beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海に異変-カビがサンゴを食べている (2004年の原稿)

琉球大学で担当した専門講義、サンゴ礁の資源と環境保全、の中で取り上げたテーマの一つとしてサンゴ類の感染症がある。その情報を一般向けに啓蒙するべく「なるべく」わかりやすく砕いて作文し、月刊総合雑誌の編集担当に送ってみたが、どこも相手にしてくれなかった。その結果、原稿は日の目を見ないままである。

6年前の情報整理の成果であって、その後のフォローをきちんとやっていないでいるが、海における新興・日和見感染症問題は続いているようである。最近ヨーロッパで蔓延している牡蠣のヘルペス感染症もその新顔となっているので、現在フランス語の情報と格闘中である。水産でも畜産の口蹄疫と似たような、ウイルスなどによる感染症問題は少なくない。

下に前の没原稿を出しておくことにし、トピックごとに情報を追跡し、その後のフォローも書き加えたい。

元の原稿は雑誌用に縦書きにしたが、ここでは横書きである。
漢字の数字を書き換え、なるべく読みやすいように段落を再構成している。


海に異変、カビがサンゴを食べている (海洋汚染と日和見感染)

                           山口 正士

熱帯の海を彩るサンゴ礁、そのあくまでも澄み切った
コバルトグリーンに輝く海底からまるでサンゴたちの
もだえる声が響いて聞こえてくるような気がしてならない。

サンゴの大量死が近年になって繰り返されている。
沖縄ではサンゴの敵であるオニヒトデの大発生、
そして海水温度の上昇で起こった白化現象による
サンゴ類の死滅はすでに広く報道され、社会的関心
をかなり集めてきた。

しかし、その陰にかくれて日本ではほとんど報道も
されていないが、大西洋のカリブ海を中心に、何種類
ものサンゴの感染症がしだいに広がりをみせている。
そのため、サンゴの感染症問題についての本格的な
調査研究がアメリカ合衆国政府の海洋大気庁を中心に
一昨年から進められている。

「サンゴの病気」は太平洋のサンゴ礁ではそれほど
目だっているわけではない。しかし、これは大西洋の
サンゴ礁だけの「対岸の火事」ではなさそうである。
これから紹介する海外でのサンゴの異変、そして身近
な海で起こっている様々な異変を眺めわたすと、以前
とは質的に違った環境汚染問題が海の中で起こって
いるようにさえ思われる。

大西洋で起こっているサンゴの病気の病原体の由来
と感染の起こる詳しい背景などが、最近の調査研究で
ようやく明らかになってきているので、まずここでは
もっとも詳細に調べられている二つの代表的な病例を
中心にして話を進めたい。

アスペルギルス症 (ゴルゴニアン・サンゴのコウジカビ感染症) 

アスペルギルス症によるゴルゴニアンの大量死がカリブ海
一帯で十年くらい前から目立っている。これについてはコウ
ジカビの一種がサンゴ群体に付着して病原体となっている
ことが1996年に突き止められた。

ゴルゴニアンの仲間は宝石サンゴと同じ八方サンゴ類に
含まれている。その網目状で、波に揺られている大きな
団扇のような姿は、大西洋のサンゴ礁の水中景観の象徴
となっている。

コウジカビに取り付かれたゴルゴニアンサンゴの群体は
表面が紫色に変色し、組織がボロボロになって崩れ、
ついには全体が死滅することもある。カビの仲間である
水虫菌に取り付かれた人がそのために死んでしまうこと
はまずないだろうが、このケースではサンゴが生きたまま
カビの餌食となってしまっている。

コウジカビの仲間は昔から醤油や日本酒の醸造に
使われている重要なカビであって、鹿児島の焼酎や
沖縄の泡盛ではクロコウジカビが使われている。
この仲間は世界中の土壌中や分解中の植物体に185
種以上見られ、その内約20種が人間に対するいわゆる
「日和見感染症」を引き起こすといわれている。アレルギー
や急性中毒の健康被害を引き起こしている種類もある。

日和見感染症とは、人間の場合、通常の健康体であれば
感染しても発病しないが、免疫力が低下していると様々な
症状を引き起こすことであって、抵抗力の衰えている患者
などに感染した場合に重大な結果を招いている。

カビの胞子を大量に吸い込むと,さまざまなアレルギー病
を起こす恐れがあるが、その症状の重さは、吸い込んだ
側の「免疫反応」、つまり抗体の出来具合による。そのために
コウジカビは杜氏などの職業アレルギー病の原因ともなる。

