beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

日向市から宮崎市青島までのドライブ

東九州自動車道の未完成区間の一つ日向市と門川町の間が開通するまであと4日となりました。これが開通すると日向市から北へ向かう延岡方面が若干早くなり、しかも無料開放実験区間となるので門川町内を通る片道1車線の国道10号の渋滞が少しだけ解消されるでしょう。ただし、延岡から北の大分県佐伯との間はまだ数年後の開通予定のようです。

日向市から南へ宮崎市に向かう区間は高鍋まで未完成です。高鍋は日向市と青島の中間点にあって、ドライブ中にちょっと休憩するポイントとしています。国道10号と220号で日向市から青島まで渋滞がなければ約80キロを2時間で走ります。

自動車道の高鍋と西都の間が最近開通し、そして無料化となり、一ツ瀬川の10号線・日向大橋の最大のネックである渋滞が改善されるように思えます。新富町から宮崎市(佐土原)に入る、この日向大橋は複線化工事が進められているようですが、完成はかなり先になりそうです。

宮崎市内の渋滞は一ツ葉有料道路で海岸沿いを走り、大淀川をまたぎ、空港の脇を抜けて220号線に出る道をとれば避けることができます。しかし、北線と南線が直結していないままの、世にも不思議な有料道路です。東九州自動車道の西都・高鍋間の完成で北線の存在意義(宮崎市の市街地をバイパスすること)は薄れています。

西都ICから宮崎ICまで走るためには、清武JCTから宮崎自動車道を走らなければならず、1区間だけ有料となっています。料金は300円で一ツ葉の南北合計400円より安くなり、運転時間も10分程短縮できます。

さて、本日は西都ICからの二度目の自動車道利用で青島までドライブしました。西都までは広域農道と県道40号線で都農、川南、木城経由です。農道沿いの黒木巌さん宅に立ち寄り、直販店で野菜などを購入するため、国道10号から行きませんでした。

デジカメには撮影時間が記録されるので、要所要所でシャッターを切って撮影してみました。ピントが合わないのは走りながらの撮影なのでしかたありません。両手のハンドルは放さずカメラのシャッターを押すという技を磨きました。写真は適当にクロップしています。

午前9時に出て買い物で道草しながら、高鍋ICまでの所要時間は1時間ちょうどでした。農道から40号線を尾鈴山の山麓を走っていたら、現在工事中の東自動車道と2回交差しました(写真は09:51)。
e0094349_19182243.jpg

路上には数箇所に切原ダム建設反対の看板が見られます。川南町と県は口蹄疫にやられて財政が悪化しているはずですが、この農業用ダムの関連負担に耐えることができるのでしょうか。
e0094349_19235169.jpg

木城町に入ると自動車道に「誘導するサインがありました(09:55)。
e0094349_19261349.jpg

小丸川沿いに東に向かい、自動車道に出ます(09:58, 09:59)
e0094349_19273822.jpg
e0094349_19274916.jpg

インターに入って自動車道のスタート(10:00ジャスト)
e0094349_1929226.jpg

宮崎までの走行距離が看板に出ていました。
e0094349_19295781.jpg

先行するトラックが超安全運転で、制限速度の70キロより10キロ低い速度でした。

おかげで、追い越し路線区間があるところで後続車のダッシュが続きました。

新富町に入ったのが10:05です。
e0094349_19325779.jpg

前回の通行時に見つけた「わき見注意」の大きな看板を撮影しておきました。
新富町の新田原(にゅうたばる)基地のジェットが低空で飛ぶので、それに気がとられるためです。今回は飛んでいませんでしたが、前回はジェットと立体交差しました。沖縄の嘉手納基地脇の国道58号にもこのような看板が必要かもしれません(10:08)。
e0094349_19355854.jpg

西都市に入り、西都ICのところを通過したのは10:10でした。
e0094349_19372368.jpg
e0094349_19373277.jpg

西都を抜けて次は国富町に入ります。この自動車道はかなり内陸部を走っています(10:16)。
e0094349_19385685.jpg

続いて大淀川を渡って宮崎市に入り、宮崎西ICは10:25に通過。
e0094349_19445095.jpg

清武ICは10:31に通過。
e0094349_19461729.jpg

終点の宮崎出口が近づき、料金所には10:37に到着。
e0094349_19481874.jpg

料金300円を払って自動車道から出るとすぐ、一ツ葉道路との複雑で危険な合流場所があります。
e0094349_19494680.jpg
e0094349_19495768.jpg

国道220号線に合流し、空港入り口の分岐点を10:40に通過。
e0094349_19514482.jpg
e0094349_19515325.jpg

この国道220号線は時速制限で60キロとなっていますが、事実上高速道路並みなので、皆さん80キロ以上で走っています。道路標識にわざわざ「この道路は高速道路ではありません」と書いたものがあるのが笑えます(一ツ葉道路にも同じことが書かれた標識があります)。

ところが、面白いことに、運動公園付近から「突然」50キロ制限になっています。
e0094349_1956857.jpg

これを見落としてスピードを緩めない間抜けなドライバーが、いつも速度違反で捕まっている場所が数箇所あります。路上にも大きく50キロと書いてあるのですが、スピードを落とさなければならないような道路状況ではないので、警察の「お気に入り」の稼ぎ場所となっているようです。

この道を走っていると上空を二羽の(コブ)ハクチョウが飛んで横切りました。
あっという間で、写真には撮れていません。

運動公園を10:44に通過、青島街道(旧国道)に10:48 に入りました。
e0094349_1959492.jpg
e0094349_200515.jpg

南宮崎から日南・志布志方面に向かうJR日南線のこどもの国駅を10:49に通過。
10:50に目的地の青島に着きました。
e0094349_2035661.jpg
e0094349_2041010.jpg

買い物の寄り道をせず、最初から国道10号線で進んでいたら、10分以上前に着いていたはずです。
つまり、日向市から青島までの正味運転時間として、一ツ葉道路経由よりも高鍋から自動車道を利用した方が(120分対100分で)20分程度短くなるようです。

高鍋から日向市まで自動車道が完成する数年後には90分で青島までの片道ドライブとなるでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2010-11-30 20:10 | 日記
<< 鹿島灘産のチョウセンハマグリの... パッションフルーツの冬支度 >>