beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海に異変(つづき)

海の水質汚染と感染症

病原微生物に対する抵抗力を失ってサンゴが発病している背景として水質
の悪化が示唆されているケースが多い。

サンゴのセラチア菌感染症は下水流出による水質汚染の直接的な影響が
疑われている。アスペルギルス症や昔から知られているサンゴの黒帯病
(シアノバクテリアを中心にした微生物複合体が病原)などでは、陸上から
流出している窒素の増加が発病を促す可能性が疑われ、海水中の窒素分
を増加させたらこれらの病気の感染率が高まったという実験結果が得られ
ている。

サンゴの白化・死滅現象では、動物であるサンゴの本体と、それと共生して
いる微細藻類との間で共生関係が壊れる。実際にその死滅への引き金を
引くのは高水温が持続するストレスである。しかし、サンゴの種類の違いや、
同じ種でも世代と年齢の違い、また生育している場所の環境で、死滅したり
耐えて生き残ったりする差がとても大きい。

実際に白化現象を見ていると、温度上昇が始まった後で、かなりの
潜伏期間を置いてから影響が表面化する。また、白化が繰り返し
起こった後に現れ育った新世代のサンゴは白化に耐性を獲得して
いるようでもある。これらの特徴は表面的にはウイルスによる感染症に
よく似ている。

サンゴ礁の海だけでなく、最近数十年間に海洋生物の大規模な感染症が
世界的に頻発している。日本では知られていないが、オーストラリア南部
のイワシの仲間のヘルペスウイルスによる大量斃死(1995年と1998年)は
特に際立っている。

最近日本でも鯉のヘルペスウイルス病が蔓延して大騒ぎとなったが、
養殖されてもいない魚が海の中でウイルス感染症で大量死していることは
まさに衝撃的である。南オーストラリアのイワシ漁業は主に日本で消費されて
いるミナミマグロの養殖産業(蓄養)のために、餌の供給を目的として
1991年に始められたものであるが、この大量死で一時的にイワシ資源量が
6割以上減少して餌の確保に困ったほどであった。

四国の宇和海では真珠養殖のアコヤガイでウイルス感染症による
大量斃死が続いている。この問題では病原体が判明する以前に、
貝の養殖場近辺でのフグ養殖の寄生虫防除のためのホルマリン
廃液が海中投棄されていたことが斃死の原因ではないかとも
疑われた。結果的には病死であろうが、ウイルス感染症が起こり
やすくなった背景に何らかの環境悪化の影響があったかもしれない。

有明海では地域特産の二枚貝のアゲマキやタイラギがほとんど消えて
騒がれたことが記憶に新しい。貝類の赤ちゃん、すなわち波間に数週間
漂う浮遊幼生にヘルペスウイルスの仲間が感染して死滅させることが
養殖施設内で起こっている。この問題は栄養不良や温度上昇などの
環境悪化、つまりストレスが引き金となっている。これから類推すれば、
もともと普通にいるバクテリアやウイルスなどによる海産動物の日和見
感染症が様々な環境悪化の進んだ海の中で広がっている可能性も
十分考えられる。

アサリは水質汚濁にとても強く、特に有機質汚染を浄化する高い能力を
買われて干潟の環境再生に用されようとしている。ところが、1990年代
以降、全国的にアサリ集団が急激に減少し漁獲量が急落している。全国で
1980年代半ばまで年間15万トン前後だった漁獲量が、最近は4万トンを
切っている。1990年代以降は輸入アサリが増え2001年の総輸入量は
7万5千トンとなり、それが日本国内の消費量の7割を占めている。

日本各地で水質汚濁や埋立てが激しかった時代をなんとか生き延び、
場所によってはその間漁獲量はむしろ増加していたアサリが、近年に
なって全国的に減少しているミステリーの背景には何があるだろうか。

海の哺乳類でも異変が続いている。1988年に北欧からイギリスに
かけてウイルスによるアザラシの大量斃死が起こったが、最近では
地中海などでもイルカやアザラシの病死が広がっていて、ウイルス
感染症が疑われている。哺乳動物の場合では、体内に蓄積された
まま残っている旧来型の環境汚染物質が免疫系を損ね、ウイルス
感染症を誘発している可能性が指摘されている。

