beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

牡蠣のヘルペスウイルス感染症

牡蠣の新しい伝染病の話題は、先週のナショナル・ジオグラフィック・ニューズで取り上げられたが、2008年にフランスから始まり、最近イギリスに飛び火して感染が確認されていて、現在ヨーロッパの海で拡大中の牡蠣のヘルペスウイルス病について説明する。

ナショナル・ジオグラフィック・ニューズの一部を下に引用する。

Oyster Herpes: Latest Symptom of Global Warming?
Rachel Kaufman for National Geographic News
Published August 6, 2010

The New Oyster Herpes

Herpes-infected shellfish aren't new to science, but in 2008—the first year
a huge increase in mortality rates was detected in France—Ifremer
detected a new variation of the virus.

Like the other strains of herpes that affect mollusks, OsHV-1 μvar
attacks young oysters during breeding season, when the mollusks'
bodies are so focused on producing sperm and eggs that the oysters
have no energy to maintain an immune system, Renault said.

But OsHV-1 μvar is "more virulent than strains we identified before,
" Renault said, adding that the virus is so efficient at killing its hosts
that it can wipe out 80 percent of the oysters in a bed within a week.

That death rate is the only outward sign something's wrong, he added,
because a oyster herpes have no visible symptoms, and diagnosis is
possible only through lab testing.


<新規の牡蠣ヘルペス病>

 貝類がヘルペスウイルスに感染することは昔から知られている。しかし、2008年にフランスでそれによる死亡率が増大していることが初めて判明した。IFREMER(フランスの海洋・水産研究機関)は新しく変異したウイルスを確認した。
 (IFREMERの)ルノーによると、他のヘルペスウイルス株と同様、OsHV-1(カキ・ヘルペス・ウイルス-1変異株)は繁殖期に若いカキを攻撃する。繁殖期の貝は卵子と精子の生産でエネルギーを使い果たしていて免疫系を維持する余力を失っている。
 このウイルス変異株は「前に見つけている株より毒性が強い」、また、このウイルスは宿主を効率的に殺すので1週以内にカキ棚の80%を抹殺できる。
 この高い死亡率だけが、何か悪いことが起こっていることが外見から判断できる唯一の手がかりである。このヘルペスウイルスは特に眼に見える症状を出さないので実験室で試験しないと(感染が)診断できない。(
以上、意訳した)

例によってこれは地球温暖化に結び付けるにはもってこいの話題であるが、これはむしろ海の水質汚染がウイルスの変異をもたらした結果であろう。ヘルペスウイルスの類は海水中では常在性のウイルスであるが、新しく強毒化した株が出現し、温度が上昇して牡蠣が産卵した後に体力が弱った時期にホストを攻撃して殺すようになった「新変異株のウイルス」による新興感染症のようである。

影響を受けている牡蠣はマガキである。マガキは日本から欧米に種苗が供給されて移植された貝である。牡蠣は海のミルクと呼ばれているほど欧米で嗜好されている貝であり、フランスではマガキの養殖が盛んであるが、それが過去数年で壊滅状態に陥っているらしい。

フランスとEUからの情報を基にした日本の食品安全委員会から出ている情報:
食品安全委員会 食品安全関係情報詳細
欧州連合(EU)、カキヘルペスウイルス(OsHV-1 μvar)に関連したマガキ死亡率増加抑制対応策として理事会指令2006/88/ECの実施を定めた委員会規則を公表
資料日付 2010(平成22)年3月2日
http://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu03111090305

このヘルペスウイルスは人間の健康に影響がないので、ノロウイルスなどとは違って食品としての安全性について問題は生じない。しかし、養殖を壊滅させる強力な伝染病であるので、まるで口蹄疫問題の海洋版である。

イギリスではフランスからの飛び火感染を受けてテレビと新聞のニュースが出ている。

インデペンデント(新聞)サイトのニュース:
The Independent Home > Environment > Nature
http://www.independent.co.uk/environment/nature/herpes-outbreak-endangers-oysters-2034329.html

Herpes outbreak endangers oysters
By Jennifer Cockerell
Saturday, 24 July 2010

An outbreak of the herpes virus in oysters could be potentially "devastating"
for stocks of the shellfish, experts have warned.

