beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

野生シマサルナシの収穫

サルナシ類の中でも、紀伊半島を北限とする南方系のシマサルナシは、宮崎県では海岸に近い低い山地と河川に沿った開けた場所に多い種です。しかし、北川と北浦の境界付近では標高約500mの高いところに見つかっています。

昨年は、大きな蔓に大きな実が沢山なっていたのを収穫してきました。
シマサルナシの採取(2009年11月29日)
http://beachmollu.exblog.jp/11679310

昨年採取した実はまだ固かったので、今年は時期をやや遅らせて、本日は快晴なりの絶好の日和の日曜日となって、昨年同様黒田さんと一緒に山ノ神の恵みを求めて出かけました。

来る10日金曜日に宮崎県庁から「農地・水・環境保全」(零細、取り組んでいる地域の人たちにはたばこ銭にしかならない)補助事業(農水省主導)の県の担当者が塩見の我々の取り組みを視察するということなので、「ひむかのサルナシ・ポポー園(仮称)」のデモンストレーションの予定です。それにあわせてシマサルナシの果実(わが農園には苗を植栽した段階でまだ実ができていない)を披露して食べてもらうつもりです。

目的地には大きな実をつける蔓が一箇所にかたまって3本以上あり、そのほかに数本が少し離れた場所にあります。地元の人たちは全く手をつけないらしく、今年も待っていてくれました。結果的に、ぴったりのタイミングで、少しだけ熟した実を鳥が突いた跡が見られました。

まず最初は、一番遠くにある、小さい丸い実がなっている117番株をチェック、昨年は実が少なくて味を見ただけでしたが、今年はグッドコンディションとなっていて、午前中に数キロ採取できました。
e0094349_184293.jpg

e0094349_18422342.jpg

実が小さくて、あちこちに伸びた枝先にあり、地上から高切鋏が届かないので、黒田さんが得意の木登り採取です。モロ逆光の場所だったので、写真撮影は完全に失敗。

昼飯の後の休憩中は周囲に様々な野鳥が飛来してきて、バード・ウオッチングが楽しめました。その中には我々の競争相手も含まれています。その鳥さんたちのために、採取が難しい場所の実を残しておきました。

午後からは115番(複数)株の大きい実の収穫です。ここは昨年の実りすぎ(採りすぎ)で、今年は大幅に少なくなっています。小さい実が多くなったことも合わせて、多分「隔年結果」が起こっているのでしょう。
e0094349_1855321.jpg

高切鋏で少し獲れましたが、ここでも黒田さんの木登りです。サルナシ類は蔓を吊橋の材料にできるほど丈夫なので、蔓を支えている木が折れても黒田さんは落ちません。
e0094349_18515849.jpg
e0094349_18521267.jpg

黒田さんが木の上でせっせと実を集めている間、ミッキーと林道を歩きました。今日は鉄砲を担いだおっさん連中が付近に来ていないので、熊と間違われて撃たれる心配はありませんでした。(銃声が遠くで聞こえた)

空気が澄んでいて、林道が開けた場所で遠くの山々が綺麗に見えます。
e0094349_18573141.jpg

上の写真、西の方角で、頭が見えた花崗岩の山は大崩山(1643m)のようです。
その左側は鬼ノ目山(1491m)でしょうか。
e0094349_1911724.jpg

上の写真、南に見えた山頂は可愛岳(728m)かもしれません。この山は見る方角で形が大きく変わるし、500mの高さから見ているので、どれがどれだかさっぱりわかりません。

持ち帰ったシマサルナシの実を黒田さんと山分けし、手元には本日最大サイズをデモ用に残しました。
e0094349_1611467.jpg

117番の小さい丸い実は2センチ前後の小粒ちゃんですが、115番株の樽型の実は最大で長さが6センチもありました。お店のキウイフルーツに負けない大きさです。
e0094349_195914.jpg

野生のシマサルナシは株ごとに個性的で、実のなり方・枝に付く数、大きさや形が千差万別です。

小さい丸い実は甘くてキウイフルーツとほとんど変わりませんが、大きい実は酸味が強く甘さは控えめという違いがあります。多くの野生株の中から良いものを選抜育種する楽しみがあります。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-05 19:11 | サルナシとマタタビ
<< アメリカのポポー情報 パッッションフルーツ温室が完成 >>