カリフォルニア南部沿岸で下水中に含まれていた猫の糞由来の
原生生物、トキソプラズマが海に流れ出てラッコに感染し、死亡率が
高くなって問題となっているらしい。この病原体は人獣共通感染するが、
人間に感染した場合、妊婦経由で胎児に影響したり、免疫が低下した
人では深刻な日和見感染症が見られるという。

海洋汚染は過去の問題か

有名なレイチェル・カーソンの「沈黙の春」が1962年に出版された後、
環境保全の意識が高まった。日本では1971年に環境庁が設置され、
DDT など残留性・生物濃縮性の高い農薬の使用が禁止された。
水俣病やイタイイタイ病なども大きな教訓を残し、人間に直接影響する
水質汚染対策は急速に進んだ。その結果、最近では公害の時代はすでに
過去のものとなったとさえ感じている行政関係者は多いだろう。

工場廃水は規制され、都市部では下水処理もかなり普及していることは
事実である。ところが、陸上から海に流れ出る汚染物質は多様化しながら
増大している。

殺虫剤、殺菌剤、除草剤などがターゲットとしている駆除対象の昆虫、
雑草や微生物には薬剤耐性が急速に生じることが多いため、新しい
薬品が次々に開発されている。その間、過去の教訓から、人間に対して
毒性の低い化学物質が選ばれて登場し、毒性の強いものの多くは
退場している。そして1980年代以降は、生物濃縮が起こらないが
その反面「水に溶けて流れ出やすい」タイプの農薬への切り替えが
進んでいる。

農薬が短期間に分解して環境中に長く残らないことはよいことであろう。
ところが、新しいタイプの農薬について、非ターゲット生物、特に海産
生物に対する生態的な影響評価はほとんどなされていない。例えば
農薬検査所のホームページを見ても、水産生物に対する影響について
調べる対象として海の生物がなぜか見当たらない。

農業だけでなく、松枯れ対策やゴルフ場、公園緑地などの害虫駆除
でも広く使われている代表的な有機リン系殺虫剤、フェニトロチオンを
例にとってその実態を説明したい。

これは人間やイヌ、ネコなどに対する毒性は弱いが、水中生物全般に
対する毒性は強い。特にターゲットとなる昆虫とは類縁関係が近い
エビやカニの仲間に対する毒性は強烈である。エビ類で致死濃度
レベルは1リットル中に1マイクログラム、つまり10億分の1の濃度
である。DDTは水に対して事実上溶けない(1リットル中0.1ミリグラム
以下とされる)が、これは30ミリグラム程度まで溶ける。その飽和濃度
ではエビの致死濃度の1万倍くらいにもなる。

国立環境研究所の報告によれば、ある河川での連続的な調査期間中、
流域で農薬散布が行われたすぐ後で農薬各種の水中濃度が急上昇し、
水生昆虫などが強い影響を受けていた。その川の流水中で川エビの
飼育実験を続けた結果でも、農薬流出に伴ってその死亡が観察されて
いる。すなわち、単発的、短期的ではあるが、多くの水生生物に対して
致死濃度の農薬流出が断続的に起こっているものと思われる。

河川中で影響を及ぼした後で農薬はそのまま海に流れ出ているはず
であるが、その結末についての調査報告は見つからない。また、
松枯れ対策として海岸で松林に薬剤散布した場合にも沿岸生物に
影響を与えているだろうが、それについて調べた報告も見つからない。
一過性の影響で生物の死滅などの被害が起こっていても、被害者も
含めて証拠物件が現場に何も残留しないので、犯人がわからない
ひき逃げ事件のようになっているのだろう。

農薬散布というのは害虫や雑草の繁殖を抑える目的で行われるが、
それはまさに水中動植物でも繁殖活動が盛んな時期に行われている。
生理的に敏感な卵や子供時代、特に水中動物の発生中の卵は周囲
の水に直接さらされていて、より直接的に影響を受けているはずである。

生命機能に影響する物質が特定のターゲットを破壊する仕組みは
様々であるが、そのような化合物は生命維持のために働く各種の
酵素の働きを選択的に阻害し、細胞分裂で急速に繰り返される
DNAの複製や蛋白質の合成などを妨げる場合も多いだろう。
しかし、この観点から一般的な海の生物が新しいタイプの化学物質
から受ける影響についてはほとんど調べられていない。

近年の機械化、大規模化された農業では肥料を多く使っているので
その流出が顕著となり、地下水の窒素汚染などが表面化して問題と
なっている。また、都市部では一般家庭から下水に流されている
界面活性剤やその他の薬品類の種類と量の増加も著しい。

