beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

インド産ハマグリ類(その2)

パタソンさんが提供してくれた、インドの南部沿岸で採取された2種のハマグリ類の第2弾、現地でcastaと呼ばれている種についてまとめておきます。

ハマグリ類の古典分類について時代を遡って見ると、リンネの1758年Systema Naturaeでは2種類、すなわちVenus meretrix とV. Chioneが記載されています。

Gmelin(1790)は3番目のcastaという種を記載していますが、リンネと同様に貝殻の画像はChemnitzによっています。

原記載はBiodiversity Heritage Library(BHL)サイトからダウンロードできます。
Gmelinのcasta及び他の2種、meretrix とChinoeの記載のところをくりぬきました。
e0094349_8421055.jpg
e0094349_8422475.jpg
e0094349_8423243.jpg

ラテンで簡単に書かれている文を読み取るのは難儀なことですが、これは欧米人でも面倒らしく、親切な学者が英語で書き直してくれています(それもBHLにありました)。

この論文では、下にあるようにGmelin以後にRoedingなどがChioneからlusoria、つまり日本産ハマグリを分離して記載した理由が解説されています。(これ、日本産ハマグリの学名については後で、別稿で詳しく説明したいと考えています)

A descriptive catalogue of recent shells:
arranged according to the Linnæan method;
with particular attention to the synonymy / by Lewis Weston Dillwyn ...
Publication info: London: Printed for J. and A. Arch,1817.
Contributed By: Smithsonian Institution Libraries
http://www.biodiversitylibrary.org/bibliography/10437

スミソニアン自然史博物館収蔵の文献(古くて希少・貴重なもの)がオンラインで公開されていることはすばらしいことです。

上の3種のハマグリ類の部分をダウンロードしてからpdfファイルの変換ミスを訂正しましたので、それを下に貼り付けます。<VENUSのセクションのみ>

A DESCRIPTIVE CATALOGUE OF RECENT SHELLS,
ARRANGED ACCORDING TO THE LINNAEAN METHOD;
PARTICULAR ATTENTION TO THE SYNONYMY BY
LEWIS WESTON DILLWYN, VOL. I. 1817.

ATTEMPT TO ELUCIDATE THE SPECIES OF SHELLS DESCRIBED
IN GMELIN's EDITION OF THE SYSTEMA NATURAE, AND TO PAVE
THE WAY FOR A BETTER ARRANGEMENT


177‐78頁  LUSORIA

Lusoria. 44. Shell somewhat heart-shaped, ponderous, glabrous,
with the anterior slope truncated, and the margin very entire,

Variety A. White, with two obsolete brown longitudinal rays.
Venus lusoria Japonica. Chemnitz, vi. p. 337. t. 32. f. 340.
Venus Chione Var. β. Gmelin, p. 3272.
Venus, No. 18. Schroeter Einl. iii. p. 161.
Rumphius. t. 43. f. G.
Petiver Amb. t. 18. f. 20.

Variety B. White, with scattered brown angular streaks and spots.
Venus lusoria variegata. Chemnitz, vi. p. 347. t. 33. f. 344.
Venus Chione Var. γ. Gmelin, p. 3272.
Venus, No. 19. Schroeter Einl. iii. p. 161.

Inhabits the coasts of Amboyna. Rumphins. Japan, and China. Chemnitz.

Shell about two inches and a quarter long, and two inches and three
quarters broad, and I have followed Chemnitz, Kaemmerer, and Schroeter,
in placing it separate from V. Chione, on account of the more truncated
appearance of its cartilage slope; the anterior tooth of the hinge is long
and crenulated, and the margin on the inside is violet.

178頁    CHIONE

Chione. 45. Shell somewhat heart-shaped, glossy, with the posterior
depression oblong and acute; margin very entire.

Venus Chione. Linnaeus Syst. Nat. p. 1131.
Born Mus. p. 63.
Chemnitz, vi. p. 344. t. 32. f. 343.
Schroeter Einl. iii. p. 124.
Gmelin, p. 3272.
Donovan, i. 1. 17.
Montagu Test. p. 115.
Maton and Racket, in Lin. Trans, viii. p. 84.
Dorset Cat. p. 35. t. 6. f. 7.
Pectunculus glaber.
Da Costa Brit. Conch, p. 1S4. 1. 14. f. 7.
Lister Conch, t. 269. f. 105.
Gualter, t. 86. f. A.
Knorr, vi. t. 4. f. 1.
Regenfuss, i. t. S. f. 17.
Favanne, t. 47. f. E.
Enc. Meth.t.266. f. 1.