人間だけでなく、抵抗力が衰えた鳥たちもコウジカビの仲間に
犯されて苦しむことが多い。動物園や水族館で飼育されている
ペンギンたちやワシ、タカなどの猛禽類が特にアスペルギルス
症を発病しやすく、飼育係を悩ませ続けている。

堆肥工場のコンポスト周辺で調べてみると、堆肥の熟成中に
周辺の空気中にコウジカビの胞子が大量に現れ、熟成が
終わると減少する。これからわかるように、コウジカビの仲間
は枯葉などの有機物を分解しながら大気中に大量の胞子を
出し続けている。

最強の発がん性自然毒、アフラトキシン

カビ毒の一種であるアフラトキシンB1を生産するのはコウジ
カビの仲間では数種だけである。しかし、この毒はラットにわずか
15 ppb(10億分の15の濃度)の投与で肝臓ガンを生じさせる。
それはDNAの働きを狂わせるもので、自然界で生物が生産する
ものでは最強の発ガン性物質とも言われている。

肝がんは高温多湿の地域である東南アジアとアフリカに多い。
幸い、日本産のコウジカビ類には深刻な毒素を生成するものは
発見されていない。輸入食品のナッツやトウモロコシなどの汚染
チェックを徹底すれば健康被害を未然に防ぐことができるはず
である。なお日本では食品中のアフラトキシンの許容量は10ppb
以下とされている。

サンゴに付着したカビの何が病気を引き起こしているのか、その
仕組みはまだ詳しくはわかっていない。同種のカビでも遺伝的な
型が異なっている特定の系統だけが病気を起こすことがわかって
いるが、その背景には、そのような系統のものだけが生産する毒性
物質があるらしい。

砂塵と一緒に運ばれているコウジカビ

ゴルゴニアンにアスペルギルス症を引き起こすコウジカビの由来に
ついては、アフリカの砂漠地帯から飛来した砂塵起源説が最近
提唱されている。

サハラ砂漠から強風で上空に巻き上げられた細かい砂塵がカリブ海
に大量に飛来していることが注目され、実際にその中から感染力の
ある生きた菌が見つかっている。

近年のアフリカ大陸の砂漠化の進行に伴って、飛来している砂塵量の
増加傾向がアスペルギルス症の増加と一致している。また、この説は
陸から離れている広い範囲のサンゴ礁でこの病気が起こっていることを
説明できる。

この砂塵説ではカビ以外にも様々な病原体や汚染物質が飛来し、
相乗効果での発病や他のサンゴの病気を起こしている可能性も疑われ
ている。それを検証するためにアメリカの研究者グループは、飛来して
いる砂塵の詳しい観測調査を精力的に続けている。

日本には季節的に中国大陸から大量の黄砂の飛来があるため、沖縄
沿岸のサンゴ礁でもカリブ海と似たような現象が起こっているかもしれ
ない。これについての調査・研究にはまだおそらく何も手がつけられて
いない。黄砂の影響については酸性雨関連の調査は行われているが、
一緒に飛来しているかもしれない潜在的な病原体、微生物やウイルス
の調査はなされていないようである。

沖縄や奄美のサンゴ礁ではオニヒトデの食害が過去三十年間も続いて
いる上に、1980年に初めて見られ、その後1983、1998、2001年と
いう具合に合計四回も繰り返された白化現象によるサンゴ類の斃死が
著しく、たとえ病気の影響があったとしても目立つはずがない。しかし、
最近では沖縄本島周辺にわずかに残っているサンゴに「腫瘍」らしき
病変が頻繁に見つかっている。

ヘラジカサンゴのセラチア感染症、別名(白痘)

ヘラジカの角に似た形の群体を作るミドリイシ属のサンゴの群体上で
白い斑紋ができ、それが広がりながらサンゴが死ぬ病気が1996年に
フロリダ南部のキーウエスト沖で最初に見つかった。これは「白痘」と
名づけられ、その後フロリダ半島沿岸部で蔓延している。追跡調査に
よって、1998年には調査地周辺でサンゴ群集が壊滅的となっていた
ことが明らかになった。

このサンゴはカリブ海の浅瀬で繁栄している種類であり、大西洋の
サンゴ礁では水中景観の中心となっているため、その死滅がもたらす
影響はとても大きい。

アメリカのジョージア大学の研究チームによって、この病原体の正体が
腸内細菌の一種、セラチア菌であることが一昨年に確認された。水質
汚染の影響が強いと思われる沿岸部でその被害が激しいことと、病原体
の遺伝子解析で陸上のものと一致したので、人間社会から出ている
排水中のセラチア菌による感染が疑われている。

