beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ノウサギの減少

ノウサギの数が減っているという話題が宮崎学さんのサイトに出ていました。

森の動物日記 ノウサギはどこへいった
http://fireside-essay.jp/modules/miyazaki/

九州山地のノウサギは、信州のように雪の中で白くなることはないようです。

本ブログではノウサギが2回登場しています。その画像を再登場させます。

サルナシ探索中の2009年に林道で死骸と遭遇しました:
e0094349_1620852.jpg

そして、2010年秋に家の周りの草刈中で見つかった仔:
e0094349_1620558.jpg

ホタル調査で夜間に林道を走った時にノウサギと何度も出会っていますが写真なし。

九州でイノシシと鹿が増えていることは狩猟統計でわかっています。
e0094349_16262474.gif

ノウサギも狩猟対象の動物で、統計データがあります。

飯田 繁 (2004) 九州における狩猟鳥獣の変化に関する研究
九州森林研究 Kyushu J. For. Res. No. 57, 34-38.
http://ffpsc.agr.kyushu-u.ac.jp/jfs-q/kyushu_forest_research/57/57po009.PDF

上の論文では「ウサギ」としてありますが、ノウサギとするべきです。
ウサギ類の分類 http://www.geocities.jp/tyatorand/bunnrui.u.html

論文の表5よりデータを抽出してグラフを作ってみました。
e0094349_16301673.jpg

ノウサギの狩猟(駆除事業の数値を含む)個体数の推移は山を描いていて、そのメカニズムを時代背景をもとに考えることは面白いでしょう。この狩猟で殺された数は個体数に比例して増減していただろうと思われます。

引用した論文に「狩猟の努力量」、つまりハンターの人数の推移がありませんので、水産統計解析のように努力量あたりの捕獲数で相対的な生息密度を推理できません。ただし、ハンターの数は単調に減少を続けているだろうとしてみればよいかもしれません。

イノシシと鹿はバブル時代以後に増加を続けました。それに対し、ノウサギ、タヌキ、イタチなどは減少しています。動物によって多少のずれは見られますが、大まかな傾向で見て2つのグループ間で増減の傾向がはっきり分かれています。

このような明瞭な変化には、それを支配している背景、理由があるはずです。

ノウサギの場合、穴居生活をせず、草原の中で暮す生態が重要な点であろうと宮崎学さんは推理しています。延岡市北川町の鏡山の山頂付近は草原になっていて、ノウサ君たちのフンがびっしりと見られました。その付近の牧場にも沢山いることでしょう。

ペットとされる耳の長いウサギはノウサギとは異なるアナウサギから作出された穴居生活、穴を掘って暮す動物です。英語ではrabbitとhareとして区別しています。

日向市では、米の山という標高約200mで、小倉ヶ浜を見渡せる山の山頂の駐車場で野生化したウサ君に出会ったことがあります。

天敵さんによると、小倉ヶ浜の松林でウサギが植樹された松の苗を齧っているそうです。それはノウサギであるのか、それとも野生化したウサギか、どちらでしょうか。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-09 16:47 | その他の動物
<< 塩見川のカモ ホンコンのハマグリ類 >>