beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

スナヒトデの姿態

今朝6時、日の出とほぼ同時にGIビーチに出かけました。
波が全く出ていないので、週末でもサーファーはゼロ。

凪であり、潮が大きくひいて、砂浜の潮間帯がいつもよりかなり沖まで露出していました。
このような時は普段見られない潮間帯下部の住民がゆっくり観察できます。

今月26,27日に島根県益田市の中学校における出前授業で、テーマはチョウセンハマグリの敵について、とします。

益田海岸のチョウセンハマグリは潮の干満差が小さい日本海の環境で育つので日向のチョウセンハマグリと少し違いますが、色々な自然の天敵がいるだけでなく、人間という最強で最悪の敵がいることは共通です。

パワポスライドで様々な天敵のシリーズを作っているところで、今朝はピッタンコの映像ができました。

まずはじめは砂の上に露出しているスナヒトデです。1円玉の直径は2センチ丁度。
e0094349_8544052.jpg

このヒトデも、モミジガイと同様にチョウセンハマグリの小さい貝を丸呑みすると思います。

鹿児島県阿久根の脇本海岸で撮影した、稚貝を丸呑みしたモミジガイの映像は過去ブログでどうぞ。
モミジガイの餌食となったチョウセンハマグリ:http://beachmollu.exblog.jp/9870984

ヒトデに食われた貝には穴が開いていません。

下の写真はスナヒトデの近くにあったチョウセンハマグリの死殻ですが、おそらく食われたばかりでしょう。
e0094349_90305.jpg

スナヒトデは普段は砂の中で暮しているはずですが、潮が引いた時にヒトデの姿が浮き上がって見えます。

下の写真で本体がどちらかわかりますか。
e0094349_921711.jpg

干潮の間に移動する連中が歩いたら足跡が残ります。
e0094349_93136.jpg

間抜けな奴は波によって浜に打上げられて、そのままお陀仏となります。
e0094349_94536.jpg

海岸に時々干からびたヒトデが見られるのは間抜けヒトデの成れの果てでしょう。

ヒトデが歩くときに使うのが管足です。腕の下に2列に並んでいる筋肉の管です。

カラスにいじめられてひっくり返された被害者ヒトデが、腕を反転させながら地面に管足をつけて起き上がろうとしていました。
e0094349_912302.jpg

e0094349_974594.jpg

カラスの足跡がはっきり見えるところでヒトデがいたぶられた様子がわかります。
e0094349_9114454.jpg

e0094349_9121894.jpg

カラスがヒトデ(モミジガイ)の内臓を食べた証拠写真も過去ブログにてどうぞ。
カラスがヒトデを食べた!:http://beachmollu.exblog.jp/9695944

今朝はカラスが大勢でGIビーチに来ていました。
卵の殻やナスビ、ミカンなどが浜に転がっていたので、ビーチパーティだったようです。
e0094349_915216.jpg

e0094349_9145229.jpg

ミッキーが近寄って一緒に遊ぼうというのを嫌って、塩見川の向こう岸に移動してしまいました。
e0094349_9155749.jpg

望遠レンズ付きの1眼レフは家に置いたままだったのでコンデジで撮影しました。

カラスたちは面白い被写体なので、いずれミッキーが遊びつかれてから後の時間でゆっくり撮影します。
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-16 09:18 | 海岸
<< モミジカラスウリの実など 高速道路の謎のパネル >>