beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ミスハマグリのミステリー

ベトナムは中国と並んでハマグリ類の大産地です。その代表種がミスハマグリという一風変わったハマグリであると単純に思っていましたが、実はこれが分類上の難題、特に和名の問題を抱えているようです。

日本で出版された貝類図鑑でミスハマグリMeretrix lyrataは波部・小菅共著の保育社の図鑑に掲載されています。
e0094349_14214653.jpg

これに関連して図鑑の共著者の一人の小菅とは別人の小菅丈治(2006年:ちりぼたん36巻4号、132-135頁)がベトナムのハンボリハマグリの情報を記述し、写真を掲載しています。それによると、上述の図鑑でミスハマグリとされた種はハンボリハマグリと呼ばれるべき別種であり、しかも黒田徳米が1941年に台湾産のミスハマグリとして新和名を提唱した種もlyrataの模式標本とは異なる、という波部の見解についての伝聞を書いています。これでは何がなんだか全くわかりません。

タイ沿岸にミスハマグリは分布していないようですが、似た小型種Meretrix planisulcata (Sowerby 1851) (和名なし)をYoosukh and Matsukuma (2001)がタイのSongklaの打ち上げ貝として記載しています(生きている貝の集団は確認されていない)。一見、ミスハマグリの稚貝のようにも見えますが、planisulcataの原記載のSowerby(1851)にはlyrataも一緒に新種として記載されていますから、19世紀の記載当時から別種として認識されたわけでした。

下はSowerby(1851)からCytherea lyrataの(新種記載)部分を抽出したものです。
e0094349_14241086.jpg

それに対してplanisulcataは:
e0094349_14494810.jpg

Sp. 122. C. planisulcata (pl. clxviii. f. 216), Sowerby, jun.;
Like C. lyra, but with the ribs flatter and larger in
proportion to the size of the shell, which is also less oblique.
Mr. Hanley's collection.

上の記載で、planisulcataはlyra(ta)に似ているが、殻の表面の肋がより平滑で輪郭の傾きがやや違うことで区別されています。この表現形の差異の程度では、個体変異の激しいハマグリ類の種の区別に使えそうにないと思いますが、...。

手元に集まっている各地からの実物標本を紹介しましょう。

シンガポール在住でSeashellHubサイト(http://www.seashellhub.com/)を公開している貝類コレクターの Ben Booさんが集めたハマグリ類の写真と採集の様子の記事を見て、メールで標本の貸し出しをお願いしたところ、こころよく提供してもらいました。貝類を地元のシンガポールを拠点にベトナムからマレーシア、タイ、インドネシアまで標本採集の手が伸びていて、採集記録もしっかりしています。標本数が少ないので集団内変異は読めませんが、主な種が網羅されています。
ハマグリ類はコレクションの一部の画像が公開されています。
http://www.seashellhub.com/Veneridae.html
タイのタイワンハマグリを日本のハマグリと同種にしていますが、ご本人は図鑑を見てヤマカンで名前をつけたそうです。ハンボリハマグリをタイワンハマグリとしているのは、貝の表面にはっきり出ている肋の存在を見落としていました。(近いうちに全部整理してから返却し、各標本につけるべき学名を提案します)。

Ben Booコレクションには、マレーシア産の見事なミスハマグリの標本がありました。
e0094349_15102681.jpg

そしてベトナム産のハンボリハマグリ(学名は不詳)の標本です。
e0094349_15121825.jpg

次にホンコン大学の海洋生物研究所の研究員であるDr. Benny Chanから提供してもらった標本です。

ベトナム産のミスハマグリかハンボリハマグリかよくわからないものですが、ホンコンのマーケットで販売されていたのを見つけて送ってくれました。
e0094349_15143986.jpg


フィリピンからのサンプルを、ネット上で貝類標本を販売している大手サイトから購入しました。
Guido T. Poppe & Philippe Poppe - Conchology, Inc.
http://www.conchology.be/?t=27&family=VENERIDAE&species=Meretrix lusoria
千葉県産のチョウセンハマグリと長崎県産のハマグリの殻標本が現在の販売リストにあります。
(東シナ海のオキアサリの標本が何でハマグリと同じ学名となっているのか理解できません。)
ここからはフィリピン産の大型のハマグリ類(サイトではM. meretrixとしているが種名がわからないので困っているもの)とフィリピン産のミスハマグリ?を買いました。

小さい個体から大きいものまで1ダース売っていたもの全部を購入していますが、最小個体と最大個体の写真です。その大きい方の個体は殻の後端が伸びだしているので、おそらく大きくならない種と思われます。
e0094349_15235718.jpg

e0094349_15241196.jpg

この貝は稚貝の最初の部分で肋を形成せず、普通の殻表面が平滑なハマグリ類の姿をしています。その稚貝部分の殻の模様はどこかで見たようなパターンです。本種は殻がとても薄い特徴があって、他の熱帯性ハマグリ類と大きな違いが見られました。ミスハマグリではないことが明らかですが、ハンボリでもないし、タイの小型の似たものとも明確に違います。

熱帯産のハマグリ類をまじめに追求すると底なしの泥沼にはまりそうですが、沖縄産のハマグリの正体を見極めるためには仕方がありません。幸いにも、ミスハマグリ類は該当していないので、今回の連中は特に気にしなくてもすみそうです。

最後におまけの標本です:
e0094349_15371975.jpg

鹿児島の頴娃町でハマグリの陸上蓄養をしている方が中国で入手し、「これはなんでしょう」と持ってきて置き土産になった貝殻です。アサリに近いものかもしれませんが、全然わかりません。面白いことに殻の表面の肋はミスハマグリにそっくりです。

貝殻の表面が平滑になるか肋を刻むか、どちらが生き残りに有利であるのかですが、どちらにも利点と欠点があるのでしょう。ハマグリ類の小さい時代の活発な行動生態と殻の形態は深く関係しているはずです。その意味で、ミスハマグリのように殻の表面に肋ができると、粘液糸流動とか砂に潜るときの抵抗になってしまうかもしれません。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-01 15:44 | Meretrix ハマグリ
<< ホタルガイの仲間 Incurable oyste... >>