beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブルータングの講演(続きの4)

Live vaccine

The best vaccine is a modified or attenuated live virus vaccine because this most closely resembles a natural infection- it does give rise to a generalised infection with the vaccine virus but without any serious disease. The immune system is thus fully engaged and generates memory immune cells that ensure long lasting, life-time immunity and neutralising antibody. [There is no rational way to change the virulence factors of the BT virus because they are not known at present so there is a hit and miss method which involves passaging wild virus in tissue culture cells and checking it out in experimentally infected animals. Eventually a vaccine virus is produced, with a number of mutations fortuitously introduced that make it unlikely to cause any disease. This virus is stored] as a seed virus and then grown up to create doses of vaccine that each contain about 1 000 infectious viruses, this small dose is all that is needed to produce an infection and so result in vaccination. Modified live BT vaccines (MLV) have been generated and used in South Africa for about 50 years- bluetongue virus was isolated in 1902 and it has been worked on in S Africa for a century as domestic european ruminants particularly sheep could not be farmed. The S African BTV serotypes are endemic in wild ruminants such as wildebeast. The vaccine used in South Africa consists of 3 shots of pools of BTV modified live vaccine virus each pool containing 4 different serotypes of BTV so that the animal is immunised against 12 different serotypes of BTV. The BTV-8 MLV is too virulent (pathogenic) for N European sheep according to Pirbright when it is given as a mono-valent vaccine.

生ワクチン

最も優れたワクチンは(病原性を変えて)弱毒化された生きたウイルスからつくられたワクチンであるが、それは明らかな病状を起こさずに全身的な感染状態をもたらし、自然感染の状態にきわめて近いからである。それによって免疫システムが十分にできあがり、長期間作用することを可能にし、生涯を通じた免疫と中和抗体をもつような免疫記憶細胞が作り出される。BTウイルスの症状の強弱を左右する要因は現時点で解明されていないため、それを操作して変化させる道筋はない。現在は試行錯誤によって組織培養細胞の中に野生ウイルス株を入れ、実験的に感染させられた試験動物を使って検査する。そのようにした結果、偶然の突然変異が繰り返され、病原性を示す恐れがないワクチン用のウイルスが出来上がる。そのウイルスは種として保存され、それをもとに増やして1000個のウイルスを接種単位としたワクチンが生産される。この少量のウイルスは感染を起こすのに十分であるのでワクチンとなる。弱毒化された生BTワクチン(MLV)は、過去50年間、南アフリカで生産されて使われてきた。ブルータングウイルスは1902年に分離され、南アフリカでは過去1世紀にわたって研究が続けられているが、それはヨーロッパ産の反芻動物の家畜、特に羊が飼養できないからである。南アフリカのBTVの型は現地の野生の反芻動物(ヌー)などに固有のものである。南アフリカでは4つの血清型をまとめた弱毒化生ワクチンを3通り打って、合計12型のBTV に対して免疫を獲得させている。パーブライト研究所によると、BTV-8の生ワクチン(MLV)が単一抗原として接種された場合、北ヨーロッパ産の羊には病毒性が強すぎるそうである。

Advantages and disadvantages of live vaccines

A modified live vaccine for BTV-8 surely cannot be too long in coming, perhaps in 2009, but there are disadvantages to its use. The vaccinated ruminant can infect midges with the vaccine virus, [which could recombine with the wild BTV-8 or another BT virus. This happened when Israel was routinely using MLV to BTV-16 and when BTV-16 appeared in Italy it was found to be the same MLV as used in Israel brought over to Italy in a plume of infected C imicola midges.] BTV viruses grown and passaged in tissue culture have the property of crossing the placenta to infect and possibly damage or kill the foetus even if this does not usually occur as a property of the wild virus (the source of the vaccine). In the very young animal any maternal antibody still in circulation could neutralise the small vaccine dose of live virus so it does not take. Ideally an MLV would be given to animals greater than 3 months old, not pregnant and in a vector free period, say during the European winter. The advantage of a live vaccine virus is that only one dose would be needed to immunise an animal for life. I think we should look forward to using live vaccines if they can be attenuated to safe levels.