Inhabits the Asiatic Ocean. Linnaeus. Mediterranean. D'Avila.
Adriatic. Chemnitz. Coasts of Britain. Lister, etc. Naples. Ulysses.

Shell about two inches and a quarter long, and three inches broad; of a
pale chestnut colour, with darker longitudinal rays, and the inside white;
margin obtuse, and very entire; the cartilage cleft is broad, and extends
about half way down the anterior slope.

179頁    CASTA

Casta. 47. Shell somewhat heart-shaped, compressed at the posterior end;
anterior slope rounded, and the posterior depression ovate; margin very entire.

Venus casta. Chemnitz, vi. p. 349. t. 33. f. 346.
Gmelin, p. 3278.
Venus, No. 20. Schroeter Einl. iii. p. 162.

Inhabits the East Indian Seas. Chemnitz.

Shell about an inch and a quarter long, and an inch and a half broad; very
white, tinged with violet both inside and out at the anterior end, and the
posterior depression is violet; the cartilage slope is rounded, and has a
large oblong cleft; the anterior tooth of the hinge is crenulated in both valves.

179-180頁  MERETRIX
Meretrix. 48. Shell triangular-heart-shaped, shining, compressed at the
posterior end; cartilage slope rather protruded, and the posterior
depression obsolete; margin very entire.

Venus Meretrix.
Linnaeus Syst. Nat. p. 1132.
Born Mus. p. 65.
Chemnitz, vi. p. 350. t. 33. f. 347 to S52.
Schroeter Einl. iii. p. 126.
Gmelin, p. 3273.
Brooks's Introd. p. 66. t. 3. f. 26.
Meretrix labiosa.
Lamarck Syst. des Anim. p. 122.
Gualter, t. 76. f. C.
Argenville, t. 2 1. f. F.
Knorr, vi. t. 6. f. 3.
Enc. Meth. p. 268. f. 6.

Inhabits the Indian Seas. Linnaeus. Coasts of Ceylon, the Molucca and
Nicobar Islands, chiefly about the mouths of rivers. Chemnitz.
China. Humphreys.

Shell generally about an inch and a quarter long, and an inch and a half
broad, thick, and more glossy on the out than in the inside; the colour is
white, or pale greenish, yellowish, or yellowish brown, and variously
marked with darker obsolete rays, transverse rows of dots, or small
angular streaks; the cartilage slope becomes abruptly flattened, and is
protruded in the middle; the hinge has a distant tooth under the posterior
depression in one valve, and a hollow for its reception in the other; the
inside is white, and tinged with purple on the anterior slope. Chemnitz,
in Vol. xi. p. 228., under the name of V. brunnea, has described what
appears to be only a variety of this species, of an uniform chestnut colour.

以上、引用した文から見て殻の表面に光沢があるという点がパタソンさんがインド南部から採取して持ってきたcastaと呼ばれているものと異なります。 castaの原記載、模式標本はインド産のようです。

パタソン標本で最大の殻は殻長51mmでした。内側の写真で見ると套線湾入が極めて浅いことが明白です。
e0094349_952898.jpg

色彩変異として殻の表面全体が茶色のものが数%含まれています。
e0094349_971522.jpg
e0094349_972299.jpg

ほとんどの個体は白い殻で表面に薄いベージュ色の剥げやすい殻被を被っています。その殻被が赤茶色に変色している個体が大きい個体に多く見られました。
e0094349_910837.jpg
e0094349_9101659.jpg

内側に薄いピンク色が出る傾向があることは、タイ国などのovumと(思われるものと)同様です。また、殻の水管が出る部分(潜った状態で上になる、殻としては後端)の周囲が濃い紫色になる個体が多いようです。

ごく小さい個体が標本に含まれていませんが、(大きい個体に見られる)若い頃の殻の表面にはハマグリ類によく見られる斑紋、二本筋模様などが刻まれています。
e0094349_9152795.jpg

このcastaと呼ばれている種は輪郭から見るとタイのovumそっくりです。Hornellはovumとcastaを同種の地域変異と見ていたようです。

この種の確定についてはまだ確信が持てないので保留しておきます。しかし、インド南部産の2種:meretrixがcastaでcastaが暫定的にovumに玉突きで変更せざるを得ないかもしれません。インドにM. meretrixはいないのかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-21 09:20 | Meretrix ハマグリ
<< タイ国産のハマグリ類 スズメの食卓 >>