beachmollusc ひむかのハマグリ


海辺の浅瀬は水産動物のこども達のゆりかごです
by beachmollusc
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
海辺の自然を取り戻そう
 自然の恵みを後世に残すためには、その生態と環境を深く、よく知ることが基本です。

 海岸の浅瀬、干潟や砂浜は資源生物のゆりかごです。
しかし、それにおかまいなしに埋立てや海岸構造物の建設、水質汚染も加わって、日本中の水辺、海辺の環境は撹乱され、破壊されてしまいました。その結果、ハマグリなど干潟の動植物の多くが絶滅危惧種となっています。

 このブログでは、主に砂浜環境の保全を念頭において、日本各地の山、川、海の姿を調べて見てまわったこと、
そして2006年5月に移住した日向市の海辺と里山の様子や生き物などを紹介します。

このブログにリンクを張ることはご自由にどうぞ。

    - 自己紹介 -

大学院博士課程修了後7年間の海外での研究と28年余り大学教員をしていました。

海の無脊椎動物(貝、ヒトデ、サンゴ、クラゲなど)が専門、自称の学位は Doctor of
Underwater Marine Biology
(DUMB:バカセ)

楽観的な悲観論者または悲観的な楽観論者:生態的に無理をしている人類の滅亡は近いだろうが、それも自然の摂理じゃないのかな

せっかちな慎重派:ゆっくり
見極めて急いで集中的に
お仕事します

好きなもの:日本蕎麦が一番、パスタ・スパゲッティ、うどんもよし、つまりメンクイです

嫌いなもの:人混み、投棄ゴミ、マスゴミ、脳衰官僚

リンク

ひむかのハマグリ(ブログオーナーのハマグリ情報サイト)
合津マリンステーション(熊本大学の逸見教授のブログ)
ハマハマ通信(国立環境研、中村泰男博士のハマグリ研究情報)
鹿児島の貝
海辺の散歩
きんのり丸漁師生活30年
しじみ漁にまつわるブログ
みやざきの自然
みやざきの緑と風
さるなしの里
NPO子どもの森(門川町)
宮崎と周辺の植物
高原町の自然をたずねて
一般社団法人エコシステム協会
NPOアンダンテ21
防災ブログ
日本の写真集(デジタル楽しみ村)
野のものたちの記憶(岩手県のfieldnote さんのブログ)
~自然彩々~夢庵
おっちゃんの何でもニュース
里山再生計画
原体験コラム
こやま・裏山・里山 リンク
自然と遊ぶリンク集
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

GIビーチに見られるボウズ山と浮石の謎

鹿児島大学で「応用地質学」の講座を担当され、現在は自称「旅芸人」をされている岩松(他称フンチャン)先生が、日向市で来る19日水曜日午後7時から市民会館で防災講演会の講演をされる予定です。日本のジオパーク設立運動の火付け役をされたことを以前から知っていたので、この際是非とも日向市のジオ資産を現地視察していただきたいとお願いしたところ、こころよく応じていただくことになりました。

フンちゃんホームページ http://www005.upp.so-net.ne.jp/fung/ から抜粋

今なぜジオパークか 岩松暉(『地質ニュース』No.635, 1-7, 2007)
http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/geopark_now.html
「豊かな自然と暖かな人情といった地方の魅力を活かしたソフト的な村おこし・地方づくりこそ将来の道である。地域に存在する地質遺産を活用してジオパークを設立することは、地方の活性化に役立つに違いない。」

ジオパークとは何か  岩松 暉 (月刊地球, Vol.31, No.2, 108-113.)
http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/what_is_geopark.html
「ジオパークは国から金を引き出す手段,新型公共事業ではない.中央の業者と違って,地方は逃げ出せないのである.性根を据えて,地元の資源・遺産と人材そして知恵を活用しなければならない.今や地方の時代なのである.国の補助金や助成金は利用するためにあるのであって,金に使われてはならない.」

地質多様性とジオパーク 岩松 暉[(財)環境地質科学研究所 研究年報 第17号,1-5. 2006年4月]
http://www.geocities.jp/f_iwamatsu/retire/geodiversity.html
 翻ってわが国の自然を見回してみよう。里山やせせらぎのあった丘陵地は削られて住宅団地と化し、沿岸低地や湿地は埋め立てられてコンビナートになった。渚はコンクリート護岸になり砂浜は姿を消した。地質学的に貴重な露頭など地質遺産も次々に消失してしまった。列島改造である。首都圏に人口の半数が住むという極端な一極集中が進み、日本人の多くはコンクリートジャングルに住んで自然とは切り離された生活を送るようになった。教育における理科離れ・地学離れとも相俟って、地学的自然に目を向ける人はほとんどいなくなってしまった。そのため、自然とのつき合い方を知らない人が増えている。利便性のためにはどのような人工改変も厭わない人がいるかと思えば、一木一草たりとも傷つけてはいけないといった環境原理主義者もいる。これらはどちらも極論で、これだけの人口を養うためには自然に手を付けざるを得ない。自然に手を加えれば不可避的に反作用が出てくる。メリット・デメリットを冷静に科学的に評価し、長い目で見て後世の批判に耐える判断をしなければならない。すなわち、自然に逆らわず、自然のしくみを巧みに利用し、人間と自然との調和的共存(harmonious coexistence)をはかるのが本当であろう。

