beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ヤグラの消滅

天敵さんが苦労して建設したモニュメント、誰のために何のために建てられたのか意味不明(本人いわく、目立てばいいんでしょ)の構造物が家の裏の土地(借地)から消えました。

種から3年育て、大きく育ったポポーの苗33本を来春にも植栽するべき場所を考えた結果、ヤグラの場所を使いたい、そしてヤグラの材木が腐りかかっていて危険な構造物となっていたためです。

設計・建設理念?が立派なテゲテゲだったので、その存在は人目を引きましたが、利用者(上に登った人)数は建設後3年で、のべ(本人をのぞき)年間数名程度という低い利用率でした。美里町西郷区にある、山上のモニュメント(夢開の塔)に匹敵する利用率でしょうか。

ポポーの農園はサルナシ・マタタビの栽培とドッキングしています。ポポーの木質が風に弱いのでサルナシ類の植栽ゾーンが防風帯を兼ねています。

アメリカ南東部(宮崎県と似た気候帯)原産のポポーは、文献によると、森林の中で高木に囲まれて育つ中位の樹種のようです。苗は紫外線に弱いので、実生苗の栽培の最初の数年間は直射日光を避けるそうです。ポポーが風に弱いことも、おそらく他の樹木が風を受けてくれる環境で育つことだろうと想像しています。

ポポーの栽培が日本で普及しなかった事には色々な理由があったと思いますが、アメリカでは育種・品種改良が進んでいて、タバコ栽培の代替作物としてポポー果樹園の普及が南部諸州で進められています。

宮崎県でも全国一の規模のタバコ栽培は頭打ちから減産が進むでしょうから、今のうちに代替作物栽培の研究に取り組むべきです。テゲテゲ農事試験場による、サルナシ類には眼もくれず、ポポーってなんね?では困ります。県の農林水産分野の試験研究の成果報告書をオンラインで見ると、悲しくなります。

サルナシ類の栽培理念については過去ブログをどうぞ。

宮崎県の山間部の農地保全と蔓性果樹、特にサルナシ類
http://beachmollu.exblog.jp/10747041

さて、天敵タワーですが、20日開始で翌21日までの二日間に解体が終わりました。
解体中の経過をほとんど撮影していなかったのが少しだけ惜しまれます。

20日の天辺が取り除かれた時の様子です。
e0094349_8254699.jpg

本日(25日)朝の様子は下の写真の通りで、綺麗になっています。

タワーのあった場所には草が残っています。

切り株の除去とヤグラ解体作業中に巻き添えにならないように枠でガードしておいた山桜とダラの木は無事でした。伐採後に自分達で勝手に育ってきた樹木達です。このような樹木は育つのに時間がかかるので、移植を視野に入れて、大切に守ってきました。
e0094349_82799.jpg

杉の切り株をユンボで抜き取ったものを山積みした様子(20日)は下の写真です。
e0094349_830816.jpg

今朝までにヤグラの廃材で燃やした姿、焼け跡が下のようになりました。
e0094349_831595.jpg
e0094349_832854.jpg

切り開いた地面を見てまわると、あちこちにモグラさんたちの活動した痕跡が残されていました。
e0094349_8335098.jpg

サルナシの苗を植えた場所でもトンネル作業をされているようです。
e0094349_8342978.jpg

苗が傷む恐れがありますので、対策を考えます。

タワーの跡地などで、ユンボが入れなかった場所に切り株がまだかなり残っています。

通路として邪魔な位置の切り株を取り除くために、株の周りを掘ってみました。
e0094349_8365074.jpg

杉の切り株は垂直方向に根っこが伸びていないので、水平方向の根株を切断して簡単に取り除くことができます。しかし、掘ることは簡単でも、切断作業中の腰痛の再発の危険があるため中止しました。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-25 08:38 | 日記
<< 岩礁海岸で咲いている黄菊、白菊 海岸で花盛り >>