生ワクチンの利点と欠点

BTV-8 用の弱毒化生ワクチンは、それほど遠くない先の、多分2009年に用意されるだろう。しかし、それを使うには不利な点がある。ワクチンが接種された反芻動物がワクチン株のウイルスをヌカカに感染させ、BTV-8 やその他のBTウイルス株と遺伝子組み替えを起こしてしまう可能性がある。イスラエルでBTV-16 のMLVワクチンをルーチン化していたが、イタリアにブルータングが発生した時に分かったことは、イスラエルで使われたMLVに感染したヌカカC. imicolaの群れが飛来したものだった。組織培養で増殖してつくられたBTVのウイルス株は元の野生株と異なり、胎盤を透過する性質を獲得していて胎児を感染させてダメージを与え、死に至らしめることもある。ごく若い動物では母体由来の抗体が体内に流れていてワクチン接種された少量のウイルスを中和させるので効果がない。MLVは生後3ヶ月以上に育った動物に接種すること、妊娠していない時で、さらにヴェクターが活動していない冬に接種するのが理想的である。生ワクチンの利点は動物に生涯免疫を与えるために1回の接種で済むことである。今後、生ワクチンの安全性が十分になって使えるようになることを期待したい。

Inactivated vaccine

The quickest method to come by a vaccine is to make an inactivated vaccine. The virulent virus is grown up in culture then inactivated, by chemical means, whilst retaining its ability to induce protective neutralising antibody. The BT virus is very tough, having a double protein coat (the skin of the football) so it must be completely inactivated, whilst remaining undamaged so that it is still immunogenic. Both the inactivation of each vaccine batch and its immunogenicity must be checked out. This is the type of vaccine that should be ready to come on line in May this year produced by Intervet. However I believe it has been unnecessarily delayed. As soon as BTV-8 resurfaced in ruminants widely in Europe in July 2007 the race should have started to make a vaccine then. Pirbrights studies had shown the MLV serotype 8 to be too pathogenic to use. Inactivated vaccine has been used already in Europe for BTV-2, 4, 9 and 16. Unfortunately no government in Europe funded development of an inactivated BTV-8 vaccine and the EU itself did not because it was ‘old unexciting technology’, not sexy. Dr Laddomada, a commissioner and vet explained in Brussels that the EU had a policy not to fund this long established method of vaccine production. Hence the vaccine manufacturers refused to make any until orders were placed by governments as they had been caught out before over classical swine fever vaccine that they developed and was never bought or used. As it would be illegal to use BTV-8 vaccine unless it was specifically authorised in each country they could be caught out again. Countries placed orders so late that the 6 month lead up time to release will be difficult to meet even in May.

How do inactivated vaccines work? It is seemingly miraculous that a specific and focused immune response can be generated by introducing foreign protein from BTV-8 for example, by injection into the animals tissue at a point source even on a single occasion. In reality a sizeable amount of virus protein must be introduced, with adjuvents to enhance the immune response. Several billions of BTV-8 viruses must be inactivated to produce a single dose, hence the vaccine is more costly and it takes considerable manufacturing capacity to generate many millions of doses. The immune response to an inactivated virus is more limited than in the case of infection but the all important neutralizing antibody is made in response and some immune memory is generated. The neutralising antibody confers protection against infection with the wild BTV-8 virus.

不活化ワクチン

早期にワクチンを使いたい場合には不活化ワクチンをつくる方法がある。強毒性のウイルスを培養して増やし、中和抗体の形成を誘導させる能力を残しておいて、化学的処理で不活化する。BTウイルスは二重のタンパク質の保護膜を持っていてとても丈夫であるから、その保護膜を完全に壊し、残りは壊れないようにして免疫作用を維持させる。製造されたワクチンのひとまとまりごとに、発病させないこと、そして免疫誘導能力の両方を調べる必要がある。インターベット社が製造する不活化ワクチンが、今年(2008年)5月までには用意されるはずである。しかし、どうやらその予定が遅れているようである。2007年の7月にBTV-8がヨーロッパで広範囲に再発した時点でワクチン製造に取り掛かっているべきであった。パーブライト研究所の試験ではMLVの血清8型は病毒性が強すぎて使えなかった。BTV-2、4、9に対する不活化ワクチンはヨーロッパですでに使われていた。不幸にも、ヨーロッパのどの国もBTV-8用の不活化ワクチンの開発製造に資金を出さず、EUとしても「古臭い技術であり」魅力がないとした。ブリュッセル(EU本部)で、委員長で獣医のラドマダ博士は、EUではこのような古典的なワクチン製造には出資しない方針であると説明した。ワクチン製造会社は、豚コレラウイルスに対するワクチンを開発製造したのに、宙に浮いて、政府によって買い上げられて使われることがなかったことを理由に、正式な発注がない限り何も製造しないとしている。それぞれの国で特別に法的に認定されない限りBTV-8 ワクチンの使用は違法となるので、これもまた宙に浮く可能性がある。各国が発注した時期が遅れたので、6ヶ月の準備期間を経て出荷するために5月では間に合うかどうか難しい。

