beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向市の天然記念物の残骸

今年、産卵期前頃にGIビーチに大きなウミガメの死骸が打ち上げられていたことはブログで紹介していません。死後時間が経過したもので腐っていたため、いわゆる腐乱状態でした。近寄りたくない相手だったので写真も撮っておらず、地元のウミガメ愛護団体メンバーである天敵さんに通報し、市役所と一緒に「善処」するようにお願いしました。

アカウミガメの産卵地は日向灘全域の砂浜にあり、宮崎県はそのほとんどの場所について「天然記念物」に指定しています。ところが日向市は独自路線を突っ走っていて、別途、わざわざ、なぜか、市の指定天然記念物にしています。日向の謎には色々ありますが、これもその一つです。天敵さんに聞いても理由は不明です。

日向市認定のウミガメ愛護団体は毎年「すべての」アカウミガメの卵を掘り出して数を数えて、嵐でも海水が届かない陸に近い場所に移動させて埋めています。

卵の上下を変えると肺発生に悪影響が出たり、砂の湿度が低いと呼吸に影響し、砂中温度が変わると性別に影響が出ることなど、全くお構いなしです。5年や10年に一度の大嵐の波で卵が海水をかぶると大変だから、それから守るつもりの「保護」のようです。もちろん、活動成果として移動させた卵の数を堂々と発表しています。それを見た宮崎市のHさんは「100%移動させていますよ!」と感激していました。

産卵場所の邪魔となっているコンクリート護岸の撤去運動の先頭に立って活動するなら「野生動物保護」といえますが、卵をいじくりまわすことが「保護」と勘違いした「愛誤」にすぎません。

市役所の担当、多分「教育委員会、文化財」の係は市の天然記念物であるウミガメに興味を示さないようで、産卵期に愛護団体の「保護」活動現場の監督に一度も足を運んでいないそうです。なにしろ早朝ですので時間外手当が出ない仕事には出かけない、という話かもしれません。2-3年で担当は交代だし、愛護団体に丸投げしておくだけ、わずかな補助金を出して、年度末に報告書を受け取るだけの簡単な仕事です。テゲテゲ!

ところが天然記念物の死骸が出ると大変です。今年の担当は不運にもドデカイ腐乱死体と格闘する運命が待ち受けていました。ウミガメの死骸は埋設することになっているそうです。埋めたら仕事はおしまいか?

穴を掘って埋める作業の立会い見学はしませんでしたが、掘って埋めた場所はすぐわかります。死骸を移動させるのが嫌だったらしく、波打ち際の満潮線のところ、すなわち打上げられていた場所のすぐ脇でした。深い穴を掘った形跡もないし、大きな波で一発だな、と予想していたところ、9月の時化で出てきました、バラバラの甲羅の残骸が!

ミッキーはカメの甲羅の残骸にとても強く興味を示します。広く散乱した破片を見つけると口にくわえてうれしそうにします。牛の蹄をおもちゃに与えているのですが、それと感触が似ているからでしょう。

破片はすでに綺麗になっているので特に問題はありませんが、なにしろ天然記念物の成れの果てですから、粗末にしたら罰則!があるはずです。砂をかけて隠してもあまり効果がないようです。
e0094349_15395388.jpg
e0094349_1540135.jpg

はてさて、どうしたらよいでしょう。テゲテゲ担当に通報して「善処」してもらいましょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2010-10-19 15:42 | ウミガメ
<< GIビーチの"dis... 秋の鮮やかな花 >>