下水処理では有機物や細菌の部分的な除去に止まり、冬場に
生カキの食中毒を起こしているノロウイルスなどは処理されずに
通過しているし、大雨の時には未処理の汚染水が海に直接流れ
出ている。

海の見かけの汚さは1960年代にピークを迎えていたはずである。
自分自身の経験でも、40年前に東京湾の羽田沖で水面から手を
入れてみて指先が見えなかったほどの赤潮状態だったのが強く
印象に残っている。その後の状況は改善されてきたようであった
のだが、不思議なことに公害のピークが通り過ぎた後、1980年代に
至ってから全国的に河口干潟から様々な生物が消滅した。その中
で目立っていたのはハマグリ、シロウオ、アオギス、アサクサノリ
などである。埋立てなどの海岸工事ラッシュもこれに大きな影響を
及ぼしたに違いないが、河口干潟そのものが形は残っている場所
でもこれらが消滅している。

陸上起源の細菌類や菌類などが世界的に海で暴れているらしい
のはどうしてなのだろうか。これを考えていると沿岸部では海水中の
微生物を攻撃するウイルスが働かないような状態になっているの
だろうか、と疑いたくなる。70年以上前の話であるが、都市沿岸の
海水中に病原バクテリアがどのように分布しているのかを調べた
研究者がいた。その結果海の中に流れ出ているはずのバクテリアが
全く見つからないので、それは何故だろうと追求していてバクテリオ
ファージ(バクテリアを攻撃するウイルス、ファージと略される)の
存在がクローズアップされた。そこで、特定の病原菌を攻撃する
ファージを使って病気を直す方法が検討されたが、当時の実験
ではものにならなかった。ファージ療法は、その後の抗生物質の
発見と実用化が進んだおかげでほとんど見捨てられてしまった。

最近になって海水中のウイルスの存在が再びクローズアップされ、
その生態的な役割、つまりファージが海中のバクテリア集団を
制御する機能の重要性が再認識されている。バクテリアや
ウイルスはすべてが「人類の敵」といったようなイメージが
社会的に作り上げられているようだが、生態的な見方をすれば
人類の生存は微生物の世界と密接にリンクしていて、陸でも
海でも自然界には強い味方が満ちている。ところが我々は、
敵味方の区別なしに、化学物質を使ってすべてを「浄化」しようと
しているかのようである。

ワクチンや抗生物質の利用で、人類が感染症を制圧したという
重大な感違いが広がった直後の1980年代から新たに人の
免疫細胞を攻撃する厄介なウイルスが現れ、抗生物質の
効かない耐性菌が広がり、さらにSARSのような「新興感染症」が
次々に現れている。それと平行して海中生物に異変が起こって
きたのは単なる偶然であろうか。

これまで述べてきたように、海で様々な「日和見感染症」のような
異変が頻発している事態は、陸上から流出している汚染物質や
環境負荷の影響を強く示唆している。その背景として、例えて
言えば、沿岸生態系が「免疫不全状態」に陥っていて、
ごくありふれた微生物が暴れだし、運の悪い生き物が痛めつけ
られているようにも見える。表面に出ている症状はほんの一部で、
サンゴのようには世間の注目を集めない多くの海産生物にも
影響を受けているものは少なくないに違いない。

海辺の健康管理をこれまで長い間放置してきた「つけ」はかなり
溜まってしまっている。日本では水産と環境の縦割り行政の
狭間で海辺の自然環境と生態系を守る行政上の主体が
事実上不在のままであった。

スキューバ潜水の開祖のクストーが、海中の世界を「沈黙の世界」
というタイトルで紹介したのは五十年前のことであった。実際の海には
動物たちの出す実に様々な音が満ち満ちているが、それが文字通り
「沈黙の世界」になってしまわないようにするために、サンゴたちが
苦しんで出している悲鳴を先触れとして聞きのがしてはならない。

この文では情報源である学術論文などを文中で示していないが、筆者のホーム
ページで「サンゴの病気」についてまとめた頁に情報源を示してあるので、より深く
知りたい読者は参照してください。
(学内サーバーから削除されホームページは閉鎖されました)
http://www.cc.u-ryukyu.ac.jp/~coral/


(final version 2004.06.06) 
[PR]

by beachmollusc | 2010-08-31 09:16 | 環境保全
<< お散歩仲間 海に異変-カビがサンゴを食べて... >>