beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Incurable oyster herpes カキのヘルペス症

ヘルペスウイルスの仲間は淡水と海水中に常在し、その中に悪性のものが含まれています。

コイヘルペス症が発生して鯉が殺処分になることがいまだに続いています。ニュースとして鳥インフルエンザや口蹄疫のように騒がれませんが、本質的に同様な現象です。

毎日新聞 2010年12月22日 地方版
ニシキゴイ:中国、輸入解禁打診 厳しい検疫条件に 有望市場、業者は苦慮 /新潟
http://mainichi.jp/area/niigata/news/20101222ddlk15020086000c.html

コイヘルペスウイルス病に関する情報  新潟県ホーム 農林水産業
①コイヘルペスウイルス(KHV)病とは
・ コイヘルペスウイルスにより発症するコイ(マゴイ、ニシキゴイ)特有の病気で、コイ以外の魚には感染しません。
・ 人に感染することはありません。
・ 感染したコイを食べても、人体には全く影響ありません。
②本県の発生状況
・ 平成20年は、5市11件(16尾)について、KHV病が確認されました。
・ 平成21年は、7市町15件(35尾)について、KHV病が確認されました。
・ 平成22年は、3市4件(10尾)について、KHV病が確認されています。(10月22日現在)

http://www.pref.niigata.lg.jp/suisan/1215457295621.html

ウイルスによる感染症がそれに感受性が高い動物の密集した集団に広がると、治療ができないのでウイルスを消滅させるためにホストも一緒に抹殺ですから、水産養殖でもっとも恐ろしい問題です。少し前に真珠養殖のアコヤガイが大量死した問題もこの仲間のウイルスが関連していたようです。(別の海面養殖でホルマリンを海に流していたことが原因として騒がれていましたが、その汚染ストレスがウイルスに対する感受性を高めた、あるいは抵抗力を失った、のかもしれません)

野生の魚貝類でもヘルペスウイルス感染で大量死が起こっていることが知られています。南オーストラリアでマグロの生簀養殖の餌として漁獲されていたイワシの仲間が大量死した事件が1995、1998年の2回起こっています。これは「海に異変」というタイトルで前に書いた文章をブログ(本年8月31日)に掲載してあります。
http://beachmollu.exblog.jp/13162725

このカキにウイルス症が発生している問題は本ブログでも以前に取り上げています(本年8月11日)。
牡蠣のヘルペスウイルス感染症 http://beachmollu.exblog.jp/13075739/

2010年12月8日のニュージーランドの新聞でカキの大量死に関するニュースが出ていました。
The New Zealand Herald
Incurable oyster herpes behind big shellfish die-off
By Hayden Donnell and NZPA   2:16 PM Wednesday Dec 8, 2010
http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10692929

Ministry of Agriculture and Forestry (MAF) scientists today announced they have found ostreid herpesvirus-1 (OsHV-1) in oyster samples from affected farming areas.

北半球でもフランスからアイルランド、そしてイギリスで悪性のOsHV-1ヘルペス症が広がっていますが、ついに南半球のニュージーランドで発生が確認されたようです。これは養殖されるカキの稚貝を全滅させるようです。

ヘルペス症は温度依存性が高く、夏の高温時期に発生しやすいのが特徴の一つです。そのため、「悪いことは何でも地球温暖化のせい」シンドロームのマスコミの絶好の餌となります。

日本原産のカキ(マガキ)が欧米をはじめ世界中に移植されて養殖されていますが、今回の悪性ヘルペスはマガキに対して特に影響があるようです。

同じ記事によると、ニュージーランド原産のカキは感染しないとテスト結果がでているそうです。
New Zealand's famous Bluff oysters have tested as negative for the disease.

NZの農水省の発表によると、このウイルス症は国際獣疫のOIEのリストに載っていないので貿易について移動制限がない、つまりウイルスの国際的な拡散を「積極的に」防止する約束にはなっていないようです。

But MAF said today that OsHV-1 was not listed as a mollusc disease by the
World Organisation for Animal Health (OIE), "meaning it is not an issue of
concern in oyster trade".

そいうわけで、次の夏には日本で発生する順番が来てもおかしくありません。カキ養殖の種ガキを自給できる海域で、外からウイルスの侵入を防止していれば大丈夫でしょうが、種の国内と国際貿易において防疫はどうなっているのでしょうか。水産庁がこの点で全く信頼できないので、国内発生はおそらく時間の問題となるでしょう。

フランスでは、このウイルス症が2008年に確認されてから、ほぼ大西洋と地中海の領海内の全域に拡大したようです。アイルランドがそれに続き、今年はイギリスで発生しました。

これら各地の発生経過を詳しく追っているフランス語のブログがあります。

Regard sur la pêche et l'aquaculture
Pêcheurs et conchyliculteurs font l'actualité!!!

http://aquaculture-aquablog.blogspot.com/2010/06/mortalite-des-huitres-2010-sauve-qui.html

ブログ主から了解はまだですが、とりあえず、図を借りて説明します。

フランスでカキ養殖が行われている海域の地図:
e0094349_9451023.jpg

2010年にヘルペスが拡散した経路です。
e0094349_9423471.jpg

フランスやイギリスでは、日本の筏からの垂下養殖と違って、潮間帯に設置された棚の上でカキを育てます。
e0094349_9473569.jpg

OIEのWAHIDサイトに関係各国からカキヘルペス症の報告が上がっています:
Weekly Disease Information
http://www.oie.int/wahis/public.php?page=weekly_report_index&admin=0
その中で、今年の夏に報告されているアイルランドで全土に広がっている様子をフランス語のブログでも掲載していました。
e0094349_953323.jpg

イギリスでは毎週WAHIDに経過報告を出していますが、解決していません。ただし、水温が低くなってからの拡大は起こっていないようです(来年の夏に再度広がるでしょう)。

イギリス本土での発生はKENTの1箇所だけです。
e0094349_9555545.jpg

しかし、イギリス領(王家の領地)、フランス本土の沖にあるジャージーで発生しています。
e0094349_9573116.jpg

イギリス国内でヘルペス症が拡散しないように隔離海域が設定され、その中の養殖カキは全て処分されたようです。下の地図で赤く塗られた場所がそれです。その他の海域でもコンパートメントを指定して、それぞれ他のゾーンとの間で移動させないルールを決めていると思われます。それでも海では海流で自然拡散も起こるでしょう。
e0094349_9593018.jpg

この悪性ウイルスに対する耐性を獲得した一部の個体の子孫が生き残って、それから集団が復活するのを待つことしかできないと想像されます。

コイのヘルペスの場合、国際貿易で鯉とそれを容れた水に付着したウイルスが拡散したと考えられています。

カキの新興ヘルペスウイルスでも、国際的に種も親も移動が進んでいて拡散してしまっている可能性が高いようです。

ニュージーランドでは遺伝子検査で今年になって確認されたのですが、1990年代から侵入していたのではないかと想定している研究者がいるようです。

フランス人はカキが特に好きで、海外領土のポリネシアやニューカレドニアなどでも養殖しています。日本のJICA関係プロジェクト、アメリカの太平洋諸島の水産養殖援助などで、日本のカキの移植・養殖プロジェクトは目白押しでした。しかし、高水温の熱帯諸島でマガキは養殖が難しく、全面的に失敗に終わっています。それに高温で活性化するヘルペスウイルスが絡んでいたとしても不思議ではありません。
[PR]

by beachmollusc | 2010-12-31 10:07 | その他の貝類
<< ミスハマグリのミステリー インドハマグリとタマゴハマグリ >>