セラチア菌は大腸菌と同様に人間を含む陸上動物の腸内などに普通に
住んでいるバクテリアである。水や土壌中にも広く分布しているが、一般
家庭で洗面台などの湿った場所ではびこると、それが色素を作るために
赤い膜が見えることがある。このバクテリアには塩分耐性があり、
海水中で生存できる。

セラチア菌は一般の健常者に対しては無害であるが、抵抗力が低下して
いる患者には様々な感染症を起こし、時に死因となることもある。

2002年1月、東京都内の病院でセラチア菌による院内感染患者の
集団発生による死亡(12名中7名)事故が発生した。それ以前にも
1999年に墨田区内の病院で発症者10名の内5名が死亡し、2000年に
大阪府の医療機関で15名の内8名が死亡した。

日和見感染症では、もともと身の回りのどこにでもあるようなバクテリア
(細菌)、カビ(菌類)、そして原生生物などが病原体に化け、抵抗力が
衰えている病人や弱者に襲いかかる。健常者は気にする必要は無い
とはいえ、健常者がいつどのように弱者の仲間入りするかはわからない。
また、環境の変化で一般人が事実上の弱者と化す可能性もある。
例えば日本人が熱帯地に旅行するとウイルス性や細菌性の下痢症に
かかりやすい。しかし、現地人の間ではそのような病原体に対する
抵抗力ができていることが普通である。

セラチア感染症でもアスペルギルス症でも、その正体はどこにでも
見られるありふれた微生物であった。ところで、ありふれた微生物と
いってもその遺伝的な系統によっては特定の毒素を生産するか
どうかの差異が見られることがある。

食中毒で有名になった大腸菌の中の一つの系統、O157は赤痢菌が
作るものと同じ毒素を作って激しい症状をもたらすが、それは毒素を
作る遺伝子が微生物間で、いわゆる遺伝子組み換えが起こって水平
伝播した結果ではないかと疑われている。サンゴのセラチア感染症では
何か特別な系統のものが働いているかどうかは不明である。

海水中の微生物集団

海水一リットル中に含まれている微生物の生息密度の値をおおまか
に見ると、菌類が10の6乗、バクテリアが9乗、ウイルスが10乗程度
あると見積もられている。つまり、ごく普通のきれいに見える海水でも、
コップ一杯の中には1億以上のバクテリアと10億ものウイルスが
含まれているものと見込まれる。人間が海水浴を楽しんでいる時に、
それと知らずに微小なプランクトンを多数飲み込んでいるはずだが、
実はそれだけでなく、無数のバクテリアやウイルスも一緒に入っている
はずである。

海の生態系でバクテリアやウイルスなどが非常に高い密度で存在して
いることはごく最近になって判明したことである。ただし、そのウイルスの
多くはバクテリアなどに寄生、共生しているものであり、状況に応じて
宿主の微生物を殺して増えるものでもある。

海水中には多種多様な数多くの微生物がいて、海産動植物は自分を
攻撃する可能性があるもの、つまり潜在的な病原体に常にさらされて
いるはずである。養殖されている海苔などの海藻には海水中の栄養素が
不足したりすると様々な病気が発生しやすい。

自然環境では、病原微生物に対抗する免疫細胞を持っていない海藻が
病気になるような事例は乏しい。その理由を調べた研究で、海藻が
化学的な防御物質を生産し、菌類の感染から身を守っている仕組みが
最近になって解明されている。

大小を問わず、あらゆる生物の間で化学物質を使う攻防、すなわち
「化学戦争」が海の中で絶えず行われているのである。我々人間が
利用している抗生物質とは、もともとカビがバクテリアの繁殖を阻害する
武器であった。

海の中で繰り広げられている微生物たちの間の化学戦争において、
人間が環境に垂れ流している多種多様な化学物質は、いったいどの
ような影響を及ぼしているものだろうか。

バクテリアとウイルスが共生しているところへ汚染化学物質を加えた実験
では、共生関係が崩れ、バクテリアを殺しながら増えたウイルスが海水中
に出てくることが観察されている。海水中に出たウイルス集団は「生存」し
続けるための次なる宿を探して色々な生物に取り付こうとするだろうが、
その間に何が起こっているのかはまだわかっていない。

(つづく)
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-31 09:14 | 環境保全
<< 海に異変(つづき) 北川ホタル博士育成講座 第4回 >>