以上、抜粋した文はどれも「わが意を得たり」です。

フンちゃんは、19日のお昼に鹿児島から来る列車で日向市駅に到着されます。そこで午後1時半に大御神社に集まっていただく地元有志に対し、「檄を飛ばして」いただく作戦を立てました。

自然に恵まれすぎている日向で、見慣れた自然景観を作っている地質の歴史について無知のまま、ジオ・エコ観光に眼を向けない地元行政、観光協会、一般市民の眼を開かせることが必要です。

優れた地質遺産を保全することは将来に向けた日向の大事な課題です。せっかくの自然景観と防災機能を台無しにするような、例えば伊勢が浜や小倉ヶ浜にコンクリート階段を造る様なアンポンタン土建化行政をドゲンカセントイカンのです。

大御神社のサザレイシと日向岬の日本一の柱状節理はセットになってジオパークの目玉となりそうですが、それに日本一の砂浜海岸である小倉ヶ浜も一緒にしておくべきです。

さて、今回、個人的に移住当初から気になっている小倉ヶ浜最北部、ウドノセ(GIビーチ)のボウズ山の洞窟と海岸の大きな礫岩の浮石を専門家の眼で見ていただくことに期待しています。

沖縄で宮古と八重山群島のサンゴ礁の海岸に大きな津波石(明和の大津波による)が転がっています。琉球大学でこれについて研究を進めていた加藤教授(現名誉教授)に頼まれて、岩に付着していたサンゴや貝類の種類を調べました。岩の年代測定の試料になったものです。

石垣島の白保海岸にはサンゴ礁の礁原の上に大きなサンゴ石灰岩が沢山転がっています。津波石は海岸だけでなく、内陸の奥深くまで運ばれたと考えられています。宮古島や多良間島などにも見られます。

4月16日2010、八重山毎日新聞
国内外研究者が現地調査 石垣島の津波石
http://www.y-mainichi.co.jp/news/15809/
 仙台で開催された津波に関する国際会議(10、11日)のフィールド調査として国内外の研究者11人が14日から3日間の日程で、石垣島で調査を行っている。研究者によると、石垣島は1771年の明和大津波で打ち上げられた通称バリ石(伊原間東海岸)など津波石が歴史的、地質学的な裏付けを伴っており、世界的にも注目されている。

2005年10月にインドのパタソンさんを案内して津波石を検分した時の写真を再掲します。
e0094349_20112414.jpg

白保集落の住民は早朝の津波でほぼ全滅しました(数名だけ山越え中で助かった)。

日向灘でも大津波が繰り返されていて、海岸で大波が根無しの礫岩を岸に向け移動させることはありうるだろうと想像しています。
GIビーチの変な浮石の最大のものを異なる方向から見た写真です。(本日撮影)
e0094349_201453.jpg
e0094349_20141644.jpg
e0094349_20142811.jpg

e0094349_20285377.jpg

性質が違う岩盤の上に乗っているだけでなく、上下が逆転したような姿です。

下を見ると、浮石の底面は支えている岩盤から完全に浮いています。
e0094349_20174529.jpg
e0094349_20175469.jpg

この岩のほかに少し小さいもの見られますが、根っこがどのようになっているのか確認していません。
e0094349_20192934.jpg

海岸には大小の礫岩やその他の岩が砂に埋まっています。おそらく沿岸の海中にもあるでしょう。

このような根無し浮石がどこから供給されているのか、周囲を見ると御椀を伏せた姿のボウズ山と道路の上にある櫛の山でしょう。しかし、問題の浮石はそのどちらから来たとしても不自然な位置で、説明できない状態になっています。

浮石の大きさがわかるように昨年の夏にビジターの一人に脇に立ってもらいました。
e0094349_20415389.jpg

ボウズ山はウドノセの北端で海岸景観を引き立てている面白い岩塊です。
e0094349_20235277.jpg
e0094349_2024151.jpg

岩が表に見える部分を見るとグチャグチャになっていて、しかも大きな縦長の崩落による洞窟があります。割れた部分は海に対して斜めに向いています。つまり、波で浸食されているわけではなく、構造的に内部から崩壊したように見えます。
e0094349_20254779.jpg

遠くから見た全体の形は綺麗なオワンを伏せたような輪郭ですが、近くで見ると岩肌がデコボコで今にも崩れ落ちそうな岩が突き出ています。
e0094349_20262413.jpg

礫岩だけでなく堆積岩や柱状岩などがデタラメに分布しているような、とにかくヘンテコな海岸です。

このような海岸ができた過程を推理することは面白い地質パズルでしょう。
[PR]

by beachmollusc | 2011-01-12 20:32 | 海岸
<< 裏庭のアオサギ 塩見川のカモ >>