Samples taken from the Pacific oyster species harvested off the coast
of Whitstable, Kent, have tested positive for the incurable Oyster
Herpesvirus type 1 (OsHV-1). It is the first time it has been detected
in stocks in the UK. It had previously been detected in France, Jersey
and Ireland.

The movement of oysters has now been banned in the area in an
effort to contain the outbreak, with The Swale, Thames and north
Kent coast within the inclusion zone. Inspectors from the Fish Health
Inspectorate investigated after the company Seasalter Shellfish
noticed a high mortality rate among its Pacific oyster stocks.
Its managing director John Bayes said he feared a "total wipeout"
of the shellfish.


<ヘルペス病の発生によるカキの危機>

専門家はカキのヘルペスウイルス病の発生が「資源破壊」を起こすかもしれないと警戒を呼びかけている。

ケント州のウイスタブル沿岸で収穫されたマガキの資料から、治療不能なカキ・ヘルペスウイルス1型の陽性反応があった。イギリスのカキ集団から最初の検出である。これはフランス、ジャーシーそしてアイルランドですでに見つかっている。

発生を抑えるため、スウェイル、テームスそして北ケントの海岸で隔離海域からのカキの移動が禁止された。魚類衛生検査所の検査官がシーソルター貝類会社で調査したところ、そのマガキ集団で高い死亡率を認めた。会社の支配人ジョン・べいズによれば、貝が全滅する恐れがあるという。


BBCでも同じ内容のニュースを流している:
BBC News  23 July 2010
Movement ban after virus is found in Kent oyster stocks

Fish health inspectors visited Seasalter Shellfish in Whitstable
The movement of oysters from parts of the Kent coast has been banned
after a form of herpes wiped out shellfish stocks at a Whitstable farm.

Fish health inspectors visited Seasalter Shellfish in the town after the
producer reported a high mortality rate in its Pacific oyster stocks.

They said samples tested positive for the OsHV-1 virus which has
decimated stocks in France in recent years.

A containment area has been declared in The Swale, Thames and
north Kent coast.

日本では野外で貝殻の採苗器を海中に垂下し、それに付着するカキの稚貝を育てる養殖が標準であるが、欧米のカキ養殖では屋内施設で産卵誘発させ、人工受精させ、発生した浮遊幼生を海水タンクに入れて給餌し、種苗生産を行うことが多い。その際にカキの浮遊幼生が大量死することが見られ、ヘルペスウイルスが関係することが多いらしい。ヘルペスウイルスの類は水温が高いと貝の細胞内で眠っていたものが急に増殖するようである。また、貝類がいる周囲の海水中に普通に漂っているものかもしれない。弱った個体を片付ける生態的な役割を持っているのだろうが、変異して強毒化すると密集して生息する貝類集団に疫病となって急速に破壊的な影響を及ぼすだろう。

愛媛県の真珠貝養殖で大量斃死が起こったことがあるが、ウイルス病だったはずである。以前、南太平洋で真珠貝各種の移植が盛んに行われ、それが疫病を誘発したことがある。

外見では症状が明らかでないウイルス性の伝染病の危険は不用意な「移植・放流」事業につきまとう。日本中にコイヘルペスウイルスの感染がすでに広がっているが、カキでも今回ヨーロッパで発生した強毒性のウイルスの侵入を許せば、養殖が地域的に壊滅する恐れがある。移植放流について防疫・検疫にあまりにも無頓着である水産庁を叩きなおす必要があるだろう。

IFREMERの研究グループが貝類のヘルペスウイルスに関する学会講演発表のスライドを公開している。
https://www.was.org/Documents/MeetingPresentations/AQUA2006/WA2006-789.pdf

Crassostrea gigas spat mortalities and oyster herpesvirus detection in France:
surveillance data from 1997 to 2005
C. Garcia, L. Miossec, I. Arzul, B. Chollet, C. François, J.P. Joly, M. Robert & T. Renault
AQUA2006, Firenze, Italy
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-11 14:56 | その他の貝類
<< 砂の収支、堆積と浸食 ブルータングの講演(つづきの5) >>