beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

パッッションフルーツ温室が完成

沖縄で暮していた時は、庭に植えたパッションフルーツの蔓を伸びるだけ伸ばして、二階の屋根まで広げ、ものすごい大きさに育てていました。その結果、特に世話をしないままで大量に果実が収穫でき、皆さんにおすそわけして喜ばれました。

宮崎県に移住してからも、このパッションフルーツの香りが忘れられないので、最初の年に路地で越冬できるかどうか試験してみて全滅し、栽培は無理と思われました。

その後、代わりに同じトケイソウの仲間で、温帯原産のチャボトケイソウはどうなるか栽培し、実を収穫してみたところ、果皮が薄く、虫に食われることがわかりました。また、味も香りもいまいちだったので、花は観賞できてハーブにもなるが、果実が本命なのでパッションフルーツに戻りました。

鹿児島の専門農家が開発した温帯適応のパッションフルーツの品種も試したのですが、うまく育ちません。

一昨年から、作戦を変更し、冬の間は枯れないようにしておくこととし、鉢植えのものを冬中屋内におくことで越冬ができ、春から旺盛に成長を再開し、夏と冬の二度の果実の収穫ができそうだという感触を得ました。

今年はネット園芸店から大きな苗を2本追加して3本を育てています。いよいよ冬将軍がせめてくる時期となり、簡易温室で越冬させることにしています。

都城のメーカーが製作している家庭園芸用の簡易ビニールハウスの中で、丁度良い大きさの、1坪サイズがあり、福岡県のネット販売業者を通して注文したら、すぐ配送されました。

昨日の夕方までに組み立てが完成し、夜間の温風送風機のテストが終わっています。

ビニールシートをかぶせる前の1昨日の骨組みの姿です。南側のテラスの上に置きました。
e0094349_10512211.jpg

今朝は送風機の電源の自動化のためコンセント・タイマーを取り付け、夜間にオンになるよう設定しました。また、明暗センサーを組み込んだコンセントに保温電球をつけたクリップを接続し、夜間の保温の追加熱源としました。

全体の姿を入り口から見た姿です。
e0094349_10554837.jpg

入り口にアングル棚を設置して、屋外コンセントから電源コードを配置し、それにタイマーとセンサーを取り付けました。
e0094349_1055485.jpg

送風機用のコンセント・タイマーです。電源オンは午後6時、オフは午前8時半にしておきました。
e0094349_10575594.jpg

e0094349_10592956.jpg

100ワットの保温電球はかなりお値段が張りますが、グリーントップのバーゲンセールで見つけた半額での購入品です。
e0094349_1103586.jpg

温室の入り口の反対側には換気用の窓があり、この部分のジッパーが調子が悪いのが欠点です。
e0094349_112848.jpg

ジッパーをだましだまし開けて窓の中を見るとパッション・フルーツの青い冬実が見えます。
e0094349_11101924.jpg

この調子で順調に行けば、正月頃に熟して収穫できるでしょう。

温室が風で飛ばされないように、とりあえず水を入れたタンクを5個フレームの押さえに使っています。家の壁とベランダ屋根の支柱で押さえているし、台風の暴風以外に問題は起こらない見込みです。フレームの入り口の最下部のパイプをコンクリートの床に固定するための金具と、温室内外の温度記録(最高・最低)用温度計をホームセンターに行って買ってくるつもりです。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-04 11:10 | トケイソウ
<< 野生シマサルナシの収穫 GIビーチの赤い実3種 >>