beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブルータングの講演(つづきの5)

The rules and why we should change them
We shall be playing catch-up all through 2008 as vaccination will only begin in May at the earliest in the protection zone, and vaccination will be confined to the protection zone according to the rules. It is forbidden in the surveillance zone - so during 2008 vaccination will follow infection instead of preceding it. Vaccination will be incomplete because there is no mechanism to ensure all stock keepers will vaccinate all their stock; will you vaccinate all your lambs as well as ewes? It will take several weeks in cattle before vaccine is fully protective, perhaps 10 days in sheep, meanwhile infectious female midges will be actively spreading infection further afield. Infected herds and animals are much more widespread than realised from documenting only those herds with barn door clinical cases of infection.

ルールを変えなければならない理由

ワクチン接種は早くても5月から、ルールに従って保護区域の中に限って実施されるだろうということで、2008年を通してずっと追いかけっこになりそうである。調査区域内でのワクチン接種は禁止されているので、2008年のワクチン接種は先回りでなく感染の後追いになるだろう。所有者が全ての家畜に対してワクチン接種できるように仕組まれていない(親羊だけでなく子羊も全部一緒にワクチン接種できるのか)ので不完全な接種となる。牛ではワクチンが効果を示すまでに数週間かかるだろうし、羊でも多分10日くらいで、その間に感染したヌカカが野外で盛んに感染を広げ続けるだろう。畜舎で戸別に認められただけの感染・発症状況に比べ、実際に感染した家畜や(野生)動物はより広く分布している。

As the supply of BTV-8 vaccine will be limited during the summer of 2008 we should aim to vaccinate all domestic ruminants in Wales, Scotland, N Ireland and those parts of England not yet covered in autumn 2008 and winter 2009. The vaccination should be completed by Spring 2009 as there should be limitless supplies of vaccine by then. The extent of BTV-8 infection should be documented by testing animals for infection, the presence of virus RNA in the blood. Virus RNA remains present in blood long after infectivity has ceased because the virus is sequestered in red blood cells. Red blood cells have a lifespan of about 180 days, 6 months, in the blood stream before they are removed by the spleen. Sampling for antibody in vaccinees when they are vaccinated would be another way to document the extent of infection (before they could have responded to vaccination). There should be an ongoing statistical surveillance of this type to determine the extent of the protection zone.

2008年夏においてBTV-8ワクチンの供給量が限られていることから、ウエールズ、スコットランド、北アイルランド、そしてイングランドでまだ接種が行われていない所の全ての家畜反芻動物を目標にして2008年秋から2009年の冬にかけてワクチン接種を行うべきである。2009年の春には、その頃までに供給量が十分となるだろうから、ワクチン接種を完全に済ませておくべきである。血液中のウイルスRNAを検出し感染検査をすることでBTV-8 感染の範囲を記録する。このウイルスは赤血球細胞の中に潜むので、感染能が失われた後でも長期間ウイルスのRNAを血液中に見つけることができる。赤血球は血液流の中から脾臓で除去されるまでに180日、6ヶ月の寿命がある。ワクチン接種対象の動物について(ワクチン効果が出る前に行う)接種時の抽出抗体検査によって感染の広がりを調べる手法もある。このような統計的な疫学調査が保護区の範囲を設定するために続けられるべきである。

It is ridiculous to a virologist to make rules about not vaccinating in the surveillance zone or outside the surveillance zone in uninfected areas to prevent and block the spread of infection. We are back in the mid 20th century if we continue to act as though we are unable to diagnose virus infection unless we wait for a clinical case to take samples to the virology laboratory. That is the reason for the redundant rule that vaccination is not allowed in the surveillance zone. Why should we be afraid of using vaccination to prevent virus infection from spreading and establishing itself in new areas? Is this because of an unfounded suspicion that somehow vaccination allows animals to be infectious whilst concealing signs of clinical disease? I hope I have explained clearly to you how vaccination works against viruses and the powerful properties of neutralising antibody. Jenner who was a country doctor, a general practitioner, was the first person to use a live vaccine virus to protect humans against smallpox in 1876. The modified live vaccine virus was thought originally to be cowpox but mysteriously evolved into Vaccinia virus over the next two hundred years of medical use. The original live virus vaccine was taken from the udder of a cow called Blossom whose hide is framed and hangs on the library wall at St George’s Hospital where Jenner trained. Jenner foresaw and wrote that it would be possible to eradicate smallpox entirely from the world one day, and he was proven correct in 1977 when global eradication was declared complete. Global eradication would never have happened if each person had had to pay for their vaccine and their tests for smallpox.

感染拡大を予防・防止するためのワクチン接種を、調査区域の中そしてその外側の未感染区域で行うことを禁止している(現在の)ルールはウイルス学者から見て馬鹿げている。ウイルス感染症で症状が出るのを待って検体をウイルス検査のために採取して診断するようなやり方を続ける今の状況は20世紀半ばに戻ったのと同じである。それが調査区域でワクチン接種を禁ずるよけいな規則の根拠となっている。ウイルス感染が広がって新たな場所で発生することを防止するためのワクチン接種を、なぜ恐れるのだろうか。これは、ワクチン接種動物を症状の出ないままで感染させるようにするという根拠のない疑念のためだろうか。私はこれまでの話で、ワクチン接種がウイルスに対してどのように働き、中和抗体の強い性状について明確にしたつもりである。ジェンナーは田舎の医者で、一般臨床医であったが、1876年に天然痘から人間を守る生ワクチンを最初に使った人物である。その弱毒化された生ワクチンのウイルスは牛痘ウイルスであると思われていたが、不思議なことに、その後の200年にわたる医療の歴史で種痘(Vaccinia)ウイルスに変身している。最初の生ワクチンはBlossom(ハナコ)と言う名の牝牛の乳房から採取された。ハナコの毛皮はジェンナーが研修したセント・ジョージ病院の図書室の壁に飾られている。ジェンナーはいつか必ず世界中の天然痘が撲滅できると予言したが、1977年の(WHOによる)撲滅宣言で実現された。この世界的な撲滅は、もし人々が個人的に費用を負担して天然痘の感染試験とワクチン接種を受けていたら実現できなかっただろう。

Ruth Watkins - 22nd February 2008

ハナコの毛皮の写真
Monday, 1 February 2010
Blossom photoshoot
http://blog.ozkizil.com/
e0094349_1305623.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-08-11 13:02 | 口蹄疫
<< 牡蠣のヘルペスウイルス感染症 ブルータングの講演(続きの4) >>