beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
人気ジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タイ国産のハマグリ類

タイ国はインド洋側(サンゴ礁が見られるアンダマン海)と、マレー半島の東側のタイ湾
(Gulf of Thailand)との東西で環境が大きく異なるため、海洋生物相にも大きな差異が見られるようです。

タイのインド洋側にあるプーケットにはデンマークの援助で1968年に建設された海洋生物研究所Phuket Marine Biological Center (PMBC) があります。

この研究施設を本拠地としたTMMP(熱帯海産貝類研究計画)が1990年からデンマーク政府の資金援助、University of AarhusのDr J. Hylleberg のリーダーシップで続けられていました。(現状は不明)

Tropical Marine Mollusc Programme, TMMP
Funded by: Danida (in total DKK 14 million) covering the Southeast Asian Region.

Initiated by: Dr Jørgen Hylleberg and imlemented by Dr J. Hylleberg and staff
from Marine Ecology, Department of Biological Sciencens, University of Aarhus.

http://biology.au.dk/internationalprogrammes/internationalprojectscompleted2htm/internationalprojectscompletedpcasia2htm/

この研究計画では毎年ワークショップが開催され、その報告集がプーケットセンターから出版されてきました。その2001年の報告にタイ産ハマグリ類についての分類研究の結果が報告されています。

Yoosukh, W. and A. Matsukuma (2001) : Taxonomic study on Meretrix (Mollusca:
Bivalvia) from Thailand. Phuket Marine Biological Center Special Publication 25(2),
451-460.

この研究報告ではタイ産の4種類のハマグリ属の貝をリストアップしました(比較参考のためベトナム産のミスハマグリ、1種を加えている)。下のように、それぞれのサンプルの産地が記載されています。

meretrix: Rayong (Gulf of Thailand); Chon Buri (ditto)
casta: Surat Thani (Andaman Sea); PhangNga (ditto); Ranong (ditto)
ovum: Samut Songkhram (river mouth of Maeklong River, Gulf of Thailand)
planisulcata: Phuket (Andaman Sea)

タイのMeretrix meretrix、(タイワンハマグリの和名があてられている)はタイ湾だけで、インド洋側、アンダマン海とマラッカ海峡沿岸からは記録されていないようです。(台湾ではなく、まさにタイ湾ハマグリ!)

琉球大学とタイ国のチュラロンコーン、カセットサート大学は研究者の交流や学生の交換が行われ、さらに東大海洋研究所の東南アジア各国との研究者交流事業もありましたので、タイ国の貝類(水産)研究者が私の研究室に短期客員として滞在したこともあります。

その客員だった一人、Jintanaさんは、タイ湾に面したプラチュアップ・キリ・カーンの水産研究所に勤務していてmeretrixの種苗生産を試みたこともあります。

Jintanaさんが送ってくれたタイのハマグリ類は3種(meretrix, casta, ovum)ありましたが、その中のプラチュアップ・キリ・カーン産のmeretrixの集合写真です。
e0094349_949472.jpg

殻の色彩変異が激しくて、真っ白なものから派手な模様のものまで個体ごとに様々です。

代表として一番大きいものの表面と内側の写真です。
e0094349_9513062.jpg
e0094349_951393.jpg

これを見ると套線湾入が深い種であることは明白です。

2007年にJintanaさんや他のタイ国の研究者から琉球大学の土屋教授経由で入手されたサンプルには、タイ湾沿岸のラヨーン産のmeretrixがありました。地元のマーケットで購入されたものの集合写真です。
e0094349_955166.jpg

Jintanaさんは色彩変異の代表をそれぞれ1個ずつ提供してくれましたが、このラヨーンのサンプルは集団内の変異の相対的な頻度分布を示唆しているようです。

昔の分類で、ハマグリ類は色彩・模様が異なると別種にされたこともあって、特にラマルクがその主犯でした。変異が明確な集団サンプルではなく、標本が少数の場合には異なる色を別種としたがる向きが今でも見られます。台湾沿岸で最近発表された「新種」のハマグリ類もその一例となるでしょう。

厄介なことに、例えば、殻の表面がチョコレート色になる色彩型はハマグリ類の各種に広く見られ、それらの別種が色をもとにして一緒くたに同じ種にされるということまであったようです。同じ種を色で別種に分けることよりも、別種を一緒にする混乱状態は、分類整理をより難しくします。

<追記>

タイ湾のタイワンハマグリと同じものはタイ湾の周辺海域、南シナ海南部(借り物ですが手元にマレーシアのジョホールとサラワクのクーチン産の同種があります)に広く分布しているようです。しかし、インド洋側では記録がありません。フィリピン産のもの(科博のサンプル)が同種かどうか、これからじっくり見ますが、違うものかもしれません。

一方、アンダマン海沿岸のcasta(和名がないのでインドハマグリと仮称)はタイ湾ではovum(これも和名がないのでタマゴハマグリと仮称)に置き換わっているようです。ハマハマやシナハマ、チョウハマに習ってインハマとタマハマです。インハマはアフリカからタイまでインド洋全域に広く分布する種と思われます。

タイハマはタイと台湾とが紛らわしくていけませんが、台湾にいるものでタイワンハマグリとされたものは学名Meretrix meretrix(ここで紹介したタイワンハマグリ)ではなさそうなのでOKでしょう。とにかく広域分布種に地名をつけて和名にしてはいけません。とりわけキュウシュウナミノコが最悪で、北海道からベトナムまで記録されてしまいました(ただし、おそらく複数の種が混ざっているようです:ナミノコ類の混乱を片付けるのは今後の課題)。

インハマとタマハマは極めてよく似ていますが、集団として変異の幅を理解できるようになったので、何とか識別できそうです。ただし、インドのタマハマと想定しているもの(インドでの学名でインハマと呼ばれている)は別種かもしれません。

タイハマとタマハマはほぼ同じ海域で砂浜と泥干潟の互いに異なる環境にすみ分けている並存状態で、日本のチョウハマ(外海の砂浜)とハマハマ(河口や内湾の泥干潟)の関係と似ているようです。

インハマとタマハマはどちらも泥干潟の住民で、分布海域が異なっている似たもの同士で、ハマハマとシナハマの関係によく似ていると思われます。

ハマグリ類の分類はインドネシアのサンプルが乏しいのが宿題となっていますが、東南アジアまでは整理がほぼできたみたいです。しかし、中国・台湾の種を触ると再びカオス状態になるかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-22 10:04 | Meretrix ハマグリ
<< 今日の小倉ヶ浜 インド産ハマグリ類(その2) >>