不活化ワクチンはどのように働くのだろう。BTV-8のような異物のタンパク質を動物組織にわずか1回だけ、とある点に注入し、的が決まった特定の免疫反応を引き起こすことができるのは奇跡的といってもよいだろう。実際にはかなりの量のタンパク質が必要となるし、免疫反応を強めるためのアジュバンド(補助剤)も用いられる。一回のワクチン接種のために不活化されたBTV-8 ウイルスとして数千億個が必要であって、百万単位のワクチンを製造するためには相当大規模な設備が使われるし、価格も高くなる。不活化されたウイルスに対する免疫反応は自然感染の場合に比べて制限されるが、重要な中和抗体はすべて作られ、免疫の記憶状態もある程度維持される。この中和抗体は野生株のBTV-8の感染から動物を守ることができる。


Advantages and disadvantages of inactivated vaccines

The disadvantage of inactivated vaccines (apart from the danger of incomplete inactivation) is that booster doses are needed to jog the immune memory and sustain a protective level of neutralising antibody. This would probably be annually in the case of BTV-8. Also large animals such as cattle especially bulls will need large amounts of virus protein and at least 2 doses, to prime and boost antibody to attain a protective level of neutralising antibody that would last as long as a year. It seems that a single dose will be enough to vaccinate sheep. There are several advantages in using inactivated vaccines. Normally neonatal and young animals respond well to inactivated vaccines even before all maternal antibody has waned. Inactivated vaccines are safe to use in pregnant animals (they don’t of course give rise to an infection so cannot infect and damage the foetus) and they can be used when the vector is active without danger of infecting the vector.

不活化ワクチンの利点と欠点

不活性が不完全となる危険を別にした不活化ワクチンの欠点は免疫記憶を駆動し、中和抗体を効果がある水準に保つためにブースター接種が必要になることである。BTV-8の場合、これはおそらく毎年必要となるだろう。また、大型の牛、特に牡牛では多量のタンパク質が必要となり、中和抗体を1年間防護できる水準に維持するように、初回とブースター抗体の少なくとも2回の接種が必要となる。羊では一回の接種で済みそうである。不活化ワクチンの利点としては、通常生まれたばかりや若い動物によく働き、母体由来の抗体が消え失せる前にも効果がある。妊娠中の動物に対して不活化ワクチンは安全で、母体が感染しないので胎児に感染することはない。さらに、ヴェクターに感染しないため、ヴェクターの活動期にも使用出来る。

What should be vaccinated and where

It will be necessary for us to vaccinate both sheep and cattle and all other susceptible ruminant species against BTV-8, both to prevent spread and to prevent disease so that all domestic ruminants are immune either as the result of infection or vaccination.

In Britain we have ten times as many sheep as any other North European country whilst having equal numbers of cattle to France or Germany.

England and Wales have ordered insufficient vaccine to vaccinate all susceptible domestic ruminants in 2008 and Scotland and N Ireland have ordered none at all.

Even in N Europe where so many adult cattle and somewhat less sheep have been infected, without vaccination, BTV-8 infection during 2008 will be little different to 2007 and continue to spread. This is because each year the number of new susceptibles added to the domestic ruminant population is about the same as the number of adults - these will be more than enough to sustain BTV-8 infection unless they are vaccinated. The level of immune ruminants, domestic and wild, should exceed 80% to stop the spread of BTV infection. In order to achieve this in the UK we would need to vaccinate I estimate at least 95% of all domestic ruminants, to take account of the unvaccinated wild ruminants and the vaccinated animals where the vaccine has not been successful.

何に対してワクチンが接種されるべきか、またその場所は

感染の拡大を止め、病気を抑えるためには、羊と牛はもちろん、他の全てのBTV-8に感染しうる反芻動物に対してワクチン接種が必要になるだろう。そうすれば自然感染かワクチン接種で全ての家畜の反芻動物に免疫ができるだろう。

イギリスには北ヨーロッパのどこの国よりも10倍も多い羊がいて、フランスやドイツと匹敵する数の牛がいる。

イングランドとウエールズは2008年に反芻動物の全てに接種するには不十分なワクチンを発注していて、スコットランドと北アイルランドでは全くしていない。

北ヨーロッパでも、非常に多数の成牛とそれよりやや少ない羊が感染した場所でワクチン接種が行われないと2008年の間にBTV-8は2007年と少しも変らずに広がるだろう。それは、毎年、新たに感染を受けるべき反芻動物の家畜の成体数が既存の数とほぼ同数であるからである。新たに加わる個体にワクチン接種しないでおくとBTV-8感染が維持されるに十分な数となる。BTV-8の感染の広がりを止めるには家畜と野生の反芻動物の8割以上に免疫が必要である。これをイギリスで実現させるために、ワクチン接種できない野生の反芻動物とワクチンの失敗率を考慮した自分の推定で、少なくとも95%の反芻動物の家畜にワクチン接種が必要である。

(まだ続く)
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-10 20:46 | 口蹄疫
<< ブルータングの講演(つづきの5) ブルータングの講演(続きの3) >>