beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アンドンクラゲの発生

2回目の産卵で誕生したプラヌラの様子がおかしく、発生状況から判断して未熟卵だったらしいので、3度目の産卵を期待して30日の夜も庵川の漁港でアンドンクラゲの灯火採集をしました。

午後7時から8時までの間に7個体採集、その中からメスが1個体放卵し、オス3個体が放精しました。
今回は顕微鏡の下で観察しながら授精して受精卵が卵割を始めるまでの時間を見ました。

授精から丁度1時間後に狙ってみていた卵が2細胞に分かれた瞬間をモニターで見ることができました。
e0094349_1975043.jpg

受精卵は不透明になってしまって、透過光で観察するのが難しくなります。
ヒトデやウニ類などの卵は極めて透明なので卵内の変化がよく見えますが、立方クラゲの発生は残念ながらそのままでは見えません。

生活史を見るために、幼生からポリプへ飼育が目的であって、発生の詳細観察は自分ではやりません。

顕微鏡にデジカメを付け、その映像出力をビデオモニターで眺めるシステムです。
e0094349_194687.jpg

オーストラリアで1976年に購入したスイス製の顕微鏡WILD M11がまだ現役です。
ただし、顕微鏡の対物レンズはオリンパス製の焦点距離が長い特殊レンズを使用しています。
(生きている被写体を観察用セル内に保持するのでレンズと被写体の距離を確保)

デジカメを顕微鏡に接続して撮影する優れもののシステムは、マイクロネット社の製品を長年愛用しています。
http://www.microscope-net.com/
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-01 19:13 | 立方クラゲ Cubozoa
<< 蕎麦打ち バームが消えた砂浜 >>