beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

インド産のハマグリ類

今朝の冷え込みで、これまで落葉をこらえていた植物が一斉に葉を落としています。育ち盛りのシマサルナシなどは、痛んだ芽を残して若い葉をまとめて落としました。無駄な抵抗をせず、おとなしく茎だけになって越冬する覚悟のようです。私もおとなしく冬将軍の軍門に降ります。

簡易温室の中は最低温度を10度に設定していますので、パッションフルーツはすこぶる元気です。

本題ですが、アフリカに続いて、今度はインドのハマグリ類標本を整理しています。

2004年12月クリスマスのインド洋大津波があった時に被害を受けたインド南部、タミール・ナド州の海洋研究所の所長さん、パタソンさんを2005年秋に(東大海洋研究所の客員として)日本に招聘してもらい、日本の海岸防災と海岸生物の調査のガイドをつとめました。彼との縁はTMMPという熱帯産貝類資源の国際協力研究で知り合い、沖縄で私の研究室の客員として短期間の共同研究の実績があります。

2005年10月のブログで彼が八重山、白保海岸の津波石の前に立っています。
beachmollusc ひむかのハマグリ : 白保の津浪石
http://beachmollu.exblog.jp/1398639

この調査結果の報告はオンライン・アーカイブで閲覧できます。

EDWARD J. K. Patterson, TERAZAKI Makoto, and YAMAGUCHI Masashi (2006)
The impact of tsunami in coastal areas : Coastal protection and disaster prevention measures-Experiences from Japanese coasts.
Coastal Marine Science 30(2), 414-424
http://ci.nii.ac.jp/naid/110004782886

この調査旅行に先立って、パタソンさんがインド産ハマグリ類の標本を自ら採集して持ってきてくれました。

2種類のハマグリ類(インドではMeretrix meretrix M. castaと呼ばれているもの、同じエスチュアリー、浅い泥干潟の異なるゾーンで別々の集団を形成していた)それぞれ合計200個前後あり、大小のシリーズ・サンプルです。一部を身がついた液浸固定標本として持ってきてくれました。

殻の乾燥標本の全員集合写真です。
e0094349_11174133.jpg

2種類のうちM. meretrixと呼ばれているものは、アフリカ、モザンビークのものと同種でしょう。

アフリカのインド洋沿岸でハマグリ類が記録されているのはモザンビークだけです。ケニヤとかタンザニア、マダガスカルなどからの記録は見つけていません。また、紅海とペルシャ湾の貝類文献にも出ていません。つまり、アフリカ南部からインドまでの間の広い海域に分布の空白域があります。

<追記>
南アフリカの貝類図鑑にMeretrix meretrixとしてモザンビークのと同種と思われるハマグリ類が掲載されていました。大きい集団は形成していないようです(rare)。
e0094349_12251819.jpg


インドでM. meretrixと呼ばれている種の標本で、パタソンが提供してくれた最大の殻です。
e0094349_11355447.jpg

その内側の様子を見ると、套線湾入が浅い種であることは明らかです(そのままの写真ではみずらい)。
e0094349_1137693.jpg

つまり、湾入が深いはずのM. meretrixとするには問題があります。

最大個体は殻の後端が伸び出ていて輪郭のイメージが多少ずれていますが、普通の中ぐらいの大きさの殻で典型的な輪郭を見ると:
e0094349_11394094.jpg

極めて殻高が高くて、真横から見た姿は円に近い(楕円率が低い)のが特徴です。

とりあえず種名を当てるとすればM. castaになるのですが、インドのもう一つの種にこの名前が当てられているので、玉突き問題が発生しました。ovumと言う種も含めて、後で再検討が必要です。

まずはVenus meretrixというリンネ種を確定させないと残りの種の名前を割り振ることができません。しかし、19世紀にイギリスで(大英自然史博物館収蔵)ハマグリ類全種の分類を整理したDeshayesがMeretrix meretrixの存在を完全に無視して様々な種に分割してくれた影響と、その後にフランスの研究者がラマルクの伝統を受けて唯我独尊・ユニークな分類を楽しんでやっているので、結果はメチャクチャになっています。

現在のところのとりあえずの結論ですが、M. meretrixという種をタイ国産標本で研究した報告(タイ産ハマグリ類についてはシリーズで各国の続編を書きます)とか、ウプサラにあるリンネの準模式標本(アフリカ産のところで写真があります)や、日本の科博標本(前のブログ参照、多分、黒田徳米が鑑定)、さらにアメリカの貝類の大家であったアボットの見解がすべて一致しています。当面、これらに従っておきます。

東南アジアの貝類図鑑として出版されたアボットの本からこのM. meretrixの部分を抽出しました。
e0094349_1202693.gif
e0094349_1203578.jpg

図鑑の写真が鮮明で、特徴をよく捉えているので、この種を特定することができそうです。ただし、リンネの記載では本種はインド洋産です。

インド産のハマグリ類については分類の詳細を1917年にHornellが出版しています。

この著者は1951年にインド産貝類について一般向けの解説記事つきの図鑑を出版していて、その本をヨーロッパの古書店から入手しました。(66頁の脚注に1917年の論文のタイトルが引用されています)
e0094349_12103043.jpg

この本の66-69頁にインド産ハマグリ類について生態を述べた詳しい記載があります。
e0094349_12121718.jpg
e0094349_12122527.jpg
e0094349_12123374.jpg
e0094349_12124069.jpg

後でこの文の基になった1917年論文の全文と図版を付録としておきますが、その前に現代のインド産貝類の図鑑(1998年出版)でどうなっているかを紹介しておきます。
e0094349_12145972.jpg

この図鑑の記載を見ると、昔のHornellの研究結果は伝承されていません。

Hornellはインド産のハマグリ類について全種の分類の改訂を行ったのですが、M. meretrixについての認識が表面的だったようです。

下にBiodiversity Heritage Library サイトで見つけた1917年の論文を付録としておきます。(パタソンのサンプルのもう一つの種については改めて論じます)
e0094349_12242811.jpg
e0094349_12243810.jpg
e0094349_12244732.jpg
e0094349_12245625.jpg
e0094349_1225579.jpg
e0094349_12251439.jpg
e0094349_12253336.jpg
e0094349_12254355.jpg
e0094349_12255239.jpg
e0094349_1226138.jpg
e0094349_1226991.jpg
e0094349_12261883.jpg
e0094349_12262725.jpg
e0094349_12263445.jpg
e0094349_12264364.jpg
e0094349_12265041.jpg
e0094349_122658100.jpg
e0094349_1227672.jpg
e0094349_12271564.jpg
e0094349_12272367.jpg
e0094349_12273120.jpg
e0094349_12273967.jpg
e0094349_12274720.jpg
e0094349_12275542.jpg
e0094349_122843.jpg
e0094349_12281111.jpg
e0094349_12281875.jpg
e0094349_12282660.jpg
e0094349_12283297.jpg
e0094349_12283987.jpg

[PR]

by beachmollusc | 2010-12-17 12:50 | Meretrix ハマグリ
<< スズメの食卓 塩見川のウナギシラス漁 >>