの分離
衛生動物 61(1), 85-91, 2010-03-15

日本のブルータングウイルスはイギリスのような悪質な型ではないらしいが、グローバル化の現在、いつ悪質なタイプがどこから侵入するか分からない。おまけに防疫対策が困難な相手であるから警戒が必要であろう。

口蹄疫に限らず野生動物の病原ウイルスから変異して人間に大きな影響を及ぼす新興感染症についても警戒が必要であることはSARS騒ぎの時に経験したはずである。
田口文広 (2003) SARS コロナウイルス  ウイルス, 53 (2), 201-209.
http://jsv.umin.jp/journal/v53-2pdf/virus53-2_201-209.pdf

野生動物として家畜に接触してウイルス病などを伝染させる可能性、つまり病原性ウイルスや細菌の疫学的調査は国の研究機関が正面から取り組むべき問題であろう。これは家畜だけでなく人間にとっても重要な課題であり、農水、環境、厚生労働の3つの省にまたがっていることから、国の問題として内閣が統括してやらねばおかしい。

論文検索で下の報告を見つけたが、日本のウイルス研究と専門家の能力水準は国際レベルであろう。それをもとにして、野生動物調査能力を改善して、この機会に口蹄疫についてしっかり調査してもらいたい。

今田 忠男 , 坪井 孝益 , 高橋 伸和 , 浜岡 隆文 , 播谷 亮 , 宮本 亨 , 村田 英雄
ニホンジカにおける8種類の牛ウイルスに対する抗体調査
Japanese journal of zoo and wildlife medicine 1(1), 42-44, 1996
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002683058

和文要約
<東北地方に生息する野生シカと飼育シカの血清(156例)について, 牛ウイルスに対する抗体保有状況を調査した。その結果, コロナ(95%), ロタ(45%), アカバネ病(38%), ブルータング(25%), パラインフルエンザ(18%), 牛下痢粘膜病(3%)および牛ヘルペス1型(1%)に対する抗体が検出され, 牛白血病ウイルスに対する抗体は検出されなかった。この地方においてウイルスレゼルボアとしてシカを認識する必要が示唆された。> 
〔本文閲覧は有料]

この調査報告で明らかにされたように野生の鹿は様々なウイルス病の貯留体ともなっていることで、接触すれば家畜に疫病を感染させる可能性があるだろう。同じような調査がイノシシなどにされているかどうかわからないが、似たような状況ではないだろうか。野生動物と家畜、ペット間の病原体の行ったり来たりの状況を把握しておくことは人間の健康に関しても大切である。例えば、狂犬病ウイルスが日本に侵入したら犬に留まらず、野生の狸やイタチ、アナグマなどに広がって手に負えなくなる恐れもあるだろう。

この国は、情けないくらい、敵の実態を知らずに戦争する癖が抜けていない。技術先進国であっても基礎的な自然科学、特に野生生物分野についての研究調査に国として投資していない後進国状態を改善してもらわねばならない。有害鳥獣対策でも経費の半分くらいは基礎研究につぎ込まなければ、いつまでたっても対症療法的なズルズルが続き、解決できないであろう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-01 14:05 | 口蹄疫
<< ミニスイレンの花 ツバメの大集合 >>