beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ホンコンのハマグリ類

Dr. Chanがホンコンの水口干潟で自ら採集して提供してくれたハマグリ類の標本は手元に68個あります。

この集団の殻の形態を見ると個体変異が激しく、それに加えて色彩模様の変異もあります。その中の2個だけですが、他の全てと明確に異なる、別種と考えるしかないので頭を抱えています。

近縁種が同じ場所に共存していることは特別なことではありませんが、それらの間で生殖隔離が起こっているのかどうか、交雑の問題を理解することが難題となります。

ホンコン沿岸、潮間帯の生態についてはJohn MortonとBrian Morton(共に貝類が専門、苗字は同じだが親戚ではない)共著The Sea Shore Ecology of Hong Kong, Hong Kong University Press, 1983年出版の詳しい解説があります。その中に出てくるハマグリ類はMeretrix meretrix、つまり和名がタイワンハマグリとされている1種だけです。

ホンコンでは中国大陸の分類と同じで、日本の分類でシナハマグリと認識されている学名がMeretrix petechialisMeretrix meretrixとしています。

タイ国のタイ湾に分布するタイワンハマグリをMeretrix meretrixの基準として、(現在のところ)分類を整理しているわけですが、ホンコンのサンプルはM. petechialisの殻形態の特徴が見られる個体が多く見られます。

ホンコンのシナハマグリにはハマグリの縦長の変異としてもおかしくない個体が少数混ざっていて、見慣れないと識別できません(形態指標を計測しても区別は無理でしょう)。集団内の個体による色彩型の変異については、ホンコンのシナハマグリの大多数は単調なグレーを基調とした模様が顕著でないものです。中国本土のシナハマグリに比べて斑点模様が殻の表面に広がる割合は低いようです。
e0094349_1221747.jpg


さて、2個だけ混ざっていたタイワンハマグリと思われる個体の片割れです。別の個体は真っ白で、色彩・模様が出ていません(タイ産のタイワンハマグリには真っ白型がかなり多い)。
e0094349_12215148.jpg

オレンジ色の独特の色模様が出ていて、殻の後側斜面が角張り、殻の内側に見える套線湾入が深いという特徴がすべてタイワンハマグリと一致していて、ホンコンの海岸で一緒にいたシナハマグリから識別できます。

ホンコン大学の臨海研究所でハマグリ類の研究はほとんどされていません。ホンコン沿岸のナミノコガイ類は詳しい生態研究がイギリスの有名な貝類生態研究者Dr. Ansellによって研究されて論文が出ています。また、ホンコンの貝類についての分類・生物相、生理・生態、その他の分野に関しては、Brian Mortonが中心になって、国際ワークショップ(勉強会)が3回も開催されています。しかし、なぜかハマグリ類は忘れられているようです。

第3回目、1992年開催のワークショップの論文集は1994年に出版され、デジタル版はホンコン大学にアーカイブされています。その目次(各論文のタイトル)は一般公開されていますが、本文は内部閲覧に限られています。
http://library.hku.hk/record=b3487061

TITLE The Malacofauna of Hong Kong and Southern China III [electronic resource] : proceedings of the Third International Workshop on the Malacofauna of Hong Kong
and Southern China, Hong Kong, 13 April - 1 May 1992 / edited by Brian Morton.
IMPRINT Hong Kong : Hong Kong University Press, 1994.
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-07 12:43 | Meretrix ハマグリ
<< ノウサギの減少 ホンコンの砂質干潟の貝 >>