beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

イカリモンとハラビロ、砂浜のハンミョウ

日向市が2006年に刊行した「日向市史、自然編」の第6章、昆虫類の甲虫類の4番目にハンミョウ類が記載されています。(181-182頁)

先日、イカリモンハンミョウを撮影した際にこの本をチェックしたら、もう一種のハラビロハンミョウが小倉ヶ浜に生息している(河口付近にハラビロがいて、波打ち際にイカリモンが住み分けている)と書いてあったので、昨日も今日も探してみましたが、ハラビロは結局見つかりませんでした。

今朝のGIビーチで撮影したイカリモンです。
e0094349_9331083.jpg

塩見川から流れ出てきて波打ち際に打上げられたコアマモの周囲にいました。
波打ち際だけでなく、砂浜の全域に広く生息しています。
e0094349_9331722.jpg
e0094349_9332575.jpg


宮崎県のレッドデータによると、

イカリモンハンミョウ Cicindela anchoralis ハンミョウ科
準絶滅危惧(NT-g)
県内では、過去に広く分布、あるいは個体数が多かったと考えられるものが、分布域の一部において生息条件の悪化により絶滅したか、若しくは生息面積の減少や個体数の顕著な減少が見られるもの

ハラビロハンミョウ Cicindela sumatrensis niponensis ハンミョウ科
準絶滅危惧(NT-r)
県内では、もともと希であったものが、分布域の一部において個体数が顕著に減少しているもの    
 
両種とも県として「準絶滅危惧種」の認定を受けています。

宮崎県の総合博物館サイト:デジタルミュージアムのイカリモンハンミョウの説明:
http://www.miyazaki-archive.jp/d-museum/search/search/detail/?id=329
<かつて県内のほとんどの砂浜海岸に生息していましたが、護岸・堤防工事、港湾整備で砂浜が減ってきたため、現在は生息域が限定されています>

ハラビロは宮崎県では昔からレアものだったのが減った種ですが、イカリモンは普通にいたものが極端に減った種という違いがあります。どちらも珍種となっていて、昆虫マニア相手に標本を販売しているサイトがあります。

環境省のレッドデータではイカリモンが: 絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN) 、ハラビロが:絶滅危惧Ⅱ類(VU)とされていて、イカリモンがより絶滅の危機に近いとされています。

イカリモンがレッドデータに載っている県は:石川、大分、宮崎、鹿児島の4県のみです。

大分では蒲江町波当津に唯一の生息地がみられます。(大分県レッドデータ) 
http://www.pref.oita.jp/10550/reddata/data/text/371.pdf

鹿児島では志布志湾に生息している砂浜があり、さらに種子島でも見つかっているようです。
http://homepage3.nifty.com/trechinae/A_achoralis.htm
週末がさがさ団さんが写真をビシバシ撮っています。
http://gasagasa.dameda.net/shucho/2009/090912-1.htm

宮崎県では串間でも見られます。
くしまnコラム イカリモンハンミョウ 交尾中の写真があります。
http://www.kushiman.net/column/column10.htm

にらむしのすみか
http://homepage2.nifty.com/hanmyou/anchoralis.htm
ハンミョウ類の飼育をやっているハンミョウ類の専門サイト:幼虫の写真があります。

ハラビロは:新潟、石川、福井、鳥取、島根、長崎、(熊本、情報不足)、宮崎、鹿児島の9県ですから日本海沿岸に広く見られる希少種ということでしょう。

どちらも太平洋沿岸で高知より東に記載がないのは分布していないのか、あるいは沢山いるのでレッドデータに入っていないのか判別できませんが、砂浜海岸の環境破壊の「指標」種となりそうな昆虫ですので、生息・分布範囲が限られているのかもしれません。南方系の昆虫ですが、沖縄からの記録はなさそうです。

イカリモンハンミョウは分布北限地で、石川県の「天然記念物」に指定されています。

●石川県文化財保護審議会の審議結果について●
史跡名勝天然記念物(天然記念物)  平成15年12月22日 文化財課
   ・「イカリモンハンミョウ生息地」
http://www.pref.ishikawa.jp/kisya/h15kyoui/bunkazai/17-2.html

イカリモンハンミョウ生息地

所在地
 羽咋郡志賀町大島から羽咋市柴垣町
  (菱根川から柴垣(須田地区)までの海岸)
概要 
 イカリモンハンミョウは、昆虫綱 甲虫目 ハンミョウ科に属する昆虫で、インドシナ半島から中国南部・台湾を経て日本にまで分布する南方系の昆虫である。
 日本では、本州の石川県の能登半島、九州の宮崎・鹿児島(種子島を含む)の両県に隔離分布し、県のレッドデータブックでは絶滅危惧Ⅰ類に分類されている。
 石川県では、かつては、内灘町から羽咋市にかけての海岸砂丘地帯に生息していたが、近年、海岸線に沿って構築される護岸堤防や海岸への自動車乗り入れ等による環境変化により姿を消し、一時は絶滅したのではないかと危惧されていた。
  それが、現在では柴垣海岸から大島・甘田海岸までのごく限られた範囲で確認され、その後の調査により大島・甘田海岸にはかなりの数が生息していることが判明し、1998年(平成10年)に「大島・甘田海岸のイカリモンハンミョウ」として石川県の天然記念物に指定された。
 その後、羽咋市の柴垣海岸でも1999年(平成11年)から2003年(平成15年)にかけて調査が行われ、その結果、個体数の確認や生息環境が良好であることが確認された。
 この地域に生息するイカリモンハンミョウは、生物地理学的に南方系要素の北限分布としての意義が大きく、極めて貴重な種であることから、保存する価値を認め、指定地の追加及び指定名称の変更を行い、その保護を図るものである。

その他
  志賀町指定天然記念物(平成9年5月7日)→県指定(平成10年2月27日)
  羽咋市指定天然記念物(平成15年8月29日)→今回県指定


石川県の柴垣海岸から千里浜にかけての砂浜海岸にはチョウセンハマグリが生息しているので、数回現地訪問してサンプリングしています。
http://beachmollu.exblog.jp/1495388

<追記>

琉球大学理学部海洋自然科学科生物系の佐藤綾さんは海岸のハンミョウ類について分子系統地理学の研究成果を発表しています。
A. SATOH, T. SOTA, T. UÉDA, Y. ENOKIDO, J. C. PAIK, M. HORI  (2004)
Evolutionary history of coastal tiger beetles in Japan based on a comparative
phylogeography of four species.
Molecular Ecology, 13, 3057-3069

Aya Satoh and Michio Hori (2005)
Microhabitat segregation in larvae of six species of coastal tiger beetles in Japan
Ecological Research Volume 20, Number 2, 143-149

中国産のイカリモンハンミョウの記載があります。
A list of the tiger beetles of China (Coleóptera: Cicindelidae)
G SHOOK, J Wiesner - Fauna of China, 2006
http://www.asiabeetles.com/files/Shook_Wiesner2006.pdf

沖縄の砂浜にイカリモンがいたかどうか、佐藤さんに問い合わせてみましょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-19 10:16 | その他の昆虫
<< オレンジ色の百合 早朝でも暑い砂浜 >>